SAP HR 時間管理: PA51、PA53、PA61、PA62、PA63

このチュートリアルでは、SAP HR 時間を管理する重要な要素を検討します。

SAP HR 時間データには以下が含まれます

  • 毎日の労働時間
  • 欠勤(年次休暇、病気休暇、長期勤続休暇など)
  • 時間関連の支払い(残業代、食事手当、シフト手当など)
  • 欠勤割当て(累積、控除、修正)
  • 未使用の欠勤割当て残高に対する欠勤割当て補償

時間の種類

  • 時間データ (出席または欠席) は、時間タイプを使用して保存されます。
  • 時間タイプは、HR マスタデータに保存されるか、勤怠評価中に勤怠評価プログラムによって作成されます。 これらには 4 桁のコードが割り当てられています。
  • 例: 時間関連の支払い = 時間タイプ 2000 ~ 2499、欠勤 = 時間タイプ 2500 ~ 2999

タイムデータ記録

従業員の時間を記録するには SAP R/3 時間管理 (労働時間、出張、休暇、代替勤務など) では、次のようなさまざまなシステムと方法を使用できます。

  • 時間管理者によるオンライン
  • 個別の時間記録システム
  • クロスアプリケーション タイムシート (CATS)
  • 従業員セルフサービス (ESS) アプリケーション (インターネット アプリケーション コンポーネント (IAC)、ワークフロー フォーム、タッチ スクリーン システムなど)
  • R/3 システムへのインターフェースを備えた顧客 (レガシー) システム

欠席と出席のカテゴリー

欠席には 2 つのカテゴリがあります。

  1. ノルマに基づく欠勤
  2. ノルマに基づく欠勤以外の欠勤

ノルマに基づく欠勤 欠席は 設定された期間にわたって割り当てられた制限 (年次休暇など)。

  • これらの欠勤は、法的および/または経済的な理由から記録する必要があります。
  • 権利は可能です 期間の初めに与えられる (例: 年の合計として)、または 徐々に与えられる 合計期間はいくつかの小さな部分に分割されます(地域の慣行や規制に応じて、見越額として、たとえば毎月)。
  • 有効期限内に、 権利残高から控除できる (負の値を保持する可能性があります)。
  • 権利残高は、ある年から次の年に追加することも、毎年新しい値に置き換えることもできます。

ノルマに基づく欠勤以外の欠勤 欠席は 定期的な制限はありません (学業休暇、忌引休暇、無給休暇など)。

いくつかの重要な時間管理インフォタイプ

欠席 2001
出席 2002
時間とともに 2005
欠勤割当て 2006
出席ノルマ 2007
タイムイベント 2011

重要な時間取引

  • PA51:表示時間データ
  • PA53:表示時間データ
  • PA61: メンテナンス。 時刻データ
  • PA62: 追加データのリストエントリ
  • PA63: メンテナンス。 タイムデータ PA64: カレンダーエントリ