QTP/UFT の録音モードの種類: アナログ、ローレベル、コンテキスト

HP UFT (QTP) は 3 種類の記録モードをサポートします

  1. コンテキスト依存型
  2. アナログ
  3. 低レベル

状況依存録画モード

  • 通常の録画モードは、状況依存モードとも呼ばれます。
  • これは、Quick Test Professional のテスト オブジェクト モデルを最大限に活用するデフォルトの記録モードです。
  • 画面上の位置に関係なく、アプリケーション内のオブジェクトを認識します。
  • アプリケーション内のオブジェクトとそれらに対して実行された操作を記録します。

アナログ録音モード

  • アナログ録音モードでは、 クイックテストプロフェッショナル 画面またはウィンドウ上でマウスをドラッグするときのマウスのあらゆる動きを記録および追跡します。
  • Micro Focus UFT のアナログ録音はトラックとしてキャプチャされ、テストのディレクトリに保存されます。
  • オブジェクトのレベルでは記録できない操作を記録する場合に便利です。 例: マウスのドラッグによって作成された署名
  • アナログモードで録音できるのは、
  1. USBレコーディング 画面を基準にして
  2. ウィンドウを基準にして
  • アナログ操作が XNUMX つのウィンドウに限定されている場合は、ウィンドウを基準にして使用します。
  • あるウィンドウから別のウィンドウにオブジェクトをドラッグ アンド ドロップするなど、アナログ操作に複数の画面が含まれる場合は、画面オプションを使用します。

ローレベルモード

  • このモードでは、QTP が特定のオブジェクトまたは特定の操作を認識するかどうかに関係なく、アプリケーション内の任意のオブジェクトを記録できます。
  • このモードはオブジェクト レベルで記録し、すべてのランタイム オブジェクトを Window または WinObject テスト オブジェクトとして記録します。
  • これは、オブジェクトの正確な座標がテストで重要な場合に使用されます。 良い例は、写真のさまざまなセクションをクリックするとさまざまなリンクに移動するハッシュマップです。
  • QTP によって認識されない環境 (またはオブジェクト) でテストを記録するときに使用されます。
  • 低レベル モードでは、クリックの X、Y 座標が記録されます。

以下の例を使用して、コンテキスト、アナログ、低レベル録音モードを学習します。wing ビデオ

こちらをご覧ください。 ビデオにアクセスできない場合

まとめ

  • アナログ録音と低レベル録音では、通常の録音モードよりも多くのディスク容量が必要です。
  • どちらのモードでも、記録時と実行時の画面位置は同じである必要があります。wise スクリプトが失敗する
  • したがって、アナログ録音または低レベル録音は、通常の録音モードでは操作を正確に記録できない場合にのみ使用してください。
  • QTP がサポートしていないオブジェクトや環境を記録しているときに、QTP が自動的に低レベル モードに切り替わる場合があります。