SAP で RFC 接続を構成およびテストする方法 – SM59

このチュートリアルは 4 つのセクションに分かれています

ステップ1: RFC接続をセットアップする

ステップ2: 信頼できる RFC 接続

ステップ3: RFC接続のテスト

ステップ4: エラー解決

ステップ 1: RFC 接続をセットアップする手順

トランザクションコードを入力してください SM59

RFC接続をセットアップする

SM59 画面では、オプション ツリーを使用して、作成済みの RFC 接続をナビゲートできます。オプション ツリーは、すべての接続をカテゴリ別に整理するメニューベースの方法です。

RFC接続をセットアップする

「作成」ボタンをクリックします。 次の画面で、「–」と入力します。

  • RFC宛先 – 宛先の名前 (ターゲット システム ID または関連するもの)
  • 接続タイプ – ここでは、要件に従って RFC 接続のタイプ (前に説明したように) の XNUMX つを選択します。
  • Description – これは短い有益な説明であり、おそらく接続の目的を説明するためのものです。

RFC接続をセットアップする

あなたの後'保存する'接続すると、システムは「技術設定」タブに移動します。そこで次の設定が提供されます。wing 情報:

  • ターゲットホスト– ここでは、ターゲット システムの完全なホスト名または IP アドレスを指定します。
  • システム番号 – これは、ターゲット SAP システムのシステム番号です。
  • [保存]をクリックします

RFC接続をセットアップする

「ログオンとセキュリティ」 タブ、ターゲット システム情報を入力

  • 言語設定 – ターゲット システムの言語に従って
  • クライアント – SAP ではシステムにログオンすることはなく、常に特定のクライアントが存在する必要があるため、正しく実行するにはここでクライアント番号を指定する必要があります。
  • ユーザーIDとパスワード – できれば独自のログイン ID ではなく、エンドユーザー ID やパスワードが常に変更されることによって接続が影響を受けないように、何らかの汎用 ID を使用する必要があります。 ここではほとんどの場合、タイプ「システム」または「通信」のユーザーが使用されます。 これはターゲット システムのユーザー ID であり、この接続を作成しているソース システムのユーザー ID ではないことに注意してください。

RFC接続をセットアップする

「保存」をクリックします。 RFC接続を使用する準備ができています

Note: デフォルトでは、接続は RFC として定義されます。 接続を tRFC または qRFC として定義するには、メニュー バー -> 宛先 aRFC オプション/tRFC オプションに移動します。 要件に従って入力を提供します。 qRFC を定義するには、特別なオプション タブを使用します。

ステップ 2: 信頼できる RFC 接続

RFC 接続を行うオプションがあります。 「信頼できる」。 選択すると、呼び出し側 (信頼できる) システムは、ターゲット (信頼できる) システムに接続するためにパスワードを必要としません。

信頼できる RFC 接続

Following 信頼できるチャネルを使用する利点は次のとおりです。

  • クロスシステムシングルサインオン機能
  • パスワードをネットワーク経由で送信する必要はありません
  • ログオン データのタイムアウト メカニズムにより、悪用を防ぎます。
  • タイムアウト機構により、ログオンデータの誤処理を防止します。
  • ユーザー固有のログオンtails 呼び出し側/信頼できるシステムがチェックされます。

RFC ユーザーは、信頼するシステム (権限オブジェクト) で必要な権限を持っている必要があります。 S_RFCACL).信頼された接続は主に接続に使用されます。 SAP ソリューション マネージャー システム 他の SAP システム (サテライト) との連携

ステップ 3: RFC 接続のテスト

RFC が作成された後 (または、既存の RFC の場合には)、接続が正常に確立されたかどうかをテストする必要があります。

RFC 接続のテスト

上に示すように、SM59 に移動してテストする RFC 接続を選択し、ドロップダウン メニューを展開します。ユーティリティ -> テスト ->…”。 選択肢は XNUMX つあります。

接続テスト -> これにより、リモート システムとの接続が試行され、IP アドレス/ホスト名およびその他の接続が検証されます。tails。両方のシステムが接続できない場合は、エラーがスローされます。成功すると、応答時間の表が表示されます。このテストは、呼び出し側システムがリモート システムに到達できるかどうかを確認するだけです。

RFC 接続のテスト

認可テスト -> これは、ユーザー ID とパスワード (ターゲット システムの [ログオンとセキュリティ] タブで提供される) と、提供される承認を検証するために使用されます。 テストが成功すると、上記の接続テストと同じ画面が表示されます。

Unicode テスト -> 対象システムが Unicode であるかどうかを確認します。

RFC 接続のテスト

リモートログオン –>これは一種の接続テストでもあり、ターゲット システムの新しいセッションが開かれ、ログイン ID とパスワードを指定する必要があります ([ログオンとセキュリティ] タブにまだ記載されていない場合)。 ユーザーのタイプが「ダイアログ」の場合、ダイアログ セッションが作成されます。 接続テストが成功したことを証明するために、通信パケットの応答時間が出力されます。そうでない場合は、エラー メッセージが表示されます。

RFC 接続のテスト

RFC 接続のテスト

ステップ 4: 何が問題だったのでしょうか?

どういうわけか RFC 接続が正常に確立されない場合は、「WORK」ディレクターの OS レベルでログを確認して (問題を分析するため) できます。 そこでは、「dev_rfc」という命名規則を持つログ ファイルが見つかります。 」と表示され、エラーの説明はそのようなファイルから読み取ることができます。

何が悪かったのか