SAP BI プロセス チェーン: 作成、確認、アクティブ化、割り当て、監視

プロセスチェーンとは何ですか?

  • プロセス チェーンは、バックグラウンドでイベントを待機する一連のプロセスです。
  • これらのプロセスの一部は、別のイベントをトリガーして、他のプロセスを順番に開始することができます。
  • プロセスの代替および並列実行を可能にするさまざまなコネクタを提供します。
  • たとえば、小売店が顧客の注文を受け取ると、在庫内の材料の確認→倉庫の注文から製品を発注して製品を製造するなどの一連のイベントがトリガーされます。
  • プロセス チェーンは、タスク/プロセスの自動化、視覚化、監視に役立つグラフィカルなスケジュール設定と監視機能を提供します。
  • プロセス チェーンは、ポータル ベースの BI 管理コックピットに統合されます。
  • プロセス チェーンは、バックグラウンドで待機するようにスケジュールされ、別のプロセスによってイベントがトリガーされるフローチャートとして考えることができます。

プロセスチェーン

プロセス チェーンには XNUMX つの主要なステップが含まれます

  1. プロセスの開始: プロセスがいつ開始されるかを説明します (即時、スケジュールされたジョブ、メタプロセス、API)
  2. コネクタ: リンクプロセスであり、次のプロセスを開始するオプションを選択できます
  3. バリアント: プロセスを実行するオブジェクトはバリアントと呼ばれます。 これは、InfoPackage の名前やプロセスに渡されるパラメータのセットです。 情報オブジェクト

プロセスチェーンを作成する手順

RSPC は、プロセス チェーン メンテナンスに使用される唯一のトランザクション全体です。 この画面では、既存のプロセスチェーンが「ApplicationComponents」ごとに並べられています。

利用可能なビューは XNUMX つあります。

  1. ビューの確認
  2. 計画ビュー。

デフォルトのモードは計画ビューです。

ステップ1) プロセスチェーンの作成:

「作成」アイコンをクリックします。

SAP でプロセス チェーンを作成する

ステップ2)

  1. プロセスチェーンの技術名を入力します。
  2. プロセス チェーンの意味のある説明を入力します。

SAP でプロセス チェーンを作成する

チェックマークをクリックします

ステップ3) 新しいウィンドウがポップアップ表示されます。 「新規」アイコンをクリックして、新しい「開始プロセス」を作成します。

SAP でプロセス チェーンを作成する

ステップ4)

  1. 開始プロセスの技術名を入力します。
  2. 開始プロセスの意味のある説明を入力し、「Enter」ボタンをクリックします。

SAP でプロセス チェーンを作成する

ステップ5) 後続の画面は、プロセス チェーンに時間ベースまたはイベントベースのトリガーを割り当てるために使用されます。

  1. 「直接スケジュール」オプションをクリックして、プロセスチェーンを特定の時間にスケジュールします。
  2. 「選択を変更」ボタンをクリックして、選択内容を入力します。tails プロセスチェーンの実行をスケジュールするため。

SAP でプロセス チェーンを作成する

ステップ6) プロセスチェーンをスケジュールする手順:

  1. 「日付/時刻」ボタンをクリックします。 スケジュールされた開始日時、終了日時を指定します。
  2. 頻度を設定するには、チェックをクリックします box 「定期的な仕事」。
  3. 「PeriodValues」ボタンをクリックします。
  4. 次の画面で、必要な頻度 (時間ごと、毎日、毎週、毎月、その他の期間) を選択します。 [アイコンを保存して戻る] ボタンをクリックして、前の RSPC 画面に戻ります。

SAP でプロセス チェーンを作成する

保存をクリックします

ステップ7) 情報パッケージを追加:

「プロセスタイプ」のアイコンをクリックして続行します。

SAP でプロセス チェーンを作成する

ステップ8) 前述したように、データのロードは、InfoPackage または DTP を介してトリガーできます。

  1. データロードがインフォパッケージ経由で実行される場合は、プロセス タイプ「インフォパッケージの実行」を使用します。
  2. データロードが DTP 経由で行われる場合は、プロセス タイプ「データ転送プロセス」を使用します。

SAP でプロセス チェーンを作成する

ステップ9) 新しいポップアップ ウィンドウが表示されます。 ここで、必要なインフォパッケージを選択できます。

SAP でプロセス チェーンを作成する

ステップ10) Start Variant と InfoPackage の両方を接続します。

これを行うには 2 つの方法があります。最初のステップで右クリックします。 「接続」→「データのロード」をクリックします。

もう XNUMX つの方法は、「Start Variant」を選択し、マウスの左ボタンを押したままにすることです。 次に、マウス ボタンを目的のステップに移動します。 あなたの動きに矢印が追従するはずです。 マウスボタンを押すのをやめると、新しい接続が作成されます。 開始プロセスから XNUMX ステップごとに黒い線が表示されます。

SAP でプロセス チェーンを作成する

Start バリアントと Infopackage の間の接続が作成された後、プロセス チェーンは次のように表示されます。

SAP でプロセス チェーンを作成する

後続のステップについては、先行ステップの場合にのみ後続ステップを実行するかどうかを選択できます。

  • 成功: 通常は通常の処理で使用されます
  • エラーで終了: 通常、失敗メッセージの送信に使用されます。
  • 前のステップの成功または失敗に関係なく実行します

SAP でプロセス チェーンを作成する

プロセスチェーンの一貫性をチェックする手順

  1. メニュー「ジャンプ」を選択します
  2. 「ビューを確認する」を選択します。

プロセスチェーンの一貫性をチェックする

SAP すべてのステップが接続されており、少なくとも XNUMX つの先行ステップがあるかどうかを確認します。 論理エラーは検出されません。 警告または「チェーンは正常です」というメッセージが表示された場合は、それをアクティブ化できます。 チェックでエラーが特定された場合は、まずエラーを削除する必要があります。

プロセスチェーンの一貫性をチェックする

プロセスチェーンをアクティブ化する手順

  1. メニュー「プロセスチェーン」をクリックします。
  2. 「有効化」を選択します。
  3. または「有効化」ボタンを選択します

プロセスチェーンをアクティブ化する

プロセスチェーンをアプリケーションコンポーネントに割り当てる手順

デフォルトでは、プロセス チェーンはアプリケーション コンポーネント「未割り当て」の下に作成されます。

  1. 「アプリケーションコンポーネント」ボタンを選択します
  2. 必要なコンポーネントを選択し、チェーンを再アクティブ化します。

プロセスチェーンをアプリケーションコンポーネントに割り当てる

プロセスチェーンをアクティブ化する手順

  1. メニューの「実行」をクリックします。
  2. 「スケジュール」を選択します。

プロセスチェーンをアクティブ化する

または、「スケジュール」ボタンを押します。

チェーンはバックグラウンド ジョブとしてスケジュールされ、SM37 トランザクション コードで表示できます。 「BI_PROCESS_TRIGGER」という名前のジョブが見つかります。 すべてのプロセス チェーンは同じジョブ名でスケジュールされます。

プロセスチェーンをアクティブ化する

プロセスチェーンを監視する方法

  1. プロセス チェーンの実行を監視するために利用できる作業環境は数多くあります。
  2. DatawarehouseWorkBench(RSA1) から [管理] タブに移動します。
  3. コンピューティング センター管理システム (CCMS) の BI モニター
  4. 日次プロセスチェーンの監視 (トランザクション RSPCM)
  5. プロセスチェーン更新でのプロセスチェーン実行のログビュー (トランザクション RSPC)

プロセスチェーンの監視