脆弱性テストとは何ですか? VAPTスキャン評価ツール

脆弱性テスト

脆弱性テスト 脆弱性評価とも呼ばれるは、ソフトウェア システムのセキュリティ リスクを評価して脅威の可能性を減らすプロセスです。脆弱性テストの目的は、次のような可能性を減らすことです。 intruders/ハッカーがシステムに不正にアクセスすることを目的としています。これは、脆弱性評価および侵入テスト (VAPT) または VAPT テストと呼ばれるメカニズムによって異なります。

脆弱性とは、システムのセキュリティ手順、設計、実装、または内部統制における、システムのセキュリティ ポリシーの違反を引き起こす可能性のある間違いや弱点のことです。

脆弱性評価を行う理由

脆弱性評価

  • これは組織のセキュリティにとって重要です。
  • 脆弱性を特定して報告するプロセス。誰かまたは何かが脆弱性を悪用する前に、脆弱性をランク付けすることでセキュリティ問題を検出して解決する方法を提供します。
  • この過程で Operaティングシステム, 不適切なソフトウェア設計や安全でない認証などの脆弱性の発生を特定するために、アプリケーション ソフトウェアとネットワークがスキャンされます。

脆弱性評価プロセス

これがステップバイステップです 脆弱性評価プロセス システムの脆弱性を特定します。

脆弱性評価プロセス

ステップ 1) 目標と目的 : – 脆弱性分析の目標と目的を定義します。

ステップ 2) 範囲 : – 評価とテストを実行する際、割り当ての範囲を明確に定義する必要があります。

次のことwing 存在する可能性のあるスコープは次の XNUMX つです。

  • ブラック Box テスト : – 内部ネットワークとシステムに関する事前知識がない外部ネットワークからのテスト。
  • グレー Box テスト: – 内部ネットワークとシステムの知識を使用して、外部ネットワークまたは内部ネットワークからテストします。 それは両方の黒の組み合わせです Box テストと白 Box テスト。
  • ホワイト Box テスト : – 内部ネットワークとシステムの知識を使用した内部ネットワーク内でのテスト。 内部テストとも呼ばれます。

ステップ 3) 情報収集 : – ネットワーク、IP アドレス、IP アドレスなどの IT 環境に関する情報をできるだけ多く取得する Operaシステムバージョンなどを表示します。ブラックなどの3種類のスコープすべてに適用されます。 Box テスト中、グレー Box テストと白 Box テスト。

ステップ 4) 脆弱性の検出 : – このプロセスでは、脆弱性スキャナーを使用して IT 環境をスキャンし、脆弱性を特定します。

ステップ 5) 情報の分析と計画 : – 特定された脆弱性を分析して、ネットワークやシステムに侵入する計画を立てます。

脆弱性評価の方法

Following の段階的なプロセスです 脆弱性評価の方法:

脆弱性評価

ステップ1) セットアップ

  • ドキュメントの開始
  • 安全なアクセス許可
  • アップデートツール
  • ツールの構成

ステップ 2) テストの実行

  • ツールを実行する
  • キャプチャされたデータ パケットを実行します (パケットとは、送信元と宛先の間でルーティングされるデータの単位です。たとえば、任意のファイルがmail メッセージ、HTML ファイル、Uniform Resource Locator (URL) リクエストなどがインターネット上のある場所から別の場所に送信されると、TCP/IP の TCP 層は効率的なルーティングのためにファイルを多数の「チャンク」に分割し、それぞれのこれらのチャンクには一意の番号が付けられ、宛先のインターネット アドレスが含まれます。 これらの塊はパケットと呼ばれます。 すべてのパケットが到着すると、評価ツールの実行中に受信側の TCP 層によって元のファイルに再組み立てされます。

ステップ 3) 脆弱性分析

  • ネットワークまたはシステム リソースの定義と分類。
  • リソースへの優先度の割り当て (例: – 高、中、低)
  • 各リソースに対する潜在的な脅威を特定します。
  • 最も優先度の高い問題に最初に対処する戦略を策定します。
  • 攻撃が発生した場合の影響を最小限に抑える方法を定義して実装します。

