HP ALM (Quality Center) でプロジェクトをカスタマイズする方法

  • プロジェクトのカスタマイズを使用すると、プロジェクト管理者はプロジェクトにアクセスできるユーザーを定義することでプロジェクトへのアクセスを制御できます。また、各ユーザーが実行できるタスクの種類をカスタマイズする機能もあります。
  • 組織の特定の要件を満たすようにプロジェクトをカスタマイズすることもできます。
  • また、ALM の各モジュールに追加できる新しいカスタマイズされたユーザー フィールドの追加/編集にも役立ちます。

一つずつ見ていきましょう

ユーザープロパティ

現在ログインしているユーザーは、自分のプロフィールを編集できるようになります。tails ユーザーはパスワードを変更できます。

Note: ユーザーのタイプが「プロジェクト管理者」であっても、現在ログインしているユーザーのパスワードのみを変更できます。

ステップ1) 以下に示すように、[ツール] リンクをクリックし、[カスタマイズ] を選択します。

ユーザープロパティ

ステップ2) 以下に示すように、「プロジェクトのカスタマイズ」ダイアログが表示されます。

ユーザープロパティ

ステップ3) 現在のユーザーのパスワードを変更するには、「ユーザーのプロパティ」タブの「パスワードの変更」をクリックします。

ユーザープロパティ

ステップ4) パスワード変更ダイアログが開きます。

  1. 古いパスワードを入力してください
  2. 新しいパスワードを入力してください
  3. パスワードの確認入力
  4. 「OK」をクリックします

ユーザープロパティ

ステップ5) ユーザーにはステータス メッセージが表示されます。

ユーザープロパティ

ステップ6) ユーザーは以下を編集することもできますwing プロフィールtails.

  1. Email ID
  2. フルネーム
  3. 電話番号
  4. [保存]をクリックします

注: ユーザーのタイプが「プロジェクト管理者」であっても、ユーザーは自分のユーザー名を編集できません。

ユーザープロパティ

ステップ7) ステータスは以下のようにユーザーに表示されます。

ユーザープロパティ

プロジェクトユーザー

このモジュールを使用すると、ユーザーは現在の ALM プロジェクトのユーザーを追加および削除できます。 ユーザーをユーザーグループに割り当てて、ユーザーのアクセス権限を制限することもできます。

ステップ1) 次に、プロジェクトエリアにユーザーを追加しましょう。

  1. プロジェクト ユーザーに移動します
  2. 「ユーザーの追加」ドロップダウンをクリックします。

プロジェクトユーザー

ステップ 2) [ユーザーの追加] ドロップダウンをクリックすると、次の操作が行われます。wing メソッドは以下のようにユーザーに表示されます。

  1. ユーザーを名前で追加 – プロジェクト管理者は、ユーザー名を指定して、ALM の既存ユーザーをこのプロジェクトに追加できます。 (ステップ1と2でも同様です)
  2. 新しいユーザーをサイトに追加する – すべての de を入力して、新しいユーザーをサイトに追加しますtails、サイト管理者からユーザーを追加したのと同じ方法です。
  3. サイトからユーザーを追加 – 新しいユーザーを手動で追加archi名前または ID に基づいて ng にします。

それぞれの機能を見てみましょう。

プロジェクトユーザー

ステップ3) 名前に基づいてユーザーを追加しましょう。 このユーザーがALM管理データベースにすでに存在していることを確認してください(ユーザーはサイト管理モジュールを使用して作成されました)

  1. プロジェクトのカスタマイズ ウィンドウから「プロジェクト ユーザー」を選択します。
  2. 「ユーザーを追加」をクリックします
  3. ユーザーネームを入力してください
  4. [OK]をクリックします

プロジェクトユーザー

ステップ4) 以下のように追加したユーザーが表示されます。

プロジェクトユーザー

ステップ5) 次に、「新しいユーザーを「サイト」に追加」オプションを使用してユーザーを追加しましょう。

プロジェクトユーザー

ステップ 6) 「ユーザーの追加」から「サイトに新しいユーザーを追加」をクリックすると、次のようになります。wing ダイアログが表示されます。

  1. ユーザーネームを入力してください
  2. Eメールを入力してください
  3. フルネームを入力
  4. 電話番号を入力してください
  5. 「OK」をクリックします

