QTP/UFT でのトランザクションの使用方法

Micro Focus UFT/QTP では、次の定義を行うことで、テストのセクションの実行にかかる時間を測定できます。 トランザクション。 テストの適切なセクションを開始トランザクション ステートメントと終了トランザクション ステートメントで囲むことによって、テスト内でトランザクションを定義します。

トランザクションはスクリプト内のどこにでも挿入できます

テストに追加できるトランザクションの数に制限はありません。

QTP にトランザクションを挿入するにはどうすればよいですか?

トランザクション内にトランザクションを挿入することもできます

Following ビデオでは、トランザクションを挿入する手順を説明します。 HP UFT.

こちらをクリックすると、ツールが開きます。 ビデオにアクセスできない場合

たとえば、 フライトを予約する.

  1. QTP で、トランザクションを開始する適切な状態を選択します。
  2. 「挿入開始トランザクション」を選択します。 トランザクション開始ダイアログ Box 開きます
  3. トランザクションに適切な名前を付けます(「予約時間」など)。
  4. テストにトランザクション開始ステートメントが追加されます
  5. トランザクションを終了する状態を選択します
  6. 「挿入」>「トランザクションの終了」をクリックします
  7. トランザクション終了ダイアログ Box 利用可能なすべてのトランザクションのリストが開きます
  8. 「OK」をクリックします。 トランザクション終了ステートメントが追加されます
  9. テストを実行しましょう
  10. 結果として、トランザクション終了ステートメントにより、注文の挿入にかかる時間がわかります。