ユーザーを作成してロールを追加する方法 MongoDB

MongoDB 管理者ユーザーの作成

でのユーザー管理者の作成 MongoDB これは createUser メソッドを使用して行われます。次のことwing この例は、これを行う方法を示しています。

db.createUser(
{	user: "Guru99",
	pwd: "password",

	roles:[{role: "userAdminAnyDatabase" , db:"admin"}]})

MongoDB 管理者ユーザーの作成

コードの説明:

  1. 最初のステップは、作成する必要がある「ユーザー名」と「パスワード」を指定することです。
  2. 2 番目のステップは、ユーザーにロールを割り当てることです。データベース管理者である必要があるため、この場合は「userAdminAnyDatabase」ロールを割り当てています。この役割により、ユーザーは、次のすべてのデータベースに対する管理者権限を持つことができます。 MongoDB.
  3. db パラメータは、管理データベース内の特別なメタ データベースを指定します。 MongoDB このユーザーの情報が保持されます。

コマンドが正常に実行されると、次のようになります。wing 出力が表示されます:

出力:

MongoDB 管理者ユーザーの作成

出力には、「Guru99」というユーザーが作成され、そのユーザーがすべてのデータベースに対する権限を持っていることが示されています。 MongoDB.

MongoDB 単一データベースのユーザーの作成

単一のデータベースを管理するユーザーを作成するには、上記と同じコマンドを使用できますが、「userAdmin」オプションのみを使用する必要があります。

次のことwing 例はこれを行う方法を示しています。

MongoDB 単一データベースのユーザーの作成

db.createUser(
{
	user: "Employeeadmin",

	pwd: "password",

	roles:[{role: "userAdmin" , db:"Employee"}]})

コードの説明:

  1. 最初のステップは、作成する必要がある「ユーザー名」と「パスワード」を指定することです。
  2. XNUMX 番目のステップは、ユーザーにロールを割り当てることです。この場合、ユーザーはデータベース管理者である必要があるため、「userAdmin」ロールに割り当てられます。 このロールにより、ユーザーは db オプションで指定されたデータベースに対する管理権限のみを持つことができます。
  3. db パラメータは、ユーザーが管理者権限を持つデータベースを指定します。

コマンドが正常に実行されると、次のようになります。wing 出力が表示されます:

出力:

MongoDB 単一データベースのユーザーの作成

出力には、「Employeeadmin」というユーザーが作成され、そのユーザーが「Employee」データベースに対する権限のみを持っていることが示されています。

ユーザーの管理

まず、定義する必要がある役割を理解します。 利用可能なロールのリストは次のとおりです。 MongoDB。 たとえば、データベースへの読み取り専用アクセスのみを許可する「読み取りロール」があり、次にデータベースへの読み取りおよび書き込みアクセスを提供する「読み取り書き込み」ロールがあります。つまり、ユーザーは挿入、削除、およびそのデータベース内のコレクションに対するコマンドを更新します。

ユーザーの管理

db.createUser(
{
	user: "Mohan",

	pwd: "password",

	roles:[
	{
		role: "read" , db:"Marketing"},
    {
		role: "readWrite" , db:"Sales"}
	}
		  ]
})

上記のコード スニペットは、Mohan というユーザーが作成され、複数のデータベースで複数のロールが割り当てられていることを示しています。 上の例では、「Marketing」データベースに対する読み取り専用権限と、「Sales」データベースに対する読み取り/書き込み権限が与えられています。