コンピュータとソフトウェアの倫理的使用に関するトレーニング チュートリアル

倫理的使用のためのトレーニング チュートリアル

多くの人が毎日コンピューターを使用していますが、誰もが倫理的にコンピューターを使用しているわけではありません。 エシカル コンピューティングとは、他人に危害を与えないようにコンピュータを使用する実践です。 コンピュータ倫理の分野には、知的財産権、プライバシーの権利、データ保護慣行、包括的なデザインなどの問題が含まれます。 コンピューターとソフトウェアを倫理的に使用するということは、専門的かつ敬意を持って行動し、誤った情報の拡散を避け、テクノロジーの使用が社会に与える影響に留意することも意味します。

コンピュータ倫理の概念は、コンピュータが誕生したのとほぼ同じくらい古くから存在していましたが、インターネットの台頭とそれが生活のあらゆる面に組み込まれるようになるにつれて、この分野の重要性は新たなレベルになりました。 インターネットを利用すると、他人についての嘘を広めたり、他人のコンピュータやネットワーク全体にハッキングしたり、知的財産を盗んで自分のものとして偽装したり、AI が生成したディープフェイクを使って大衆を騙したりすることが簡単にできます。 これらの行為の中には、単に立派で倫理的な人がすべきではないこともありますが、犯罪行為のレベルに達するものもあります。 倫理的なコンピューター使用の原則について学び、これを遵守することで、法的、社会的、職業上のトラブルに巻き込まれることを避けることができます。

コンピュータ倫理の十戒

1992 年、コンピュータ倫理研究所は、聖書の戒めをインスピレーションとして参考にして、コンピュータ倫理の十戒と呼ばれるものを作成しました。 これらのルールは、エシカル コンピューティングの基礎を形成します。

1. コンピュータを使用して人に危害を加えないでください。

2. 他の人がコンピュータを使って作業する能力を妨げないでください。

3. 他人のファイルを覗き見しないでください。

4. いかなる種類の盗難にもコンピュータを使用しないでください。

5. コンピュータを使用して人や組織に関する嘘を広めないでください。

6. ソフトウェアの不正コピーを作成しないでください。

7. 許可なく他人のコンピュータを使用しないでください。

8. 他人の知的財産を盗まないでください。

9. 作成したソフトウェアの潜在的な結果について常に考えてください。

10. コンピュータを使用するときは、常に他の人に対して敬意と思いやりを持ってください。

敬意を持ってコンピュータを使用するための最新のガイドライン

他の人のプライバシーを尊重します: 他人のパスワードを表示したり変更したり、フォルダやファイルを調べたりしないでください。

ネットワークの完全性を尊重します。 マルウェアを作成または使用したり、他の人に嫌がらせをしたりしないでください。

自分自身を正確に特定する: 決して他人のアカウントを使用したり、他人になりすました新しいアカウントを設定したりしないでください。

著作権を尊重します: ソフトウェアを違法にコピーしないでください。

知的財産を尊重します: 他人の作品を盗んだり、自分の作品のように見せかけたりしないでください。

賢明で責任感を持ってください: 自分の行動には常に結果が伴うことを忘れず、害を及ぼさないように努めてください。

コンピュータ倫理の問題に関する追加資料