SSD と HDD の違い: SSD と HDD の違いは何ですか

SSDとHDDの主な違い

  • SSD はデータの読み取りと書き込みが高速ですが、HDD はデータの読み取りと書き込みの速度が遅くなります。
  • SSD の遅延は低くなりますが、HDD の遅延は高くなります。
  • SSD は XNUMX 秒あたりの I/O 操作 (IOPS) をサポートしますが、HDD がサポートする XNUMX 秒あたりの I/O 操作 (IOPS) は少なくなります。
  • SSD ではそのような騒音は発生しませんが、HDD では機械的な動作により騒音が発生する場合があります。
  • HDD は可動部分があるため、衝突や損傷を受けやすくなっていますが、SSD ドライブは最大 2000Hz の振動に耐えることができます。
  • SSDはSolid State Driveの略で、HDDはHard Disk Driveの略です。
SSDとHDDの違い
HDDとSSDの比較

ソリッド ステート ドライブ (SSD) とは何ですか?

ソリッドステートドライブ (SSD)は、ソリッドステート フラッシュ メモリにデータを常に保存および取得する不揮発性ストレージ デバイスです。 ただし、このデータはプラッタではなく相互接続されたフラッシュ メモリ チップに保存されるため、HDD よりも高速になります。 HDDと比べて優れたパフォーマンスを提供します。

ハードディスクドライブ(HDD)とは何ですか?

HDD は磁気を利用しており、回転するプラッター上にデータを保存できます。 データの読み取りと書き込みのために回転するプラッターの上に浮かぶ読み取り/書き込みヘッドを備えています。 プラッターの回転が速いほど、HDD のパフォーマンスも速くなります。 HDD は、I/O コントローラーとファームウェアでも構成されており、ハードウェアに何をすべきかを指示し、残りのシステムと通信します。 HDDの完全な形式はハードディスクドライブです

HDDとSSDの違い

SSDとHDDの違いはこちら

ハード·ディスク·ドライブ 半導体ドライブ
HDD の読み取りおよび書き込み時間が長くなります。 SSD は読み取りおよび書き込み時間が短くなります。
HDD の方が遅延が大きくなります。 SSD は遅延が少ないです。
HDD がサポートする XNUMX 秒あたりの I/O 操作 (IOPS) は少なくなります。 SSD は、より多くの I/O 操作/秒 (IOPS) をサポートします。
長期間にわたって、より大きなファイルを HDD に保存すると、断片化が発生する可能性が高くなります。 SSD ドライブでは断片化は発生しません。
HDD にはさまざまな容量があります。 SSD ドライブのストレージ容量には制限があります。
HDDはハードディスクドライブの略です。 SSDはソリッド・ステート・ドライブの略です。
HDD はデータの読み取りおよび書き込み速度が遅くなります。 SSD はデータの読み取りと書き込みが高速です。
HDDの重量はさらに重くなります。 SDD ドライブには回転ディスク スピンドルとミラーがないため、HDD ドライブよりも軽量です。
HDD ドライブは断片化によりパフォーマンスが低下します。 SSD ドライブのパフォーマンスは断片化によって影響を受けることはありません。
HDD は可動部品であるため、振動による衝突や損傷を受けやすくなります。 SSD ドライブは最大 2000Hz の振動に耐えることができ、これは HDD よりも優れています。
HDD にはアームなどの可動部品が含まれています。 SSDには機械部品は含まれておらず、ICなどの電子部品のみが含まれています。
HDD ドライブは古く、より伝統的です。 SSD は新しいタイプのストレージ ドライブです。
HDD は機械的な動作によりノイズを発生することがあります。 SSDはノイズを発生しません。
HDD は通常、デスクトップおよびラップトップでは 3.5 インチおよび 2.5 インチのサイズです。 SDD は 2.5 インチ、1.8 インチ、および 1.0 インチで利用でき、コンピュータ、特にデスクトップまたはサーバーの利用可能なスペースを増やします。
HDD には可動部分と磁気プラッターがあります。 使用回数が増えると、故障する可能性が高くなります。 SDD ドライブには可動部品がありません。 使用回数が増えると、失敗する可能性が低くなります。

SSD と HDD の速度

速度の点では、SSD には HDD のような電気回路や可動部品がないため、SSD は HDD よりもはるかに高速です。 一般的な 7200 RPM HDD は 80 ~ 160 MB/s の読み取り/書き込み速度を実現できますが、一般的な SSD は 200 ~ 550 MB/s の読み取り/書き込み速度を実現できるため、パフォーマンスを向上させるには理想的な選択肢となります。

ハードドライブはどのように機能するのでしょうか?

