ME11: SAP で購入情報レコードを作成する方法

購入情報記録

購入情報レコードは、仕入先から特定の品目を購入するための条件に関する情報です。 これらはベンダーと材料の組み合わせで維持され、価格と条件、超過納入と過小納入の制限、予定納入日、利用可能期間に関するデータを含めることができます。

情報レコードの調達タイプ

  1. スタンダード

    標準情報レコードには、標準購買発注の情報が含まれます。 購買情報は、マスタレコードの有無にかかわらず、品目とサービスに対して登録できます。

  2. 下請け

    下請け情報レコードには、下請け注文の発注情報が含まれます。 たとえば、コンポーネントの組み立てを下請けに委託する場合、下請け業者情報レコードにはコンポーネントの組み立てにかかるベンダー (下請け業者) の価格が含まれます。

  3. パイプライン

    パイプライン情報レコードには、パイプライン (石油や水など) または同様の手段 (主管を通る電力など) を通じて供給されるベンダー商品に関する情報が含まれます。 情報レコードには、買い手によるそのような商品の使用 (「パイプライン引き出し」) に対するベンダーの価格が含まれています。 さまざまな有効期間の引き出し/使用価格を維持できます。

  4. 委託

    委託品情報レコードには、仕入先が発注者の敷地内で独自のコストで入手可能な状態に保つ品目に関する情報が含まれています。 インフォレコードには、発注者による委託在庫からの引き出しに対する仕入先価格が含まれます。 パイプライン情報レコードの場合と同様に、さまざまな有効期間の価格を保持できます。

購入情報レコードの作成方法

購入情報レコードはあらゆる種類の調達に対して作成でき、トランザクション コードを使用して処理されます。 ME11.

ステップ1)

  1. コマンドプロンプトでトランザクション ME11 を入力します。
  2. 情報レコードを作成するためのキーは、仕入先と品目の組み合わせです。 購買組織や工場を入力できます。
  3. 希望する調達タイプの情報カテゴリを選択する必要があります。 プレス ENTER 次の画面に進みます。

SAP で購入情報レコードを作成する

ステップ2) ここで情報を提供します 情報レコードの一般データ。この情報は、すべての調達タイプに対して維持されます (標準、下請け、パイプライン、委託販売のすべてに対して XNUMX 回だけ維持されます)。また、最も関連性の高いフィールドがあります。

  1. リマインダー 1、2、3: これら XNUMX つのフィールドは、ベンダーに発行される残りを示します。 負の値は、仕入先が見積日または納品日より前に存在する必要があることを示します。
  2. ベンダーマット。 いいえ: この品目のベンダーによって使用される品目番号。
  3. ベンダー材料グループ: この品目のベンダーによって使用される品目グループ。
  4. 営業担当者: 連絡先担当者の名前。
  5. 電話番号: 担当者またはベンダーの電話番号
  6. 返品同意書: これは、商品の返品が可能かどうか、および返金が可能かどうかを示します。
  7. 注文単位: この品目がベンダーによって発注される単位。
  8. 証明書のカテゴリ: このマテリアルに適用されるベンダーによって発行された証明書のタイプ。
  9. 原産国: この素材が生産された国。

SAP で購入情報レコードを作成する

必要なデータをすべて入力したら、「購入」ボタンをクリックします。 組織購買組織依存情報を入力する画面に転送されるデータ 1。

SAP で購入情報レコードを作成する

ステップ3) このビューは、調達タイプごとに個別に管理されます。 標準調達タイプを選択したので、ここでいくつかの関連フィールドに入力できます。

  1. 予定納期: 資材の配送が計画されているデフォルトの日数。
  2. 購買グループ: マテリアルマスターレッスンで言及された購買グループ。
  3. 標準数量:材料の標準購入数量。
  4. 最少量: ここに記載されている数量未満の購入は許可されません。
  5. 最大数量: 一度にこの数量を超えて購入することは望ましくありません。
  6. 正価: 調達単位あたりの材料の正味価格。
  7. インコタームズ: 取引および配送条件。

SAP で購入情報レコードを作成する

ステップ4) 条件ボタンを押します。

SAP で購入情報レコードを作成する

次の画面は価格設定条件を更新するために使用され、ご覧のとおり、前の画面で入力された価格がこの画面に転送されます。

  1. 条件タイプ: このフィールドに条件タイプを入力できます。
  2. 単位当たりの金額: これら 4 つのフィールドには、金額と金額単位 (たとえば、2.800 EUR) およびこの金額が有効な数量 (1 PAL) を入力できます。
  3. から有効。
  4. まで有効です。 フィールド 3 と 4 は、条件の有効期間を表します。 これは、この条件が 10.05.2013 年 31.12.9999 月 XNUMX 日から有効であることを意味します。 XNUMX 年 XNUMX 月 XNUMX 日まで。 (将来の無限の有効性)。

SAP で購入情報レコードを作成する

ステップ5) この品目/仕入先の組み合わせの標準テキストは、購買情報レコードのテキスト ビューで定義できます。

  1. これらの XNUMX 行に情報レコードのメモを入力できます。このメモは、チェックが入っている場合にのみ有効になります。 box 情報記録のメモにはチェックが入っています。
  2. これが発注書品目にコピーされる標準品目テキストであることを除いて、前と同じロジックです。

SAP で購入情報レコードを作成する

材料と仕入先の組み合わせに関する必要な情報をすべて入力したら、取引データを保存すると、情報レコードに割り当てられた購入情報レコード番号に関する情報が表示されます。 今後の参照のためにこれを使用して、記録を編集または表示できます。

SAP で購入情報レコードを作成する

これで、他の 1 つの調達タイプ情報レコードを設定できるようになります。これらは購買組織データ XNUMX 画面でのみ更新する必要があります。