SAP 与信管理チュートリアル: OVA8

SAP 与信管理

与信管理とは、会社が信用に基づいて顧客に製品/サービスを販売するプロセスです。当社は顧客からの支払いを次の方法で回収します。 later 時期、商品の販売後の発送となります。企業が顧客に対して設定した与信額は、と呼ばれます。 与信限度額。 顧客は与信限度額内で企業から製品を購入することができ、与信限度額を超えると注文はシステムによってブロックされます。

– 企業が顧客に対して 200,000 の与信限度額を設定しているとします。 顧客は、与信限度額 200,000 に達するまで、同社から製品をクレジットで購入できます。 顧客は金額 1 の注文 #100000 を与えます。再び顧客は金額 2 の注文 #1,50000 を与えます。 現在、オープン注文の合計が顧客の与信限度額を超えています。 注文 2 は与信限度額に達したため、システムによってブロックされています。

SAP 与信管理

ここで顧客は合計 Rs を注文しました。 2,50,000、顧客の信用限度額は Rs です。 2,00,000。ここで注文 2 は顧客の与信限度額を超えています。 したがって、注文 2 はシステムによってブロックされます。 与信限度額は顧客ごとに異なる場合があります。

SAP SD の与信管理の種類

1. 簡単な信用調査: 簡単な信用調査 = すべてのオープンアイテムの価値 + 現在の販売注文の金額。 注: 未決済明細は、会社が支払いを受け取っていない請求書です。

2. 自動信用調査 – 自動信用調査により、顧客の信用格付けに基づいて取引を評価でき、取引文書の適切なさらなる処理が保証されます。 与信限度額のチェックは、ドキュメントを保存するときに自動的に開始されるか、[与信額の確認] を選択することによって開始されます。 自動信用調査には 2 つのタイプがあります。

  1. 静的与信チェック (オープン販売注文の合計金額に対する与信限度額をチェック + 未請求のオープン納品 + billオープンの値 bill会計時に書類が渡されなかった)。
  2. 動的与信チェック (未納品のオープン販売注文に対する与信限度額をチェック + 未請求のオープン納品 + billオープンの値 bill会計時に書類が渡されなかった + 渡されたが支払われなかった bill 額)。

与信管理のステップごとの説明

ステップ 1) 信用チェックを設定する

  1. コマンドフィールドにTコードOVA8を入力します。
  2. 「新規エントリ」ボタンをクリックします。

SAP 与信管理

ステップ2)

  1. 入力します 信用管理.
  2. クレジットチェックオプションをチェックします。
  3. 与信限度額の有効期間を入力します。
  4. 静的オプションをチェックします。
  5. 未処理の注文と配送を確認します。

SAP 与信管理

ステップ3) 保存ボタンをクリックします。