Java で乱数を生成する方法

このチュートリアルでは、Java で乱数を生成する方法を学びます。

Javaによる乱数生成

乱数は 2 つの方法で生成できます。 java.util.Random クラスは、boolean、int、long、float などのさまざまなデータ型の乱数を生成するために使用されます。 double。 Random クラスのオブジェクトが初期化され、メソッド nextInt()、nextDouble() または nextLong() を使用して乱数を生成します。 Math.Random を使用して、0.0 から 1.0 までのランダムな値を生成することもできます。

Java で 10 個の乱数を生成する方法を見てみましょう –

例: Java ランダム クラスの使用

まず、java.util.Random を使用した実装を見ていきます。Java で 10 から 0 までの 100 桁の乱数を生成する必要があると仮定します。

import java.util.Random;
public class RandomNumbers{
        public static void main(String[] args) {
        	Random objGenerator = new Random();
            for (int iCount = 0; iCount< 10; iCount++){
              int randomNumber = objGenerator.nextInt(100);
              System.out.println("Random No : " + randomNumber); 
             }
     }
}

出力:

Random No : 17
Random No : 57
Random No : 73
Random No : 48
Random No : 68
Random No : 86
Random No : 34
Random No : 97
Random No : 73            
Random No : 18   

Randomクラスのオブジェクトはobjとして初期化されます。Generator。 乱数 generator JavaクラスにはnextIntというメソッドがあります。 これにより、上限として指定された引数に基づいて乱数が提供されますが、下限は 0 となります。したがって、10 個の乱数が表示されます。

例: Java Math.Random の使用

ここで、Java で生成された 10 から 0.0 の範囲の 1.0 個の乱数が必要な場合は、乱数を使用する必要があります。 generator math.random() という Java クラス。

次のように使用できますwing ループ それらを生成するには-

public class DemoRandom{
  public static void main(String[] args) {
    for(int xCount = 0; xCount< 10; xCount++){
      System.out.println(Math.random());
    }
  }
}

出力:

0.46518450373334297
0.14859851177803485
0.5628391820492477
0.6323378498048606
0.1740198445692248
0.9140544122258946
0.9167350036262347
0.49251219841030147
0.7426056725722353 

これで、これらの奇妙な数字がどのように生成されるかがわかりました。

概要

乱数は 2 つの方法で生成できます。 Random Java クラス (パッケージ java.util 内) または Math.random Java クラスを使用することができます (ただし、これにより生成される double 0.0 ~ 1.0 の範囲であり、整数ではありません)。