SAP の特別在庫と特別調達

場合によっては、物流プロセスで特別な調達タイプを使用する必要があります。

  • 委託
  • 下請け
  • 在庫転送オーダーを使用した在庫転送
  • 第三者による処理
  • リターナブル輸送用梱包材
  • パイプラインの処理

特別調達タイプの目的のために、特別在庫タイプがあります。

SAP の特別在庫と特別調達

ドキュメントの購入に使用できるアイテムカテゴリ。

SAP の特別在庫と特別調達

これらの特別調達タイプと特別在庫タイプがどのように使用されるかを以下で見ていきます。wing プロセス。

委託

委託販売とは、調達した商品がまだベンダーの所有物であることを意味しますが、当社は材料を在庫として保管し、直接販売することができます。 商品は消費された場合にのみ当社の所有物となります。

以下の図に、考えられる XNUMX つの委託シナリオ/プロセスが示されています。

SAPでの委託販売

どちらの場合も、プロセスの基本は仕入先委託品の入庫です。 その後、委託品が当社の倉庫に到着します。 委託在庫から商品を販売したい場合は、倉庫から店舗の委託在庫に在庫を移動し、委託在庫から直接販売することができます。

一方、商品を委託在庫として保管しないことを選択した場合は、自社在庫への振替転記を行うことができます。 その後、当店に発送し、自社在庫として販売させていただきます。

委託プロセスでは、いくつかの情報を事前定義するために、ベンダーと材料の組み合わせの購入情報レコードを作成する必要があります。 later プロセスで使用されます。

このシステムでは、委託在庫の受け取りはいくつかの簡単な手順で行われます。 委託品の受け取り

ステップ1) 次を使用して材料の発注書を作成します。 ME21N トランザクション。

  1. アイテムカテゴリを入力してください K – 委託品。

SAPでの委託販売

ステップ2) 入庫を転記します ミゴ トランザクション。

  1. 移動タイプが 101、特別在庫インジケーターは K – 委託在庫(ベンダー)。
  2. 項目に「OK」をチェックして投稿します。

SAPでの委託販売

仕入先委託品の入庫を転記すると、品目の在庫概要が変更されたことを確認できます。

現在、ベンダー委託品の行には無制限として 120 個あります。

SAPでの委託販売

ステップ3) プロセス図から XNUMX つの異なるシナリオに分岐します。

  • この時点から、MIGO トランザクションを使用して店舗保管場所への在庫転送を作成できます。 その後、委託在庫から商品を販売することができます(販売時点で支払い義務が発生します)。
  • 2 番目のシナリオでは、自社在庫 (この時点では支払義務) への振替転記を作成できます。 Later 商品に関しては好きなことを何でもできます。

商品到着時に自社在庫への転送転記を登録したとします。 を使用してそれを行うことができます MB1B 特殊ストックタイプインジケーター付き K、および移動タイプ 411.

その後、在庫レベルが 244 個で、すべて 0001 無制限であることがわかります。 当社の 120 個が委託品から自社在庫に移されました。

SAPでの委託販売

ステップ4) を使用して請求書を作成していません。 MIRO 委託品のお取引。その代わりに、負債は次のように決済されます。 Mrko 適切な期間の取引。

  1. 実行する Mrko トランザクション。
  2. 入力します 会社コード > ベンダー.
  3. 日付範囲を入力してください (好みに応じて文書の日付を使用できます)。
  4. 解決したい特別調達タイプを選択してください。 委託.
  5. 利用可能な文書を表示するか決済するかを選択します。 選ぶ ディスプレイ.
  6. 表示のみ 出金が決済されていない 表示/決済されたレコードを品目ごとに制限することもできます。実行する.

SAPでの委託販売

ステップ5)

  • まず、選択可能なドキュメントを表示することを選択します。
  • 文書が次のとおりであることがわかります。 未解決.

SAPでの委託販売

  • 初期画面に戻り選択してください セトル ディスプレイの代わりに。 実行する.
  • ドキュメント 5100000001 が作成されたというメッセージが表示されます。

SAPでの委託販売

  • 戻ってドキュメントの表示を選択し、決済された出金を表示することを選択します。
  • これで、リクエストに一致するレコードが見つかりました。 現在のステータスが確認できます 定住.

SAPでの委託販売

これで委託在庫の手続きは完了です。

在庫輸送オーダー

在庫転送プロセスでは、企業内で商品が調達および供給されます。 あるプラントが別のプラントに商品を発注します (これらのプラントは入庫プラント/出庫プラントと呼ばれます)。

特別なタイプの発注書、つまり在庫転送オーダーを使用できます。 配送プロセスは、在庫管理または物流実行の出荷コンポーネントで実行できます。

SAP での在庫転送オーダー

ステップ1) を使用して注文書を作成します ME21N.