ステップ 4) 報告

ステップ 5) 修復

  • 脆弱性を修正するプロセス。
  • 脆弱性ごとに実行

脆弱性スキャナーの種類

ホストベース

  • ホストまたはシステムの問題を特定します。
  • このプロセスはホストベースのスキャナーを使用して実行され、脆弱性が診断されます。
  • ホストベースのツールは、メディエーター ソフトウェアをターゲット システムにロードします。 イベントを追跡し、セキュリティ アナリストに報告します。

ネットワークベース

  • 開いているポートを検出し、これらのポートで実行されている不明なサービスを特定します。 その後、これらのサービスに関連する可能性のある脆弱性が公開されます。
  • このプロセスは、ネットワークベースのスキャナーを使用して実行されます。

データベースベース

  • SQL インジェクションを防ぐためのツールと技術を使用して、データベース システム内のセキュリティの危険を特定します。 (SQL インジェクション: – 悪意のあるユーザーによるデータベースへの SQL ステートメントの挿入。データベースから機密データを読み取り、データベース内のデータを更新できます。)

脆弱性スキャン用ツール

1) Intruder

Intruder は、IT 環境全体のセキュリティの弱点を発見する強力な脆弱性評価ツールです。業界をリードするセキュリティチェック、継続的な監視、使いやすいプラットフォームを提供し、 Intruder あらゆる規模の企業をハッカーから守ります。

Intruder

特徴:

  • クラス最高の脅威をカバー 10,000件のセキュリティチェック
  • 構成の弱点、パッチの不足、アプリケーションの弱点 (SQL インジェクションやクロスサイト スクリプティングなど) などをチェックします。
  • スキャン結果の自動分析と優先順位付け
  • 直感的なインターフェイスで、最初のスキャンのセットアップと実行が簡単
  • 最新の脆弱性に対するプロアクティブなセキュリティ監視
  • AWS、Azure、 Google Cloud コネクタ
  • CI/CD パイプラインとの API 統合

訪問 Intruder >>


2) Teramind

Teramind は、内部関係者による脅威の防止と従業員の監視のための包括的なスイートを提供します。 行動分析とデータ損失防止を通じてセキュリティを強化し、コンプライアンスを確保し、ビジネス プロセスを最適化します。 そのカスタマイズ可能なプラットフォームは組織のさまざまなニーズに適合し、生産性の向上とデータの整合性の保護に重点を置いた実用的な洞察を提供します。

Teramind

特徴:

  • 内部関係者による脅威の防止: データに対する内部関係者の脅威を示す可能性のあるユーザーのアクションを検出し、防止します。
  • ビジネスプロセスの最適化: データ駆動型の行動分析を利用して再定義する operaのプロセス。
  • 従業員の生産性: 従業員の生産性、セキュリティ、コンプライアンス行動を監視します。
  • コンプライアンス管理: 中小企業、大企業、政府機関に適した単一のスケーラブルなソリューションでコンプライアンスの管理を支援します。
  • インシデントフォレンジック: インシデント対応、調査、脅威インテリジェンスを強化するための証拠を提供します。
  • データ損失防止: 機密データの潜在的な損失を監視し、保護します。
  • 従業員の監視: 従業員のパフォーマンスと活動を監視する機能を提供します。
  • 行動分析: 顧客のアプリ動作データを詳細に分析して洞察を得ることができます。
  • カスタマイズ可能な監視設定: 特定のユースケースに合わせて監視設定をカスタマイズしたり、事前定義されたルールを実装したりできます。
  • ダッシュボードの洞察: 包括的なダッシュボードを通じて、従業員のアクティビティに対する可視性と実用的な洞察を提供します。

