SAP で計算スキーマを定義する方法

前のトピックで見たように、条件タイプには計算スキーマが割り当てられます。 カスタマイズで定義します。

計算スキーマを定義するプロセス

ステップ1) IMG で、「計算スキーマの定義」オプションを選択します。

SAP での計算スキーマの定義

ステップ2)

  1. 最初の画面には、スキーマを最上位に持つダイアログ構造が含まれていることがわかります。さらに、コントロール データにドロップダウンすることもできます。
  2. 画面の右側には、使用状況とアプリケーションのデータが表示されます。使用状況が次のとおりであることがわかります。 A – 価格設定、アプリケーションは次のように設定されています M – 購入.
  3. スキーマのリストとその簡単な説明が含まれます

SAP での計算スキーマの定義

ステップ3)

  1. 変更するスキーマをクリックします
  2. Double 「制御データ」ノードをクリックします。

SAP での計算スキーマの定義

ステップ4) 次のことwing この計算スキーマでは、条件タイプのテーブル (参照ステップ) が使用されます。 この計算スキーマに設定できる条件タイプには多数のオプションがあります (他の計算スキーマでは同じ条件タイプに異なる設定を設定できます)。 可能なオプションのリストと簡単な説明:

  1. 手順 (手順の流れを示します)
  2. カウンター (ステップ内の条件の数をカウントします)
  3. 条件タイプ (すでに定義されている条件タイプの XNUMX つ – 前のトピック)
  4. (パーセンテージ条件を計算するためのベースとして使用される参照ステップ)
  5. (パーセンテージ条件を計算するためのベースとして条件をどの段階まで使用するか)
  6. マニュアル (手動で入力することもできます)
  7. 必須 (必須条件)
  8. 統計 (統計条件のみ)
  9. 印刷物 (条件に応じた印刷制御)
  10. 合計 (小計の計算方法)
  11. 要件 (要件に応じたカスタム ルーチン)
  12. CalType (計算ルーチン - カスタム ルーチンが必要な場合)
  13. BasType (基本条件値のカスタム ルーチン)
  14. アクセスキー (G/L アカウントキー)
  15. 見越AccKey (見越または引当金の G/L 勘定キー)

SAP での計算スキーマの定義

プロシージャ内のすべての条件に適切な設定が適用された後、トランザクション データを保存できます。