  1. ドキュメントの種類を選択してください UB – 株式輸送注文.
  2. 供給工場 – 001 を選択します。
  3. 受入プラント購買組織 – 0002 を選択します。
  4. 購買グループと会社コード。
  5. 品目概要画面で、品目番号と数量を入力します。
  6. 受け取りプラントと保管場所を選択します。

SAP での在庫転送オーダー

ドキュメントを保存します。

SAP での在庫転送オーダー

ステップ2) を使用して出庫プラントから出庫を転記します。 ミゴ トランザクション。

  1. 選択する TO07- 出庫.
  2. 選択する R01- 購入注文.
  3. 商品を発行する保管場所を入力します。
  4. トランザクションを保存します – 出庫を転記します。

SAP での在庫転送オーダー

投稿後、資料が届きます。

SAP での在庫転送オーダー

ステップ3) 在庫転送オーダーに対する入庫プラントへの入庫を実行します – ミゴ.

  1. 選択する TO01- レシート.
  2. 選択する R01 – 注文書.
    商品受領書を転記します。

SAP での在庫転送オーダー

これで工場から工場への在庫移動が完了しました。

SAP での在庫転送オーダー

植物のストックが見られるようになりました。 オーバースドルフ工場には現在 12 個の品目 10599999 があります。

SAP での在庫転送オーダー

在庫転送オーダーは、出荷プロセスを使用して実行することもできます。 トランザクション内の発注書 (在庫転送オーダー) に基づいて出荷伝票を登録できます。 VL10B。 次に、を使用して出庫を転記できます。 VL02N トランザクション (出荷伝票の変更)。 最後に、受入プラントからの納入に対して PGR (入庫後) を実行できます。

下請け

下請けでは、製品を製造するベンダーにコンポーネントを提供します。 その後、製品は発注書を通じて会社によって発注されます。 注文された製品を製造するためにベンダーが必要とするコンポーネントは、BoM (BoM) を通じて発注書にインポートされます。Bill 材料の)、ベンダーに提供されます。 請負業者が完成品を製造した後、入庫を転記できます。

ステップ1) BOM が維持されている品目の標準発注書を作成します。

  1. 品目カテゴリを使用して発注書を作成する L.
  2. 入庫時に材料を配置する保管場所を入力します。

SAP での下請け

ステップ2) [材料データ]タブで、[コンポーネント]または[BOMの分解]アイコンをクリックします。

SAP での下請け

コンポーネント画面で、コンポーネントを発行する保管場所を入力します。

資料用に偽の BoM を作成しました (半導体とプラスチックと呼ばれる 40 つのコンポーネントから XNUMX インチの LCD TV を作成することはできません) が、目的を達成するには十分です (BoM は次のように作成できます)。 CS01 テスト教材として持っていない場合は、トランザクションを行ってください)。

SAP での下請け

注文書を保存します。

SAP での下請け

PO をリリースする必要がある場合は、次を使用してリリースします。 ME29N.

ステップ3) 在庫監視取引では、ベンダーにコンポーネントを提供します。

  1. トランザクションME2Oを実行します。
  2. ベンダーを入力します。
  3. プラントに入ります。実行します。

SAP での下請け

ステップ4) 仕入先に転送する未処理品目のリストを取得します。 注文書からコンポーネントを確認できます。

  1. コンポーネントを選択します ( boxコンポーネントの材料番号の横にある)。
  2. 出庫をポストします。

SAP での下請け

ステップ5) PGI されるアイテムを確認するよう求められます。

適切な保管場所と数量を確認してください。 すべてのコンポーネントに対してこれを行います。

SAP での下請け

ステップ6) このような画面が表示され、2 つの項目に対して PGI が正常に完了したことが確認されます。

SAP での下請け

ステップ7) 次の画面は次のようになります。

SAP での下請け

移動タイプ 541 の構成品目の入出庫伝票があることがわかります。

SAP での下請け

ステップ8) 購買発注に対して入庫を転記して、仕入先から完成品を受け取ることができます。

SAP での下請け

これで、下請け業者にコンポーネントを発行し、完成品を受け取りました。

ME2O トランザクションを使用してコンポーネントの出荷伝票を登録し、VL02N を通じて出庫を転記することもできます。 ほとんどの場合、この種の処理は下請けで行われます。