VBA 比較演算子: 等しくない、以下、または等しい

VBA 比較演算子

これらは値を比較するために使用される演算子です。 比較演算子には、等しい、より小さい、より大きい、および等しくないが含まれます。

比較演算子は、検証目的で値を比較するために使用されます。単純な POS アプリケーションを開発しているとします。このアプリケーションでは、投稿する前に入力された値を検証する必要があります。このような場合は、比較演算子を使用できます。このオペレーターは負の数値と照合するか、支払った金額が限度額を超えていないことを確認します。 bill編金額。このような状況では、比較演算子が便利です。

次のことwing 表は、で定義されている比較演算子のリストです。 VBA.

演算子 Description
= 等しい: XNUMX つの値が等しいかどうかを確認します。 代入演算子としても使用されます
< 以下: この演算子は数値を減算するために使用されます。
> より大きい: この演算子は数値を乗算するために使用されます。
<> 等しくない: この演算子は数値を除算するために使用されます
<= 以下:
>= 以上:

VBA 比較演算子と例

次のことwing 表に、Excel VBA 比較演算子と例および出力を示します。

S / N 演算子 出力
1 = x = z の場合、次の場合 等しい場合は true を返し、そうでない場合は false を返します
2 < x < z の場合 x が z より小さい場合は true を返し、それ以外の場合は false を返します。
3 > x > z の場合 x が z より大きい場合は true を返し、それ以外の場合は false を返します。
4 <> x <> z の場合 等しくない場合は true を返し、等しくない場合は false を返します
5 <= x <= z の場合 x が z 以下の場合は true を返し、それ以外の場合は false を返します。
6 >= x >= の場合 x が z 以上の場合は true を返し、それ以外の場合は false を返します。

ソースコードの例

等価比較演算子

    If 2 = 1 Then
            MsgBox "True", vbOKOnly, "Equal Operator"
        Else
            MsgBox "False", vbOKOnly, "Equal Operator"
    End If

ここに、

  • 「If 2 = 1 then… Else… End If」 if ステートメントを使用して条件「2 = 1」を評価します。
  • 「メッセージBox... " メッセージを表示する組み込み関数です box.
    • 最初のパラメータ「True」または「False」がメッセージに表示されます。 box。 この例では、2 は 1 に等しくないため、メッセージには「false」と表示されます。 box.
    • XNUMX 番目のパラメータ「vbOKOnly」は、メッセージに表示されるボタンです。 box
    • XNUMX 番目のパラメータ「Equal Operator」はメッセージのタイトルです。 box.

上記のコードを実行すると次のようになりますwing 結果

等しい演算子

上記のExcelコードをダウンロードします。