JSP ファイルアップロードおよびファイルダウンロードプログラムの例

この例では、JSP を介したファイルのアップロードとダウンロードについて学習します。

ファイル入出力は非常に重要な操作です。 ここでは、JSP を使用してファイルを読み書きします。

JSPファイルのアップロード

  • JSP を使用して任意のファイルをアップロードできます。
  • テキスト ファイル、バイナリ ファイル、画像ファイル、またはその他のドキュメントを使用できます。
  • ここでファイルをアップロードする場合、POST メソッドのみが使用され、GET メソッドは使用されません。
  • Enctype 属性は multipart/form-data に設定する必要があります。

例: アクションの使用

この例では、IO オブジェクトを使用してファイルをアップロードしています。

アクションファイル.jsp

<%@ page language="java" contentType="text/html; charset=ISO-8859-1"
    pageEncoding="ISO-8859-1"%>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">
<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=ISO-8859-1">
<title>Guru File</title>
</head>
<body>
<a>Guru File Upload:</a>
Select file: <br />
<form action="action_file_upload.jsp" method="post"
                        enctype="multipart/form-data">
<input type="file" name="file" size="50" />
<br />
<input type="submit" value="Upload File" />
</form>
</body>
</html>

アクションファイルアップロード.jsp

<%@ page language="java" contentType="text/html; charset=ISO-8859-1"
    pageEncoding="ISO-8859-1"%>
    <%@ page import="java.io.*,java.util.*, javax.servlet.*" %>
<%@ page import="javax.servlet.http.*" %>
<%@ page import="org.apache.commons.fileupload.*" %>
<%@ page import="org.apache.commons.fileupload.disk.*" %>
<%@ page import="org.apache.commons.fileupload.servlet.*" %>
<%@ page import="org.apache.commons.io.output.*" %>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">
<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=ISO-8859-1">
<title>Guru File Upload</title>
</head>
<body>
<%
   File file ;
   int maxFileSize = 5000 * 1024;
   int maxMemSize = 5000 * 1024;
   String filePath = "E:/guru99/data";

   String contentType = request.getContentType();
   if ((contentType.indexOf("multipart/form-data") >= 0)) {

      DiskFileItemFactory factory = new DiskFileItemFactory();
      factory.setSizeThreshold(maxMemSize);
      factory.setRepository(new File("c:\\temp"));
      ServletFileUpload upload = new ServletFileUpload(factory);
      upload.setSizeMax( maxFileSize );
      try{ 
         List fileItems = upload.parseRequest(request);
         Iterator i = fileItems.iterator();
         out.println("<html>");
         out.println("<body>");
         while ( i.hasNext () ) 
         {
            FileItem fi = (FileItem)i.next();
            if ( !fi.isFormField () )  {
                String fieldName = fi.getFieldName();
                String fileName = fi.getName();
                boolean isInMemory = fi.isInMemory();
                long sizeInBytes = fi.getSize();
                file = new File( filePath + "yourFileName") ;
                fi.write( file ) ;
                out.println("Uploaded Filename: " + filePath + fileName + "<br>");
            }
         }
         out.println("</body>");
         out.println("</html>");
      }catch(Exception ex) {
         System.out.println(ex);
      }
   }else{
      out.println("<html>");
      out.println("<body>");
      out.println("<p>No file uploaded</p>"); 
      out.println("</body>");
      out.println("</html>");
   }
%>
</body>
</html>

コードの説明:

アクションファイル.jsp

コード行 12 ~ 18: ここではファイルフィールドを含むフォームを作成しています。これによりファイルがサーバーにアップロードされ、アクションが action_file_upload.jsp に渡されます。

アクションファイルアップロード.jsp

コード行 20: ここでは、特定のパスへのファイルパスを指定しています。

コード行 23 ~ 38: ここでは、コンテンツ タイプが multipart/form-data であるかどうかを確認します。 その場合、コンテンツはファイル タイプであり、読み取られます。 ファイルが読み取られた後、そのファイルは一時ファイルに書き込まれ、その後一時ファイルがメイン ファイルに変換されます。

上記のコードを実行すると、次の結果が得られますwing 出力

JSPファイルのアップロード

出力:

「ファイルを選択」ボタンのオプションを使用してファイルをアップロードしています。「ファイルのアップロード」ボタンは、指定されたパスのサーバーにファイルをアップロードします。

