Python List count() と例

Python の数

count() は Python の組み込み関数です。 リスト内の指定された要素の合計数を返します。 count() 関数は、文字列だけでなくリスト上の要素もカウントするために使用されます。

Python リスト数()

count() は組み込み関数です。 パイトン。 リスト内の特定の要素の数を返します。

構文

list.count(element)

計測パラメータ

素子: カウントを調べたい要素。

戻り値

count() メソッドは、整数値、つまり、指定されたリストからの指定された要素の数を返します。 値が指定されたリストに見つからない場合は 0 を返します。

例 1: リスト数

Following 例は、リストに対する count() 関数の動作を示しています。

list1 = ['red', 'green', 'blue', 'orange', 'green', 'gray', 'green']
color_count = list1.count('green')
print('The count of color: green is ', color_count)

出力:

The count of color: green is  3

例 2: 指定されたリスト内の要素 (重複) の数を見つける

list1 = [2,3,4,3,10,3,5,6,3]
elm_count = list1.count(3)
print('The count of element: 3 is ', elm_count)

出力:

The count of element: 3 is  4

まとめ

  • count() は Python の組み込み関数です。 リストまたは文字列内の指定された要素の数を返します。
  • リストの場合、カウントする要素を count() 関数に渡す必要があり、この関数は要素のカウントを返します。
  • count() メソッドは整数値を返します。