UFT/QTP の Reporter.ReportEvent の例

QTP の Reporter.ReportEvent

Reporter.Reportvent は、カスタム メッセージをテスト結果ウィンドウに送信するために QTP によって提供される標準メソッドです。

この HP QTP チュートリアル 関数の使用法を示します Reporter.ReportEvent > 結果のフォーマット.

このチュートリアルでは、スクリプトを開発するように求められます。

学習を最大限に高めるために、次のことを行ってください スクリプト演習を完了する.

こちらをご覧ください。 ビデオにアクセスできない場合

あなたが使用することができます Reporter.ReportEvent Micro Focus UFT のテスト結果ツリーでカスタム テスト ステップをレポートするには

構文

Reporter.ReportEvent EventStatus, ReportStepName, Details [, ImageFilePath]
  • イベントステータスには値を含めることができます
    • 0 または micPass がパスステータスを送信します テスト結果ウィンドウへ
    • 1 または micFail は失敗ステータスを送信します テスト結果ウィンドウへ
    • 2 または micDone がメッセージを送信する テスト結果ウィンドウへ 合否ステータスに影響を与えることなく
    • 3 または micWarning は警告メッセージを送信します 結果ウィンドウへ
  • 自動化ツールを使用してテスト ケースを実行する場合、特定のユーザーがテスト結果を理解するのが難しい場合があります。 results.xml を使用して、好みに応じてテスト結果を表示する XSL を作成します。
  • あなたが使用することができます VBScript ライブラリ関数から 結果を xls またはテキスト ファイルに保存します。