ハードドライブの作業
ハードドライブの仕組み

また, ハード・ドライブ データを保存する多数の回転する磁気プラッターと、プラッターの表面上を移動する機械アーム上の多数の読み取り/書き込みヘッドで構成されます。

プラッターの特定のセクターでデータを読み書きするには、ヘッドが適切な位置に移動し、プラッターが回転するときにセクターがその下を通過するのを待つ必要があります。

SSDはどのように動作するのでしょうか?

SSDの仕事

SSDはどのように動作するのでしょうか?

SSD ドライブは HDD とはまったく異なる動作をします。 これは、ソリッドステート媒体、通常は NAND (フラッシュとして知られる) を使用します。 NAND へのデータの書き込みまたは NAND からのデータの読み取りは、デバイスの頭脳であるコントローラーによって行われます。

SSD では、SSD のすべての部分に同じ時間内にアクセスできるため、変動するシーク時間や回転遅延はありません。 SSD の読み取り速度と書き込み速度にはばらつきがあるため、データの読み取りは非常に高速ですが、SSD の書き込み速度は非常に遅くなります。 それは、 SSDストレージ は個々の NAND セルで構成されており、XNUMX ビットのデータを保存するのに役立ち、セルのグループはページに編成されます。 さらに、ページのグループはブロックに編成されます。

HDDのメリット

HDD を使用する利点は次のとおりです。

  • 大容量のストレージを提供します。
  • コンピュータをシャットダウンしても、保存されたアイテムは失われません。
  • パソコン内に固定されているので紛失することはありません。
  • コンピュータはそれらと簡単に通信できます。
  • テキストドキュメント、画像、ビデオなどのデータを保存できます。
  • HDD デバイスには、オペレーティング システム ファイルとソフトウェア関連ファイルを保存できます。
  • サイズは非常に小さく、持ち運びに便利です。
  • SSDに比べて安価です。

SSDのメリット

SSD ドライブを使用する利点は次のとおりです。

  • SSD ドライブのアクセス速度は 35 ~ 100 マイクロ秒です。 HDDの100倍のパフォーマンスを発揮できるということです。
  • SSD はモバイルに適しており、常時移動するのに非常に適しているため、コンポーネントや可動部品が軽量です。
  • SSD ドライブは耐性があり、耐久性に優れています
  • SDD はフラッシュ メモリを使用してデータを保存するため、信頼性が向上します。

HDDのデメリット

HDD を使用する場合の欠点/短所は次のとおりです。

  • ハードディスクがクラッシュすると、コンピュータは動作しなくなります。
  • HDDドライブがクラッシュしたり破損したりすると、大切なデータが失われてしまいます。
  • ハードディスクが故障した場合、データの復旧は困難です。
  • 通常の「ヘッド」はクラッシュする可能性があり、ディスクの表面に損傷を与えます。
  • ハードディスクはパソコン内に固定されているため、他のパソコンに移すことはできません。

SSDのデメリット

SSDを使用する場合の欠点/短所は次のとおりです。

  • SDD の初期費用は HDD よりもはるかに高い
  • SSD では、ドライブの一部に対してデータの書き込み、消去、再書き込みができる回数が制限されています。
  • SSD の最大容量には制限があります。 ただし、フラッシュ メモリの進歩により、SSD のストレージ容量は着実に増加しています。

HDD と SSD: どちらを選択するべきですか?

価格が制約にならない場合は、SSD に投票します。 超高速、耐久性、信頼性が高いです。

アプリケーションが頻繁な R/W (アーカイブ/バックアップなど) を行わずに非常に大容量のストレージを必要とする場合は、HDD を選択してください。

SSD が私たちの第一の選択ですが