ビジネスアナリストとして要件を整理する方法

ビジネス要件は、プロジェクトまたは製品に対する利害関係者のニーズに対処する正式な文書です。 ビジネス要件を提示するための標準的な形式やテンプレートはありません。 ただし、議論、分析、文書化、検証できる程度に製品またはプロジェクトの説明を詳細にカバーする必要があります。

ビジネス要件は次のいずれかで提示できます。wing 方法:

  • テーブルまたはスプレッドシート
  • 図(ワークフロー)
  • グラフ
  • モデル (実体関係図)
  • プロトタイプまたはシミュレーション
  • 構造化された文章またはテキストのテンプレート

ビジネス要件を整理して提示する方法

以下に要件を記述して整理する手順を示します。 ビジネスアナリスト.

ステップ1) 要件を分類します。

  • 特定の要件を関連するカテゴリに配置します。
  • 技術的利害関係者には技術要件カテゴリが必要であり、非技術的利害関係者には一般要件カテゴリが必要です。
  • 各組織は、どのカテゴリが自社の基準に合うかを判断する必要があります。
  • タイプ (機能対ビジネス) に基づいて分類することもできます。 ただし、これはすべてのケースに当てはまるわけではありません。

ステップ2) 要件を整理します。
要件を収集し、論理的な順序で整理します。 そのため、関係者が要件をレビューするときに、ナビゲートが簡単になり、欠落している項目も特定できます。

ステップ3) リストを準備します。
特定の関係者によるレビューを目的とした要件のリストを作成します。

たとえば、利害関係者が技術的な背景を持つ場合、製品の技術的な側面だけを知りたいと考えます。

ステップ4) 一意の識別子を使用します。
要件を相互に追跡することが難しい場合は、一意の識別子を使用すると、追跡可能性が容易になります。

ステップ5) 利害関係者が好む方法における現在の要件
特定のシナリオでは、同じ要件をさまざまな関係者に対してさまざまな方法で提示する必要がある場合があります。 たとえば、ある関係者はグラフィック形式を好み、もう一方の関係者は構造化された文章形式を好みます。

ステップ6) 目次を準備します。
すべての要件の目次を作成します。 関係者が要件を簡単に追跡できるようになります。

ステップ7) ビジネス分析ツールを使用します。
ビジネス分析ツール 要件の提示と分類に役立ちます

ステップ8) 要件ドキュメントをプロセス フローごとに整理します。
要件文書から不要な要件をすべて削除し、要件文書をプロセス フローごとに整理します。

ステップ9) 要件をマッピングします。
収集した要件をプロセス フローの特定のステップにマッピングすると、レビュー担当者が要件をプロセス フローに関連付けることができます。

ステップ10) 表と箇条書きを使用します。
com をプレゼンテーションするためにテーブルを使用するplex 要件。 箇条書きを使用して、要件の重要な側面を強調します。

ビジネス要件ドキュメントを作成して提示するための役立つヒント

関係者に対するビジネス要件のより適切なプレゼンテーションと追跡のために、BA (ビジネス アナリスト) に役立つ可能性のあるヒントをいくつか紹介します。

  • 要件の分類には時間がかかり、すべての組織が毎回新しいカテゴリを作成するのは現実的ではない可能性があります。 ベスト プラクティスとして、BA、利害関係者、主題の専門家、技術チームが共通に使用できるカテゴリの標準セットを用意することが推奨されます。
  • 要件は、聴衆に合わせて準備する必要があります。 主要なプレーヤー、影響力を持つ人物、意思決定者が誰であるかを理解します。 (関係者、技術スタッフ、開発者など)
  • 要件は一度に XNUMX つずつ定義します。それぞれの要件は、 atomIC。
  • etc、aboutな​​どの頭字語を避けて、曖昧さを避けてください。
  • まだ定義されていない要件には言及しないでください。
  • 重複した記述や矛盾した記述は避けてください。
  • ブレイクコムplex 要件を管理可能かつレビュー可能なポイントにまとめます。
  • システムがどのように何かを行うかについての説明は避け、システムが何を行うかについてのみ言及してください。