例: JSP オペレーションの使用

この例では、JSP 操作を使用してファイルをアップロードします。

「アップロード」ボタンのあるフォームを使用します。アップロードボタンをクリックすると、ファイルがアップロードされます。

アップロード_1.jsp

<%@ page language="java" contentType="text/html; charset=ISO-8859-1"
    pageEncoding="ISO-8859-1"%>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">
<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=ISO-8859-1">
<title>Guru Uploading File</title>
</head>
<body>
File: <br />
<form action="guru_upload" method="post"
                        enctype="multipart/form-data">
<input type="file" name="guru_file" size="50" />
<br />
<input type="submit" value="Upload" />
</form>
</body>
</html>

コードの説明:

コード行 11 ~ 12: ここでは、メソッド POST を通過するサーブレット guru_upload に対するアクションを持つフォームを使用しています。 また、ここではフォームデータをエンコードしてサーバーに送信する方法を指定する enctype ie 属性を指定します。これは POST メソッドでのみ使用されます。 ここではファイル用のmultipart/form-dataとして設定しています(データが大きくなるため)。

コード行 13: ここでは、タイプ file で guru_file 要素を指定し、サイズを 50 に指定しています。

コード行 15: これは「アップロード」という名前の送信タイプのボタンで、これを通じてアクション サーブレットが呼び出され、リクエストが処理され、ファイルがサーブレットに読み書きされます。

Guru_upload.java

package demotest;

import java.io.File;
import java.io.IOException;
import java.util.List;

import javax.servlet.ServletException;
import javax.servlet.http.HttpServlet;
import javax.servlet.http.HttpServletRequest;
import javax.servlet.http.HttpServletResponse;

import org.apache.commons.fileupload.FileItem;
import org.apache.commons.fileupload.disk.DiskFileItemFactory;
import org.apache.commons.fileupload.servlet.ServletFileUpload;

public class guru_upload extends HttpServlet {
	private static final long serialVersionUID = 1L;
 
    public guru_upload() {
        super();
        // TODO Auto-generated constructor stub
    }
	protected void doPost(HttpServletRequest request, HttpServletResponse response) throws ServletException, IOException {
		        if(ServletFileUpload.isMultipartContent(request)){
		            try {
		                List <FileItem> multiparts = new ServletFileUpload(new DiskFileItemFactory()).parseRequest(request);
		                for(FileItem item : multiparts){
		                    if(!item.isFormField()){
		                        String name = new File(item.getName()).getName();
		                        item.write( new File("c:/guru/upload" + File.separator + name));
		                    }
		                }
		               //File uploaded successfully
		               request.setAttribute("gurumessage", "File Uploaded Successfully");
		            } catch (Exception ex) {
		               request.setAttribute("gurumessage", "File Upload Failed due to " + ex);
		            }         		
		        }else{
		
		            request.setAttribute("gurumessage","No File found");
 }
		        request.getRequestDispatcher("/result.jsp").forward(request, response);
		
		    }


}

コードの説明:

コード行 12 ~ 14: ここでは、org.apache.commons ライブラリをコードの設定にインポートする必要があります。 org.apache.commons ライブラリから fileupload クラスをインポートする必要があります。

コード行 23: ここには doPost() メソッドがあります。これは JSP で POST メソッドを渡すときに呼び出され、そのパラメータとしてオブジェクトを要求および応答します。

コード行 26: ここでは、org.apache.commons ライブラリの fileUpload パッケージから ServletFileUpload クラスのオブジェクトを作成し、JSP 内にファイル オブジェクトがあるかどうかを確認します。 見つかった場合は、それらのファイル オブジェクトがリクエストから取得されます。

コード行 27 ~ 32: (複数のファイルをアップロードする場合) リスト オブジェクトであるマルチパート オブジェクトにファイル項目がいくつ存在するかを確認してファイルの数を繰り返し、指定されたファイル名で c:/guru/upload フォルダーに保存します。 。 fileオブジェクトのwriteメソッドを使用して、前述のフォルダーにファイルを書き込みます。

コード行 34: 例外がない場合、リクエストの属性を gurumessage として設定し、値「ファイルが正常にアップロードされました」を設定します。

コード行 35 ~ 36: 例外が発生した場合は、「ファイルのアップロードに失敗しました」というメッセージを設定します

コード行 40: ファイルが見つからない場合は、メッセージを「ファイルが見つかりません」として設定します

コード行 42: requestdispatcher オブジェクトを使用して、リクエストとレスポンス オブジェクトを含む result.jsp にリクエストを転送します。

結果.jsp

<%@ page language="java" contentType="text/html; charset=ISO-8859-1"
    pageEncoding="ISO-8859-1"%>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">
<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=ISO-8859-1">
<title>Guru Result</title>
</head>
<body>
<% String msg = (String)request.getAttribute("message");
   out.println(msg);
%>
</body>
</html>