訪問 Teramind >>

カテゴリー ツール 説明
ホストベース STAT ネットワーク内の複数のシステムをスキャンします。
タラ タイガー分析研究助手。
カインとアベル ネットワークを盗聴し、HTTP パスワードをクラッキングしてパスワードを回復します。
Metasploit コードの開発、テスト、悪用のためのオープンソース プラットフォーム。
ネットワークベース Cisco セキュアスキャナー セキュリティの問題を診断して修復します。
Wireshark Linux 用のオープンソース ネットワーク プロトコル アナライザー Windows.
Nmapの セキュリティ監査用の無料のオープンソース ユーティリティ。
ネサス エージェントレスの監査、レポート、パッチ管理の統合。
データベースベース SQLダイエット SQL サーバー用の辞書攻撃ツールのドア。
安全な監査人 ユーザーが OS 上で列挙、スキャン、監査、侵入テストとフォレンジックを実行できるようにします。
DBスキャン データベースのトロイの木馬の検出。ベースライン スキャンによって隠れたトロイの木馬を検出します。

脆弱性評価の利点

  • オープンソースツールが利用可能です。
  • ほぼすべての脆弱性を特定します
  • スキャンを自動化。
  • 定期的に実行するのは簡単です。

脆弱性評価の欠点

  • 高い偽陽性率
  • 侵入検知システムファイアウォールで簡単に検知できます。
  • 最新の脆弱性に気付かないことがよくあります。

脆弱性評価と侵入テストの比較

脆弱性評価 侵入テスト
ワーキング 脆弱性の発見 脆弱性を特定して悪用する
メカニズム 検出とスキャン
フォーカス 深さよりも広さ 幅よりも深さ
完全性の範囲 ハイ ロー
費用 低~中程度 ハイ
によって演奏された 社内スタッフ 攻撃者または侵入テスター
テスターの知識 ハイ ロー
実行頻度 各装備を積み込んだ後 年に一度
結果 部分的なデを提供するtails 脆弱性について 完全なデを提供するtails 脆弱性の

脆弱性テスト方法

アクティブなテスト

  • Inactive Testing では、テスターが新しい脆弱性評価テスト データを導入し、結果を分析します。
  • テスト プロセス中に、テスターはプロセスのメンタル モデルを作成します。このモデルは、テスト対象のソフトウェアとの対話中にさらに成長します。
  • テストの実行中、テスターは新しいテスト ケースや新しいアイデアを見つけるプロセスに積極的に参加します。 それがアクティブ テストと呼ばれる理由です。

パッシブテスト

  • パッシブ テスト。新しいテスト ケースやデータを導入せずに、テスト対象のソフトウェアの実行結果を監視します。

ネットワークテスト

  • ネットワーク テストは、ネットワークの現在の状態を測定および記録するプロセスです。 opera一定期間にわたる変化。
  • テストは主にネットワークを予測するために行われます opera負荷がかかっている状態を確認したり、新しいサービスによって生じた問題を見つけたりするために使用します。
  • 以下をテストする必要がありますwing ネットワークの特性:-
  • 使用率レベル
  • 利用者数
  • アプリケーションの利用

分散テスト

  • 分散テストは、分散アプリケーション、つまり複数のクライアントと同時に動作するアプリケーションのテストに適用されます。neo普通に。 基本的に、分散アプリケーションのテストは、クライアント部分とサーバー部分を個別にテストすることを意味しますが、分散テスト手法を使用すると、それらをすべてまとめてテストできます。
  • 脆弱なテストに関係するテスト部分を含むテスト部分は、テスト実行中に相互に作用します。これにより、彼らは sync適切な方法で名誉を与えられる。 Sync同期化は、分散テストにおける最も重要なポイントの 1 つです。

まとめ

In ソフトウエアエンジニアリング、脆弱性テストは、脆弱性評価と侵入テストという XNUMX つのメカニズムに依存します。 これらのテストはどちらも、強度と実行するタスクが異なります。 ただし、脆弱性テストに関する包括的なレポートを作成するには、両方の手順を組み合わせることが推奨されます。 これらのタスクに適したツールを見つけるには、次のことを検討してください。 侵入テストツール.