プロジェクトユーザー

ステップ7) ユーザーが現在のプロジェクトに追加されました。 以下のように「プロジェクトユーザー」にユーザーが追加されます。

プロジェクトユーザー

ステップ8) 次に、「サイトからユーザーを追加」オプションを使用してプロジェクト ユーザーを追加しましょう。

ユーザーがすでに ALM 管理データベースに存在していることを確認してください。

プロジェクトユーザー

ステップ9) 次のことwing ダイアログが表示されます。

  1. ユーザー名を入力し、検索アイコンをクリックします
  2. ユーザー名が表示されます
  3. 「OK」をクリックします

プロジェクトユーザー

ステップ10) ユーザーがプロジェクトに追加され、以下のように表示されます。

プロジェクトユーザー

ステップ11) プロジェクト管理者は、プロジェクト ユーザー モジュールからユーザーを削除することもできます。

  1. ユーザーを選択
  2. 「ユーザーを削除」をクリックします。

    プロジェクトユーザー

ステップ12) 確認ダイアログが表示されます。 「はい」をクリックします。

プロジェクトユーザー

ステップ13) 「はい」をクリックすると、ユーザーはプロジェクト ユーザー リストから削除されます。

プロジェクトユーザー

ステップ14) 「プロジェクト ユーザー」の各ユーザーには、関連付けられたメンバーシップがあります。

注: デフォルトでは、追加されたユーザーには「表示」権限のみが与えられます。

  1. ユーザー名を選択してください
  2. 「メンバーシップ」タブを選択します
  3. 選択したユーザーのメンバーシップが表示されます。 新しく追加されたユーザー「Cathy」には「閲覧者」権限が与えられています

プロジェクトユーザー

グループと権限

このモジュールを使用すると、プロジェクト管理者は権限を指定してユーザー グループに権限を割り当てることができます。

ALM には 5 つの事前定義グループがあり、それらのユーザー グループにはそれぞれ異なる権限レベルがあります。

  1. Developer
  2. Project Manager
  3. QAテスター
  4. TD管理者
  5. ビューアー

注: デフォルトでは、プロジェクトエリアに追加されたユーザーには「表示」権限のみが与えられます。

ステップ1) 「TDAdmin」グループのユーザーのリストを見てみましょう。

  1. 「TDAdmin」を選択します
  2. 「メンバーシップ」タブで、グループに属していないユーザーが表示されます。
  3. 「グループ内」セクションには、グループ内のユーザーのリストが表示されます。 この場合、「管理者」のみが表示されます。

グループと権限

ステップ2) 事前定義されたグループ権限は編集できません。

  1. 「TDAdmin」を選択します
  2. 「権限」タブに移動します
  3. 任意のモジュールを選択します(この場合は欠陥)
  4. 現在のユーザーがプロジェクト管理者であっても、権限は編集できません。

グループと権限

ステップ3) 事前定義されたグループの名前を変更したり、削除したりすることはできません。

グループと権限

ステップ4) グループ権限を変更するには、プロジェクト管理者は新しいグループを追加する必要があります。 新しいユーザー グループを作成して、それらのユーザーが欠陥モジュールに対する「編集権限」を持ち、他のユーザーに対しては表示権限を持つようにする必要があるとします。 これは、ユーザーが欠陥を「更新」できる必要があるという事実を除き、すべての権限が「表示」ユーザーと同じである必要があることを意味します。 同じことをするには、

  1. 「新しいグループ」をクリックします
  2. 確認ダイアログがユーザーに表示されます。 「はい」をクリックします。

グループと権限

ステップ5) 「はい」をクリックすると、「新しいグループ」ダイアログが表示されます

  1. グループ名を入力してください
  2. プロフィールを入力してください

グループと権限

ステップ6) 以下のようにユーザーグループが作成されます。 また、グループは私たちが作成したものであるため、名前の変更/削除ができることにも注目してください。 ALM の事前定義グループは編集または削除できません。

