サポートパッケージとスタックのアップグレード: SAP SPS

サポートパッケージとは何ですか?

  • SAP のエンド ユーザーは、SAP 製品にバグを発見すると、同じことを SAP サポートに報告します。 SAP プログラマーはバグを検査し、バグの修正を開発します。 この修正は SNOTE (SAP Note) として知られています。
  • 時間が経つと、複数のエンド ユーザーがバグを報告し、SAP が SNOTE をリリースします。 SAP はこれらすべての修正を XNUMX か所に集めており、このコレクションはサポート パッケージと呼ばれます。 このサポート パッケージには、SAP の以前のバージョンの機能強化も含まれています。
  • 簡単に言うと、SAP Notes のコレクションをサポート パッケージと呼びます。
  • サポート パッケージは、トランザクション SPAM (サポート パッケージ マネージャー) を使用して SAP システムに実装されます。

サポート パッケージ スタック (SPS) とは何ですか?

サポート パッケージ スタックは、ABAP と Java SAP NetWeaver に含まれるすべてのソフトウェア コンポーネント (SC) のサポート パッケージ。 各ソフトウェアコンポーネントを導入するために使用されます。 SAP NetWeaver 定義されたサポート パック (SP) レベルまで。

サポート パッケージ スタック (一般に STACK として知られる) は、必要なすべてのコンポーネントまたはすでにテスト済みの個別のパッチをバンドルしており、(特定のコンポーネントにパッチを適用する必要がある問題が発生するまでは) 個別のパッチではなく SPS として適用することをお勧めします。

  https://service.sap.com/sp-stacks/、NW バージョンを選択して、現在の SPS レベルとその他の機能を確認します。tails.

サポート パック スタックのバージョン番号とは何ですか?

サポート パッケージ スタックにはリリース番号とスタック番号があります (例: SAP NetWeaver '04 サポート パッケージ スタック 11)。

各ソフトウェア コンポーネントには、一連の個別のサポート パッケージがあります。 次のことwing リストには、多数のコンポーネントの技術名とそのサポート パッケージの表記が含まれています。

  • COP (コンポーネントパッケージ):
  • SAP_APPL (SAP APPL サポート パッケージ): SAPKH
  • SAP_BASIS (ベーシスサポートパッケージ): SAPKB
  • SAP_ABA (アプリケーションベース SP): SAPKA
  • SAP_HR (SAP HR サポート パッケージ): SAPKE
  • SAP_SCM (SCM サポート パッケージ): SAPKY
  • SAP_BW (BW サポート パッケージ): SAPKW
  • SAP_CRM (CRM サポート パッケージ): SAPKU

サポート パッケージ実装の前提条件

  • サポート パッケージは常にクライアント 000 に適用する必要があります。
  • サポート パッケージの実装に使用されるユーザーには、DDIC または SAP* と同等の権限が必要です。
  • トランザクション SPAM を呼び出して、以前のサポート パッケージのインポートが不完全かどうかを確認します。 以前のサポート パッケージのインポートが成功しない限り、先に進むことができます。
  • トランスポート ディレクトリに十分なスペースがあることを確認してください。 トランスポート ディレクトリは /usr/sap/trans にあります。

サポート パッケージをアップグレードする手順

ステップ 1) サポート パックをダウンロードする

サポート パッケージは、SAP サポート ポータルの次の場所から入手できます。 service.sap.com/patches.

サポートパッケージをアップグレードする

ステップ 2) サポート パッケージのロード:

サポート パッケージをロードするには、XNUMX つのオプションがあります:-

  1. アプリケーションサーバーから
  2. フロントエンドから

アプリケーションサーバーから

  1. サービス マーケットプレイスからサポート パッケージをダウンロードし、ディレクトリ /usr/sap/trans に OS レベルで保存します。
  2. sapcar 実行可能ファイルを使用してこれらのファイルを解凍します。
sapcar –xvf <support package name>

サポートパッケージをアップグレードする

OS レベルでサポート パッケージを解凍すると、.PAT および .ATT ファイルは /usr/sap/trans/EPS/in ディレクトリに保存されます。.

次に、[サポート パッケージ] –> を選択して、サポート パッケージを SAP システムにロードします。パッケージをロードする –> アプリケーションサーバーから

サポートパッケージをアップグレードする

フロントエンドから

[サポート パッケージ] –> [パッケージのロード] –> [フロントエンドから] を選択します。

サポートパッケージをアップグレードする

ステップ 3) SPAM/SAINT アップデート:

SPAM/SAINT アップデートには、サポート パッケージ マネージャー (SPAM) およびアドオン インストール ツール (SAINT) のアップデートと改善が含まれています。 リリースごとに常に XNUMX つのスパム更新が存在します。 SPAM/SAINT アップデートは、サポート パッケージのアップグレード前に必須です。

スパム/SAINT アップデート

ステップ 4) キューの定義

キューには、システムにインストールされているさまざまな SAP コンポーネントで使用できるサポート パッケージが含まれています。 このキュー情報は、ステップ 2 でアップロードされたサポート パックから取得されます。

1.サポートパッケージマネージャーの第一画面で、表示/定義を選択します。

2.インストールされているソフトウェア コンポーネント (SAP_BASIS、SAP_HR、SAP_BW など) のリストが表示されます。

キューの定義

3.必要なコンポーネントを選択すると、現在のキューが表示されます。 このキューには、システム内の選択したコンポーネントで利用可能なサポート パッケージが含まれています。 別のソフトウェア コンポーネントのキューを定義する場合は、[Other Component] を選択します。 表示されたキューが要件を満たしている場合は、「キューの確認」を選択して確認できます。

キューの定義

キューの定義

ステップ 5) キューをインポートしています。

特定のコンポーネント (サポート パックをアップグレードする対象) を選択しながらキューを定義したら (ステップ 4)、「キューのインポート」を実行して、選択した特定のサポート パックのインポート/適用を開始する必要があります (標準 SAP に従って)プロセス)。

[サポート パッケージ] –> [インポート キュー] を選択します。

インポートキュー

既知の問題を理解するには、上のスクリーンショットに記載されている注記を必ずお読みください。

サポートパッケージのインポートが開始されました

インポートキュー

ステップ 6) キューの確認:

キューがシステムに正常にインポートされたことを確認します。 これにより、将来的にサポート パッケージをインポートできるようになります。 キューを確認しないと、それ以上サポート パッケージをインポートすることはできません。

キューを確認中

キューがインポートされると、SPAM ステータスが黄色になります

「サポート・パッケージ」→「確認」を選択して、サポート・パッケージがシステムに正常にインポートされたことを確認します。

キューを確認中

ログの確認

  • インポートログ: トランスポート制御プログラム tp (トランスポート制御プログラム) によって使用されるサポート パッケージ マネージャー フェーズのログが表示されます。 [ログのインポート] -> [キュー] に移動します。

    ログの確認

  • アクションログ: これには、個々のフェーズ中に (現在のキューのインポート中に) 実行されるアクションに関する情報が含まれます。また、フェーズが停止された時点に関する情報や、詳細なエラー情報も含まれます。

    現在のキューのログを表示するには、「アクション ログ」に移動します。

    ログの確認

  • サポート パッケージのインポート中に、tmp ディレクトリ (パス: usr/sap/trans/tmp) にログが作成されます。
  • インポートプロセスが完了すると、ログディレクトリ (パス: usr/sap/trans/log) からログを表示できます。