SAP BW の特性と主要な数値

特性設定 - 表示名

デフォルトでは、特性がクエリに追加されると、SAP BW で​​指定された説明が表示されます。 これを次のようにカスタマイズしたテキストに置き換えることができます。

  1. プロパティをクリック
  2. 一般タブを選択します
  3. 説明を入力してください

SAP 特性設定 – 表示名

特性設定 – 表示プロパティ

  1. 選択した特性のプロパティ ウィンドウの [表示] タブを選択します。
  2. 「表示形式」オプションは、キーのみ、テキストのみ、またはキーとテキストの両方を表示するために使用されます。
  3. 特性に短/中/長テキストが 2 つ以上入力されている場合、「テキスト ビュー」を使用して対応するテキストが表示されます。
  4. 特性またはその属性のいずれかによってデータを昇順/降順に並べ替えることができます。
  5. 「結果行」オプションは、基礎となる特性の小計を表示または非表示にするために使用されます。

特性設定 – 表示プロパティ

特性設定 – レコードの表示

表示オプションは、データ選択中 (フィルター内) およびレポート実行後にユーザーがどのデータを表示するかを定義するために使用されます。

  1. 選択した特性のプロパティ ウィンドウの [詳細] タブを選択します。
  2. 結果値のアクセスタイプ。 これらの値のいずれかを選択します。
  • 「投稿された値」は、トランザクションが関連付けられているレコードのみを表示するために使用されます。
  • 「マスターデータ」には、トランザクションが存在するかどうかに関係なく、すべてのマスターデータレコードが表示されます。 ゼロサプレスと併用すると効果がありません。
  1. フィルター値の選択。 これらの値のいずれかを選択します。
  • ナビゲーション用にポストされた値のみ: システムは、現在のナビゲーション状態からポストされた値のみを表示します。
  • インフォプロバイダの値のみ: インフォプロバイダに含まれる値のみが表示されます。
  • マスター データ テーブルの値: 高速ですが、選択基準に一致するレコードがゼロになる可能性があります。

特性設定 – レコードの表示

キー数値設定 – 表示名

デフォルトでは、キー数値がクエリに追加されると、で指定された説明が表示されます。 SAP BW。 これを次のようにカスタマイズしたテキストに置き換えることができます。

  1. プロパティをクリック
  2. 一般タブを選択します
  3. 説明を入力してください

SAP キー数値設定 - 表示名

キー数値設定 – 表示プロパティ

  1. 選択したキー数値のプロパティウィンドウの「表示」タブを選択します。
  2. 隠す:
  • 「常に表示」と「常に非表示」のオプションは一目瞭然です。
  • 非表示 (表示可能) オプションは、レポートのデフォルト出力でキー数値を非表示にしておくために使用されます。ただし、ユーザーは次のことを行うことができます later フィルターを使用してこのフィールドを表示します。
  1. 小数点以下の桁数を使用して、表示される小数点以下の桁数を制限できます。yed レポートで。
  2. スケール係数は、データを千単位、百単位などで表示するために使用されます。
  3. 必要に応じて、キー数値の符号を反転できます。 たとえば、販売数量は在庫の観点からはマイナスの動きですが、販売の観点からはプラスであり、ユーザーに基づいて符号を逆にすることができます。

SAP キー数値設定 – 表示プロパティ

キー数値設定 – 通貨または単位変換

BW では、XNUMX ルピーを XNUMX ドルに、または XNUMX キログラムを XNUMX ヤードに換算するなど、異なる単位で金額を累計することはできません。 データが複数の通貨/単位で存在する場合、通貨換算/単位変換を使用して、すべてのレコードを単一の通貨/単位に変換する必要があります。 換算は動的 (選択画面変数を使用) または静的 (ターゲット通貨/単位が隣接する画面にハードコードされている) にすることができます。 SAP BW で​​これを行う利点は、SAP BW で​​使用可能な変換係数を直接インポートできることです。 SAP-ERP SAP BW へ。

  1. [コンバージョン] タブを選択します。
  2. 通貨換算の場合、このオプションを使用できます。
  3. 単位変換には、このオプションを使用できます。

通貨または単位の変換

キー数値設定 - 集計

クエリデザイナ 平均、合計、最小値などの集計を柔軟に計算できます。
同様の計算を行レベルのデータに対して実行することもできます。

  1. 「計算」タブを選択します。
  2. 「結果の計算方法」のドロップダウンで利用可能なさまざまなオプションから選択します。

SAP キー数値設定 – 集計

主要な数値 – ローカルフォーミュラ

BW では、インフォプロバイダからのデータに対して数式を使用して、計算された値をユーザーに提供できます。

例: 収益を計算するために収益からコストを差し引く

数式を作成する手順

ステップ1)

  1. 構造「キー数値」を右クリックします。
  2. 「新しい数式」をクリックします

SAP フォーミュラを作成する手順

ステップ2) プロパティの編集ボタンをクリックします box ローカル数式を作成/編集するには

SAP フォーミュラを作成する手順

ステップ3) 一般的なもののいくつか operaBW で使用されるトールには次のものが含まれます。

  • 加算、減算、乗算、除算
  • NODIM は、キー数値を対応する単位なしで表示するために使用されます。
  • NOERR は、エラー メッセージの代わりにゼロを表示するために使用されます (例: ゼロ除算エラーについて言及する代わりにゼロ)
  • %GT は、キー数値の値を合計値のパーセンテージとして表示するために使用されます。
  1. 「詳細ビュー」で box、数式を入力します
  2. operaからのトルズOperaトルズ」 box.

SAP フォーミュラを作成する手順

キー数値 – 計算されたキー数値

複数のレポートに同じ計算が必要な場合は、各クエリで個別に作成するのではなく、インフォプロバイダにマッピングできます。 このようなキー数値は「計算キー数値」または CKF と呼ばれます。

定義したら、他のキー数値と同様にクエリにドラッグできます。 このアプローチの最大の利点は、共通に計算される KPI のグローバルな定義が容易になることです。

計算キー数値を作成する手順:

  1. 「情報プロバイダー」セクションに移動します
  2. 「キー数値」フォルダーを右クリックします。
  3. オプション「新規計算キー数値」を選択します。

SAP キー数値 – 計算されたキー数値

キー数値 – 制限付きキー数値

制限付きキー数値 (RKF) を使用すると、レポート全体ではなく、レポート内の特定の KPI にのみフィルターを選択的に適用できます。たとえば、売上高を次のような列に分割します。 YTD (年初から現在まで) 売上高、PYTD (前年累計)売上高等

ステップ1)

  1. 「情報プロバイダー」セクションに移動します
  2. 「キー数値」フォルダーを右クリックします。
  3. オプション「新規制限付きキー数値」を選択します。

SAP キー数値 – 制限付きキー数値

ステップ2) プロパティの編集ボタンをクリックします box RKFを作成/編集するには

SAP キー数値 – 制限付きキー数値

ステップ3) 意味のある RKF を作成するには、後続の画面で、少なくとも XNUMX つのキー数値と XNUMX つの特性を入力する必要があります。

  1. 制限されるキー数値。
  2. 特性を選択画面変数で制限して「動的」RKF にすることができます。
  3. また、年 = 2008 などの定数で制限することもできます。以下のスクリーンショットでは、バージョンは定数値「1」で制限されています。

SAP キー数値 – 制限付きキー数値

CKF と同様に、RKF もインフォプロバイダに対してグローバルであり、同じインフォプロバイダを使用する複数のクエリで再利用できます。