コードの説明:

コード行 10: ここでは、値 gurumessage を持つリクエスト オブジェクトから属性を文字列オブジェクトに取得しています。

コード行 11: ここではそのメッセージを出力しています。

上記のコードを実行すると、次の結果が得られますwing 出力

出力:

ディレクトリからファイルを選択するフィールドがあるフォームが表示されます。 ファイルを選択したら、アップロードボタンをクリックする必要があります。

JSP操作を使用したファイルのアップロード

アップロード ボタンをクリックすると、ファイルが正常にアップロードされたことを示すメッセージが表示されます。

JSP操作を使用したファイルのアップロード

下の図では、ファイルが c:/guru/upload フォルダーにアップロードされたことがわかります。

JSP操作を使用したファイルのアップロード

ファイルをダウンロード中

この例では、ボタンをクリックしてディレクトリからファイルをダウンロードします。

ダウンロード_1.jsp

<%@ page language="java" contentType="text/html; charset=ISO-8859-1"
    pageEncoding="ISO-8859-1"%>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">
<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=ISO-8859-1">
<title>Downloading Guru Example</title>
</head>
<body>
Guru Downloading File<a href="guru_download">Download here!!!</a>
</body>
</html>

コードの説明:

コード行 10: ここでは、サーブレット guru_download を使用してフォルダー c:/guru/upload からファイルをダウンロードするリンクを指定しています。

Guru_download.java

package demotest;

import java.io.FileInputStream;
import java.io.IOException;
import java.io.PrintWriter;

import javax.servlet.ServletException;
import javax.servlet.http.HttpServlet;
import javax.servlet.http.HttpServletRequest;
import javax.servlet.http.HttpServletResponse;

/**
 * Servlet implementation class guru_download
 */
public class guru_download extends HttpServlet {
	private static final long serialVersionUID = 1L;

	protected void doGet(HttpServletRequest request, HttpServletResponse response) throws ServletException, IOException {
		response.setContentType("text/html");
		PrintWriter out = response.getWriter();
		String gurufile = "test.txt";
		String gurupath = "c:/guru/upload/";
		response.setContentType("APPLICATION/OCTET-STREAM");
		response.setHeader("Content-Disposition", "attachment; filename=\""
				+ gurufile + "\"");
 
		FileInputStream fileInputStream = new FileInputStream(gurupath
				+ gurufile);
 
		int i;
		while ((i = fileInputStream.read()) != -1) {
			out.write(i);
		}
		fileInputStream.close();
		out.close();
	}


	/**
	 * @see HttpServlet#doPost(HttpServletRequest request, HttpServletResponse response)
	 */
	protected void doPost(HttpServletRequest request, HttpServletResponse response) throws ServletException, IOException {
		// TODO Auto-generated method stub
	}

}

コードの説明:

コード行 3 ~ 5: ここでは、 FileInputStream 、IO Exception、および PrintWriter を java.io パッケージからインポートしています。

コード行 15: guru_download を定義しています サーブレット これは HttpServlet を拡張します。

コード行 18: href を定義したので、これは URL に囲まれ、GET メソッドが処理されます (doGet がサーブレットで呼び出されます)。また、リクエストと応答のオブジェクトも囲まれます。

コード行 19 ~ 20: レスポンスオブジェクトにコンテンツタイプを設定し、レスポンスからライターオブジェクトも取得します。

コード行 21 ~ 22: 変数を値 test.txt として gurufile として定義し、c:/guru/upload/ として gurupath を定義します。

コード行 23 ~ 25: 応答オブジェクトを使用してコンテンツ タイプを設定し、アップロードされたファイル名としてヘッダーを応答オブジェクトに設定する setHeader メソッドを使用します。

コード行 27 ~ 28: gurupath+gurufile を追加する FileInputStream を作成しています。

コード行 31 ~ 33: ここでは、 whileループ これはファイルが読み取られるまで実行されるため、条件を != -1 として指定しました。 この状態ではprintwriterオブジェクトoutを使って書き込みを行っています。

上記のコードを実行すると、次の結果が得られますwing 出力

出力:

ファイルをダウンロード中

出力:

download_1.jsp をクリックする必要があります。「Download Here」というハイパーリンクが表示されます。 このハイパーリンク ファイルをクリックすると、システムにダウンロードされます。

まとめ

  • アプリケーションに登録するための登録フォームについて学びました
  • ログイン フォームとログアウト フォームがどのように機能するかについて詳しく説明します。
  • ファイルのアップロードとダウンロードについても学習しました。 JSP.