SAP で販売伝票タイプを作成する方法

SAP で販売伝票タイプを作成する

販売伝票タイプは、システムが異なる伝票を異なる方法で処理するための 2 文字のインジケータです。 SAP では、多くの標準販売伝票タイプを提供しています。 販売伝票タイプは次の用途で使用されます。

  • 事前の営業活動(お問い合わせ・お見積り)。
  • 販売注文。
  • 販売契約。
  • 顧客の苦情。

販売注文には XNUMX つのレベルがあります。

  1. ヘッダーレベルのデータ
  2. アイテムレベルデータ
  3. スケジュールレベルデータ

In SAP いくつかの標準的な販売伝票タイプが利用可能です。 T コード VOV8 によりカスタム販売伝票タイプを作成できます。

販売伝票タイプの内部番号範囲を作成します。

VN01は社内No.範囲作成用のTコードです。 この内部番号を使用します。 ステップ-3。

  1. 新しい SAP セッションのコマンド フィールドに T コード VN01 を入力します。
  2. 間隔の「作成」ボタンをクリックします。

SAP で販売伝票タイプを作成する

  1. 新しい間隔範囲を作成するには、+間隔ボタンをクリックします。
  2. From 番号 / To 番号 / 現在の番号を入力します。 Ext は外部番号範囲を表し、空白のままにします。
  3. 保存ボタンをクリックします。

SAP で販売伝票タイプを作成する

「変更が保存されました」というメッセージが表示されます。

SAP で販売伝票タイプを作成する

ステップ1)

  1. 販売伝票タイプの T コードは VOV8 です。
  2. 販売伝票タイプのリスト。

SAP で販売伝票タイプを作成する

ステップ2) 新しい販売伝票タイプを作成するには、 をクリックします。 SAP で販売伝票タイプを作成する

  • 販売伝票タイプを入力します。
  • 入力可能リストから販売伝票カテゴリを入力します。

この画面には上記のように複数のセクションがあります。

  1. 番号システム
  2. 一般的な制御
  3. トランザクションの流れ
  4. スケジューリングアグリーメント
  5. 発送
  6. 例として以下をご覧ください。
  7. 指定配達日時
  8. 契約
  9. 在庫確認

SAP で販売伝票タイプを作成する

番号体系・統括管理・取引フロー・出荷部門にデータを入力していきます。

ステップ 3) 番号体系

noを定義するにはXNUMXつの方法があります。 販売伝票の範囲。

  • 内部割り当て – この割り当ては内部で機能し、販売伝票の番号が自動的に生成されます。
  • 外部割り当て – この割り当ては外部で機能します。 たとえば、以下の画像の番号は 02 から始まります。

SAP で販売伝票タイプを作成する

ステップ4) 一般的な制御

  • 与信限度額のチェック/与信グループ/可能な値リストからのアプリケーションフィールドの出力/項目区分のチェック/情報レコードの読み取りに値を入力します。

SAP で販売伝票タイプを作成する

ステップ5) 取引の流れ

  • 画面シーケンスグループに値を入力します。 / トランザクション グループ / 価格設定手順の文書。
  • 表示範囲/Fコード/引用メッセージ欄に値を入力します。 / 概要同意メッセージ。

SAP で販売伝票タイプを作成する

ステップ6)

  • 可能なリストのエントリからフィールドに入力された配信タイプに値を入力します。
  • 可能なリストエントリから船舶コスト情報プロファイルを入力します。

SAP で販売伝票タイプを作成する

ステップ7) 保存をクリックします SAP で販売伝票タイプを作成するボタン。

「データが保存されました」というメッセージが表示されます。

SAP で販売伝票タイプを作成する