グループと権限

ステップ7) 権限を変更するには

  1. 「権限」タブに移動します
  2. 「欠陥」タブをクリックします
  3. 欠陥の「更新」フラグを有効にする
  4. リンクの「更新」フラグを有効にする

グループと権限

モジュールアクセス

このモジュールを使用すると、プロジェクト管理者は各ユーザー グループがアクセスできるモジュールを制御できます。 これにより、ユーザーは制限されたモジュールにアクセスできなくなります。

開発者はテスト ケースとは何の関係もないため、テスト計画やテスト ラボ モジュールにアクセスできないようにすることができます。

ステップ1) デフォルトのモジュールアクセスは以下に表示されます。 デフォルトでは、すべてのタイプのユーザー グループがすべてのモジュールにアクセスできます。

モジュールアクセス

ステップ2) デモの目的で、欠陥モジュールを除く、VIEW ユーザー タイプへのすべてのモジュール アクセスを削除しましょう。

以下に示すように、View ユーザーに対する Defects モジュールを除くすべてのモジュール アクセスのチェックを外します。

モジュールアクセス

ステップ3) 次に、「表示」ユーザー ID の XNUMX つを使用してログインして、変更が正しく適用されたかどうかを確認してみましょう。 以下のスナップショットから、表示ユーザー「Jim」の「Defects」モジュールのみが表示されるため、設定が入力に従って適用されたことが非常に明白です。

モジュールアクセス

プロジェクトエンティティ

  • プロジェクト エンティティ プロジェクト管理者は、ALM システム フィールドの動作を変更したり、ユーザー定義フィールドを定義したりできます。
  • たとえば、さまざまなビルドでテストを実行しており、「欠陥モジュールの追加」に「ビルド バージョン」フィールドを追加したい場合は、プロジェクト エンティティ モジュールを使用して同じことを行うことができます。

ステップ1) ユーザー定義フィールドは、読み取り専用のシステム フィールドの下に追加できません。

  1. 「プロジェクトエンティティ」を選択します
  2. 「欠陥」を選択し、サブフォルダー「システムフィールド」を選択します。
  3. システムフィールドは読み取り専用であるため、「新しいフィールド」を追加したり、削除したりすることができないことがわかります。

プロジェクトエンティティ

ステップ2) ユーザー定義フィールドを追加するには、

  1. 「Defects」モジュールの下の「User Fields」サブフォルダを選択します。
  2. 「新しいフィールド」をクリックします
  3. ザ・フィールド・デtails 以下に示すように表示され、編集可能になります。

プロジェクトエンティティ

ステップ3) フィールドでtails 以下のように編集することもできます。

  1. ラベルの名前を「ビルド番号」に変更します。
  2. 「必須」にチェックを入れると、このフィールドが新しい欠陥を投稿するための必須フィールドになることを意味します。
  3. [保存]をクリックします

プロジェクトエンティティ

ステップ4) これで、欠陥モジュールに加えられた変更を確認できるようになりました。 欠陥モジュールに移動すると、「新しい欠陥」モジュールの一部として新しく作成されたフィールド「ビルド番号」が表示されます。

プロジェクトエンティティ

プロジェクトリスト

  • プロジェクト リスト プロジェクト管理者がカスタマイズされたリストをプロジェクトに追加できるようにします。 リストには、ユーザーがシステム/ユーザー定義フィールドに入力できる値が含まれています。
  • たとえば、バグ ステータス リストには XNUMX つの事前定義されたステータスがあります。 viz – 新規、オープン、修正、再オープン、クローズ、拒否。 もう XNUMX つのステータス (たとえば、Duplicate) を追加したい場合は、このモジュールを使用して追加できます。

