LAN と WAN – それらの違い

LANとWANの主な違い

  • LAN のデータ転送速度は高くなりますが、WAN のデータ転送速度は低くなります。
  • LAN は、家庭、オフィス、建物群などの狭い地理的エリアをカバーするコンピュータ ネットワークであるのに対し、WAN はより広いエリアをカバーするコンピュータ ネットワークです。
  • LAN の速度は高速ですが、WAN の速度は LAN に比べて遅くなります。
  • LAN はより高い耐障害性を提供​​しますが、WAN では WAN の耐障害性が低くなります。
  • LANの設計や保守は容易ですが、WANの設計や保守は困難です。
LAN と WAN の比較
LAN と WAN の比較

LANとは何ですか?

ローカルエリアネットワーク 学校、研究室、家庭、オフィスビルなどの限られたエリアで接続されるコンピュータと周辺機器のグループです。 LAN の完全な形式はローカル エリア ネットワークであり、ファイル、プリンタ、ゲーム、その他のアプリケーションなどのリソースを共有するために広く役立つネットワークです。 最も単純なタイプの LAN ネットワークは、自宅またはオフィスのコンピュータとプリンタを接続するものです。 一般に、LAN は XNUMX つのタイプとして使用されます。 transmission 中。

WANとは何ですか?

WAN(ワイドエリアネットワーク) 重要です コンピュータネットワーク それは地理的に広い範囲に広がっています。 WAN ネットワーク システムは、電話回線と電波を使用して他の LAN に接続する LAN の接続です。 ほとんどの場合、企業または組織に限定されます。 広域ネットワークは、主にハイエンドの通信回線を使用して確立されます。

LAN と WAN: 両者の違い

LAN と WAN の主な違いは次のとおりです

LAN WAN
イーサネットやトークンなどの特定の接続テクノロジーを使用する傾向があります。 WAN は、長距離の接続にフレーム リレーや X.25 などのテクノロジーを使用します。
LAN は、家庭、オフィス、建物群などの狭い地理的エリアをカバーするコンピュータ ネットワークです。 WAN は、広範囲をカバーするコンピュータ ネットワークです。 たとえば、長距離にわたって地域や大都市の境界を越えて通信を行うネットワークです。
ネットワーク上に追加のデバイスをいくつかセットアップする必要があるため、それほど費用はかかりません。 WAN ネットワークでは遠隔地を接続する必要があるため、セットアップコストが高くなります。
LAN はデータ転送速度が高速です。 WAN はデータ転送速度が低いのが特徴ですares LANへ。
LAN の所有権はプライベートです。 WAN の所有権はプライベートまたはパブリックにすることができます。
LANの速度が速い。 WAN の速度は LAN よりも遅いです。
LANでは伝播遅延時間が短い。 WAN の伝播遅延は長い (LAN よりも長い)。
より高い耐障害性を提供​​します。 WAN では耐障害性が低くなります。
設計とメンテナンスが簡単です。 その設計とメンテナンスは困難です。

LANの応用

LANの応用

ここでは、LAN の一般的なアプリケーションをいくつか示します。

  • ネットワーク内のコンピュータの XNUMX 台をサーバーとして割り当てることで、他のすべてのコンピュータを管理できるようになります。
  • LAN を使用すると、ソフトウェアをサーバーに保存し、ネットワークのすべてのユーザーが使用できるようになります。
  • これは、建物内のすべてのワークステーションを接続し、インターネット アクセスを必要とせずにローカルで相互に通信できるようにするのに役立ちます。
  • プリンターやスキャナーなどのリソースの共有に役立ちます
  • ソフトウェア開発者は、LAN ネットワークを使用して、ネットワーク システムのクライアント サーバー モデルを利用して、オフィス内または工場内で開発/テスト ツールを共有することもできます。

WANの応用

WANの応用

ここでは、WAN の一般的なアプリケーションをいくつか示します。

  • 本社部門の責任者は、地域オフィスの従業員と一部のデータを共有したいと考えています。その後、データを集中ノードに保存することで共有できるようになります。
  • 軍事作戦には、通信用に高度に安全なネットワークが必要です。 このシナリオでは WAN が使用されます。
  • 鉄道の予約と航空会社は WAN ネットワークを使用します。
  • 大学の学部長と講師は、XNUMX つの共通ネットワークを共有しているため、相互にデータやリソースを簡単に共有できます。
  • WAN を使用すると、ワークステーションをローカルに接続できるため、インターネットに接続しなくても各ノードが相互に通信できるようになります。
  • プリンター、スキャナー、ハードディスク、FAX などのリソースを使用すると、すべてのノードをパブリックに共有できます。

LANのメリット

LAN を使用する利点は次のとおりです。

  • ハードディスク、DVD-ROM、プリンタなどのコンピュータ リソースはローカル エリア ネットワークを共有できるため、ハードウェアの購入コストが大幅に削減されます。
  • ネットワーク内のクライアントごとにライセンス ソフトウェアを購入する代わりに、ネットワーク上で同じソフトウェアを使用できます。
  • すべてのネットワーク ユーザーのデータをサーバー コンピュータの XNUMX 台のハードディスクに保存できます。
  • ネットワークに接続されたコンピュータを介してデータやメッセージを簡単に転送できます。
  • データを XNUMX か所だけで管理することが容易になり、データの安全性が高まります。
  • ローカル エリア ネットワークは、すべての LAN ユーザー間で単一のインターネット接続を共有する機能を提供します。

WANの利点

WAN を使用するメリットとデメリットは次のとおりです。

  • WAN を使用すると、より広い地理的エリアをカバーできるため、長距離にあるビジネス オフィスでも簡単に通信できます。
  • 携帯電話、ラップトップ、タブレット、コンピュータ、ゲーム機などのデバイスが含まれます。
  • WLAN 接続は、クライアント デバイスに組み込まれた無線送信機と受信機を使用して機能します。
  • Shares さまざまなワークステーションに接続してソフトウェアやリソースを利用できます。
  • より広いエリアで情報/ファイルを共有します。

LANのデメリット

LAN の短所/欠点は次のとおりです。

  • LAN 管理者はすべての LAN ユーザーの個人データ ファイルをチェックできるため、プライバシーはあまり確保されません。
  • LAN ネットワークはコンピュータ リソースを共有するため、コストを節約できます。 ただし、ローカル エリア ネットワークの導入には初期コストが非常に高くなります。
  • LAN 管理者が集中データ リポジトリを保護できない場合、権限のないユーザーが会社の重要なデータにアクセスする可能性があります。
  • ソフトウェアのセットアップやハードウェアの障害に関連する問題があるため、ローカル エリア ネットワークには継続的な LAN 管理が必要です

WANのデメリット

WAN を使用する場合の欠点/短所は次のとおりです。

  • WANネットワークは初期設定コストが高い
  • 熟練した技術者やネットワーク管理者が必要なため、WAN ネットワークを維持するのは困難です。
  • 複数の有線および無線テクノロジーが関与しているため、問題の解決にはさらに時間がかかります。
  • WAN ネットワークは、他の種類のネットワークに比べてセキュリティが低くなります。