SAP で条件タイプを定義する方法

条件タイプの定義は、いくつかの簡単な手順で行うことができます。

条件タイプを定義する手順

ステップ1) 条件タイプを定義する

IMG で、条件タイプの定義オプションをクリックします。

SAP での条件タイプの定義

ステップ2) 「条件の定義」を選択します

次のステップで、「条件タイプの定義」オプションを選択します。

SAP での条件タイプの定義

ステップ3) 既存のエントリをすべて検索します

条件タイプの既存のエントリをすべて見つけることができます。

  1. 変更したい条件をクリックしてください。
  2. このアイコンをクリックして選択した条件を選択し、変更モードに入ります。
  3. 新しいエントリを作成する場合は、[新しいエントリ] をクリックします。 この場合、既存のエントリを選択する必要はありません。
  4. 既存の条件タイプをコピーして新しい条件タイプを作成する場合 (前のトピックで条件テーブルをコピーするのと同じように、変更可能な設定が継承されます)、このアイコン (条件タイプのコピー) を選択できます。

さらに、削除、すべての条件タイプの選択、すべての条件タイプの選択解除など、いくつかのアクションを自由に使用できます。

SAP での条件タイプの定義

複数の条件タイプを選択した場合は、以下でナビゲートすることでそれらをすべて編集できます。wing 画面 (左右の矢印または F7 と F8)。

この画面には条件タイプに関する多くの設定があります。最も重要な設定を確認してみましょう。

ステップ4) 画面のセクションには以下が含まれます

画面の最初のセクションには、条件タイプ PB00、説明、および条件決定に使用されるアクセス順序が含まれます。

A) 制御データ1 セクションには次の内容が含まれますwing:

  1. 条件クラス (例: 価格、割引、税金)
  2. 計算タイプ (例: 数量、パーセンテージ、定額、計算式)
  3. 状態カテゴリー (例:基本価格、仕入税額)
  4. 丸め規則 (例: コマーシャル、切り上げ、切り捨て)
  5. プラスマイナス (条件が肯定的、否定的、またはその両方であるかどうかを示します)

B) グループの状態 セクション:

  1. グループの状態 (条件がドキュメント内の複数の項目によって値を計算するかどうかを示します)
  2. ラウンドディフコンプ (四捨五入差比較)
  3. グループ条件ルーチン (値を計算するルーチン)

C) 可能な変更 セクション:

  1. 手動入力 (例: 制限なし、不可能、手動入力が優先)
  2. ヘッダーの状態 (条件をヘッダーレベルで使用できるかどうかを示します)
  3. アイテムの状態 (条件が項目レベルで使用できるかどうかを示します)
  4. 削除 (条件を削除できるかどうかを示します)
  5. 金額/パーセント (金額/割合は変更可能)
  6. (値は変更可能)
  7. 数量関係 (単位間の変換係数は処理中に変更できます)
  8. 計算してください。 タイプ (処理中に計算タイプを変更できます)

SAP での条件タイプの定義

ステップ5) 変更を保存します

同じ画面の下端にある他のセクションは次のとおりです。

D) マスターデータセクション:

  1. 有効 (使用するデフォルトの日付)
  2. 価格設定プロセス (価格設定手順 この条件タイプに使用されます)
  3. フロリダを削除します。 DB (この条件タイプの削除手順)

E) スケールセクション:

  1. スケールベース (例: 数量スケール、価値スケール)
  2. 値を確認する (デフォルトは空白)
  3. スケールタイプ (値/数量の有効性を制御します)

F) 制御データ 2 セクション:

  1. 通貨換算 (通貨換算が許可されているかどうかを示します)
  2. 見越 (これをチェックすると box それが統計的条件であることを示しています)
  3. Promo状態 (この条件は次の場合にのみ関係しますか? promoション)
  4. 数量換算 (数量換算の処理方法を制御します)
  5. 除外 (条件除外指標 – 例: 総額、税コード、配送料)
  6. Rel.Acc.Assig (条件タイプが勘定科目割当に関連するかどうかを判断します)

SAP での条件タイプの定義

条件タイプの作成、変更、またはコピーが完了したら、変更を保存できます。