ステップ1) 事前定義されたリストに項目を追加するには、

  1. 「プロジェクトリスト」をクリックします
  2. 「バグステータス」を選択します
  3. 「新規アイテム」をクリックします。 「新規アイテム」ダイアログが開きます。
  4. 項目名を入力します。
  5. [OK]をクリックします

プロジェクトリスト

ステップ2) 「OK」をクリックすると、以下のように新しい項目が作成されます。

プロジェクトリスト

ステップ3) 次に、変更を保存する必要があります。

  1. 「保存」ボタンをクリックします。
  2. ポップアップが表示されます。 「OK」をクリックします。

プロジェクトリスト

ステップ4) 次に、欠陥モジュールに移動し、ステータスにリストに新しく追加された項目があるかどうかを確認します。

プロジェクトリスト

自動応答オプションmail

このモジュールを使用すると、プロジェクト管理者は自動セットアップを設定できます。 mail 電子経由でユーザーに通知する通知ルールmail 特定の欠陥に対する変更について。 この自動車mail この機能は欠陥モジュールでのみ使用できます。

ステップ1) 自動を有効にするにはmail 通知は次のことを実行しますwing 手順。

  1. 「自動」に移動しますmail' リンク。
  2. ユーザーは e をトリガーできますmail リスト内の使用可能なフィールドを任意の数選択します。
  3. このグリッドには、ユーザーが送信するように選択したフィールドのリストが表示されます。 mail 変更について。
  4. プロジェクト管理者は、e を選択することもできます。mail 利用可能な各ユーザーに対する設定。
  5. 「保存」をクリックします。

自動応答オプションmail

ステップ2) ポップが表示されます。 「OK」をクリックします

自動応答オプションmail

アラートルール

このモジュールを使用すると、プロジェクト管理者は現在のプロジェクトのアラート ルールをアクティブ化できます。 この機能はアラートを作成し、電子メールを送信します。mail■ プロジェクトに変更が発生したとき。 このモジュールは、要件、関連テスト、欠陥に適しています。

ステップ1) アラート ルールをアクティブにするには、

  1. 「アラート ルール」に移動します。
  2. 「関連するアラート」チェックを有効にする box
  3. E-送信を有効にするmail に対応するテスター/デザイナーを追加します。
  4. [保存]をクリックします

アラートルール

  • 最初のアラート: 要件が変更されると、関連するテストを変更できるようにテスト デザイナーにアラートが送信されます。
  • XNUMX 番目のアラート: テスターは、次の場合にアラートを受け取ります。 欠陥 ステータスを「修正済み」に変更して、担当テスターが再テストできるようにします。

ワークフロー

  • このモジュールを使用すると、プロジェクト管理者は次の作業に役立つスクリプトを生成できます。

欠陥モジュールのカスタマイズ (欠陥の追加ダイアログまたは欠陥の表示ダイアログ)。

  • このモジュールを利用すると、プロジェクト管理者はダイアログをカスタマイズするスクリプトを作成することもできます。 box他のモジュールにあり、ユーザーが実行できるアクションを制御します。

ここで、「TDAdmin」グループ ユーザー タイプ用に「欠陥の追加」ダイアログをカスタマイズしましょう。

ステップ1) プロジェクトのカスタマイズでは、

  1. 「ワークフロー」をクリックします。
  2. 「スクリプト」を選択します Generator – 「欠陥フィールドのカスタマイズ」リンクを追加

ワークフロー

ステップ2) [欠陥の追加] フィールドのカスタマイズ ダイアログが開きます。

  1. ユーザーグループを選択します。
  2. ユーザーが「欠陥の追加」ダイアログ中に表示したくないフィールドを選択します。
  3. 「<」リンクをクリックして、フィールドを表示フィールドリストから除外します。

注: 必須フィールドは、表示フィールドのリストから移動することはできません。

ワークフロー

ステップ3) 無関係なフィールドをすべて表示フィールド リストから除外すると、以下に示すようにカスタマイズ フィールド ダイアログが表示されます。

  1. 表示可能なフィールドのリストから除外されるフィールド。
  2. [欠陥の追加] ダイアログの一部となるフィールド。
  3. スクリプトの変更を適用します。

