Jmeter タイマー: 定数、ガウスランダム、均一 [例]

タイマーとは何ですか?

デフォルトでは、JMeter はリクエストを送信します。 一時停止せずに 各リクエストの間に。 その場合、JMeter は次のことを行うことができます。 圧倒する 短時間に大量のリクエストを行うことにより、テスト サーバーが破損する可能性があります。

あなたが送ったと想像してみてください 数千 テスト中の Web サーバーにリクエストを数秒以内に送信します。 こうなるのです!

JMeter のタイマー

タイマーにより、JMeter は次のことが可能になります。 遅らせる スレッドが行う各リクエストの間。 タイマーでサーバーの問題を解決できる 過負荷 問題。

だから、 実際には、訪問者はすべて同時に Web サイトにアクセスするわけではなく、異なる時間間隔でアクセスします。 したがって、Timer はリアルタイムの動作を模倣するのに役立ちます。

Following いくつかあります 一般的な JMeter のタイマーのタイプ

コンスタントタイマー

一定のタイマーにより、各ユーザーのリクエストが遅延されます。 同じ 時間の長さ。

Jmeterの定数タイマー

ガウスランダムタイマー

ガウシアン ランダム タイマーは、各ユーザーのリクエストを遅らせます。 ランダム 時間の長さ。

Jmeterのガウスランダムタイマー

計測パラメータ

属性 Description
お名前 ツリーに表示されるこのタイマーのわかりやすい名前
偏差 (ミリ秒) A パラメーター ガウス分布関数の
一定の遅延オフセット (ミリ秒) NEW ミリ秒単位の値

したがって、合計遅延は次の図のように表されます。

Jmeterのガウスランダムタイマー

均一ランダムタイマー

均一ランダム タイマーは、各ユーザーのリクエストをランダムな時間だけ遅延させます。

Jmeterの均一ランダムタイマー

計測パラメータ

属性 Description
お名前 ツリーに表示されるこのタイマーのわかりやすい名前
ランダム最大遅延時間 遅延するランダムな最大ミリ秒数。
一定の遅延オフセット (ミリ秒) NEW ミリ秒単位の値

合計遅延は、ランダム値とオフセット値の合計です。

BeanShell タイマー

また, ビーンシェル タイマーを使用して、 生成する 各ユーザーリクエスト間の遅延時間。

BSFタイマー

BSF タイマーを使用すると、各ユーザー要求間の遅延を生成できます。 BSF スクリプト言語。

JSR223タイマー

JSR223 タイマーを使用すると、 JSR223 スクリプト言語

コンスタントタイマーの使い方

この例では、次を使用します コンスタントタイマー 設定します 固定遅延 ユーザーによる google.com へのリクエストの間。

簡単なテスト スクリプトから始めましょう

  1. JMeter が作成する XNUMXつ ユーザーからのリクエスト http://www.google.com 100 <font style="vertical-align: inherit;">回数</font>
  2. 遅延 各ユーザーリクエストの間は 5000 ms

ここにある ロードマップ この実際的な例の場合:

Jmeter で定数タイマーを使用する

前提条件

We 再利用 チュートリアルのステップ 1 とステップ 2 JMeter パフォーマンス テスト.

ステップ 1) スレッドグループを追加する

上の右クリック テスト計画 新しいスレッド グループを追加します。 Add-> スレッド (ユーザー) ->スレッドグループ

スレッド グループ コントロール パネルで、次のようにスレッド プロパティを入力します。wing

スレッドグループの追加

この設定により、JMeter は XNUMXつ ユーザーからのリクエスト http://www.google.com in 100 <font style="vertical-align: inherit;">回数</font>

ステップ 2) JMeter 要素を追加する

  • HTTPリクエストのデフォルトを追加
  • HTTPリクエストを追加

ステップ 3) 一定タイマーを追加する

右クリックする スレッドグループ -> タイマー -> コンスタントタイマー

定数タイマーの追加

スレッド遅延を 5000 ミリ秒に設定する

定数タイマーの追加

ステップ 4) ビュー結果をテーブルに追加

[結果を表で表示] では、テスト結果が表形式で表示されます。

右クリック Add -> リスナー ->結果を表に表示

ビュー結果をテーブルに追加

結果を表に表示すると、以下の図のように表示されます

ビュー結果をテーブルに追加

ステップ 5) テストを実行する

テストを実行する準備ができたら、 ラン メニューバーのボタン、またはショートキー Ctrlキー+ R

これがこのテストの結果です

テストを実行する

たとえば、上の図で、 サンプル2

  • 開始時刻 22:05:01.866です
  • サンプル時間 サンプル 2 の時間は 172 ミリ秒です
  • コンスタントタイマー: 5000 ミリ秒 (設定どおり)
  • 終了時間 このサンプルの値は = 22:05:01.866 + 172 + 5000 = 22:05:07.038

したがって、サンプル 3 は次の時点で開始する必要があります。 22:05:07.039 (上図に示すように)

また, 遅らせる 各サンプルの 5000 ms

コンスタントタイマーを変更すると、 ゼロ、結果が変更されたことがわかります

テストを実行する

を分析しましょう サンプル1

  • 開始時刻 22:17:39.141です
  • サンプル時間 サンプル 2 の時間は 370 ミリ秒です
  • コンスタントタイマー : 0 ミリ秒 (設定どおり)
  • 終了時間 このサンプルの値は = 22:17:39.141+ 370 + 0 = 22:17:39.511

だから サンプル2 の時間に開始する必要があります 22:17:39.512 (上図に示す)

トラブルシューティング

上記のシナリオの実行中に問題が発生した場合は、次の手順を実行してくださいwing

  1. プロキシ経由でインターネットに接続しているかどうかを確認してください。 「はい」の場合は、プロキシを削除します。
  2. JMeter の新しいインスタンスを開きます
  3. Video Cloud Studioで TimerTestPlan.jmx Jメーターで
  4. Double [スレッド グループ] -> [結果を表に表示] をクリックします。
  5. テストを実行する