ワークフロー

注: このユーザー インターフェイスを使用してカスタマイズを行いましたが、変更はバックエンドでのスクリプト生成を利用して行われます。 このセクションの後で、例を使用してスクリプト編集についても扱います。

ステップ4) 次に、「TDAdmin」タイプのユーザーとしてログインし、欠陥モジュールから「新しい欠陥」をクリックします。 ユーザーが表示対象として選択したフィールドは、「新しい欠陥」ウィンドウに表示されます。

ワークフロー

スクリプトエディター

スクリプト エディター機能は、ユーザーがダイアログをカスタマイズするためのスクリプトを作成するのに役立ちます。 boxさまざまなモジュールを管理し、ユーザーが各モジュール内で実行できるアクションも制御します。

スクリプトエディタを使用して、「欠陥の表示」ダイアログがユーザーに表示される方法を変更してみましょう。

ステップ1) スクリプトエディタにアクセスするには –

  1. 「ワークフロー」タブに移動します
  2. 「スクリプトエディタ」をクリックします。

スクリプトエディター

ステップ2) 以下に示すように、スクリプト エディターがユーザーに表示されます。

  1. 「欠陥モジュールスクリプト」を選択します。
  2. コメントは、「欠陥」が明示的に表示されているため、この領域を変更する必要があることを示しています。tails フィールドのカスタマイズ」。
  3. ユーザーグループごとにスクリプト化されます。 表示されているものは「開発者」ユーザー グループに対応します。 「TDAdmin」ユーザー グループを変更する必要があります。

スクリプトエディター

ステップ3) 次に、「TDAdmin」ユーザー グループまで下にスクロールし、変更を加える必要があります。 以下に示すように、「TDAdmin」の現在の設定が表示されます。

スクリプトエディター

ステップ4) スクリプトを理解しましょう。

次のことを考えてみましょうwing スクリプト内のコード行

SetFieldApp “BG_ACTUAL_FIX_TIME”、True、False、0、0

こちらがデですtails –

SetFieldApp 5つのパラメータを使用して関数呼び出しが行われていますか
フィールド名 BG_ACTUAL_FIX_Time – フィールド名。 このフィールド名の設定を変更します
可視フラグ 可視フラグに対応します。 true の場合、表示されます。
必須フラグ フィールドが必須かどうかを確認します。 true の場合、フィールドは必須です。
ページなしフラグ 0 から始まります。フィールドの数がさらに多い場合、ユーザーはそれらをページに表示するように設定できます。 wise.
表示の順序 ユーザーは、このフラグを使用してフィールドの順序を調整することもできます。 0 から始まり 1 ずつ増加します。これに基づいてフィールドの順序が設定されます。

ステップ5) 最初のフィールド「BG_ACTUAL_FIX_TIME」フィールドに変更を加えてみましょう。

スクリプトエディタのフィールド「BG_ACTUAL_FIX_TIME」のスクリプトを以下に示します。

SetFieldApp “BG_ACTUAL_FIX_TIME”、True、False、0、0

上記のスクリプトによると、欠陥 Details 以下に示すように、ダイアログがユーザーに表示されます。

スクリプトエディター

そのコード行を以下のように編集します。

SetFieldApp “BG_ACTUAL_FIX_TIME”、False、False、0、16

スクリプトの出力が欠陥に反映されましたtails 以下に示すようなダイアログが表示されます。

スクリプトエディター

ステップ6) 利用可能なすべてのフィールドに変更を加えてみましょう。

  1. 以下に示すように、これらの各フィールドについて、前の手順で説明したように関数呼び出しのパラメーターを変更します。
  2. [保存]をクリックします。

スクリプトエディター

ステップ7) 次に、タイプ「TDAdmin」のユーザーの 1 人としてログインし、欠陥の 1 つにアクセスして、「欠陥の表示」を表示します。tails' ダイアログが開きます。欠陥デtails 以下に示すようにダイアログが表示されます。

スクリプトエディター