SAP Hana のユニオン & ユニオン オール

SAP HANA 演算子は、計算、値の比較、または値の割り当てに使用できます。

SAP HANA オペレーター

  • 単項演算子と二項演算子
  • 算術演算子
  • 文字列演算子
  • 比較演算子
  • 論理演算子
  • 集合演算子

単項演算子と二項演算子

演算子 操作 Description
単項 単項演算子は XNUMX つのオペランドに適用されます 単項プラス演算子(+) 単項否定演算子(-) 論理否定(NOT)
バイナリ 二項演算子は XNUMX つのオペランドに適用されます 乗算演算子 ( *、/ ) 加算演算子 ( +、- ) 比較演算子 ( =、!=、<、>、<=、>=) 論理演算子 ( AND、OR )

算術演算子

  • 加算 (+)
  • 減算 (-)
  • 乗算 ( * )
  • 分割 ( / )

文字列演算子

文字列演算子は、文字列、式、定数などの XNUMX つの項目を XNUMX つに結合する連結演算子です。

XNUMX 本の縦棒「||」 連結演算子として使用されます。

比較演算子

比較演算子は XNUMX つのオペランドを比較するために使用されます。 以下は比較演算子のリストです。

  • ( = ) に等しい
  • より大きい ( > )
  • 未満 ( < )
  • 以上 ( > = )
  • 以下 ( < = )
  • 等しくない (!= , <> )

論理演算子

検索条件には論理演算子が使用されます。

例: WHERE 条件 1 AND / OR / NOT 条件 2

以下は論理演算子のリストです –

  • AND – (例: WHERE 条件 1 AND 条件 2)
    Condition1 と Condition2 の両方が true の場合、結合条件は true、それ以外の場合は false になります。
  • OR – (例: WHERE 条件 1 OR 条件 2)
    Condition1 または Condition2 が true の場合、結合条件は true になり、両方の条件が false の場合は false になります。
  • NOT – (例: WHERE NOT 条件)
    NOT 条件が true の場合、Condition が false です。

集合演算子

  • UNION – XNUMX つ以上の選択ステートメントまたはクエリを重複せずに結合します。
  • UNION ALL – すべての重複行を含め、XNUMX つ以上の選択ステートメントまたはクエリを結合します。
  • INTERSECT – XNUMX つ以上の選択ステートメントまたはクエリを結合し、すべての共通行を返します。
  • EXCEPT – 最初のクエリから出力を取得し、XNUMX 番目のクエリで選択された行を削除します。

例えば いくつかの値が共通する 1 つのテーブル (table2、tableXNUMX) があります。

SAT HANA の集合演算子

これら XNUMX つのテーブルには Set 演算子 (Union、Union ALL、Intersect、例外) を使用します。 SQL 以下のように -

テーブル 1 の作成 - SQL スクリプト

CREATE	 COLUMN TABLE DHK_SCHEMA.TABLE1
(        ELEMENT CHAR(1),			
       PRIMARY KEY (ELEMENT)
);			
INSERT INTO DHK_SCHEMA.TABLE1 VALUES ('P');
INSERT INTO DHK_SCHEMA.TABLE1 VALUES ('Q');			
INSERT INTO DHK_SCHEMA.TABLE1 VALUES ('R');			
INSERT	INTO DHK_SCHEMA.TABLE1 VALUES ('S');			
INSERT	INTO DHK_SCHEMA.TABLE1 VALUES ('T');

テーブル 2 の作成 - SQL スクリプト

CREATE	COLUMN TABLE DHK_SCHEMA.TABLE2
(        ELEMENT CHAR(1),			
       PRIMARY KEY (ELEMENT)
);			
INSERT INTO DHK_SCHEMA.TABLE2 VALUES ('S');			
INSERT INTO DHK_SCHEMA.TABLE2 VALUES ('T');			
INSERT INTO DHK_SCHEMA.TABLE2 VALUES ('U');			
INSERT INTO DHK_SCHEMA.TABLE2 VALUES ('V');			
INSERT INTO DHK_SCHEMA.TABLE2 VALUES ('W');

Note: ここで「DHK_SCHEMA」はスキーマ名です。ユーザーはスキーマ名を変更できます。 SQL それに応じて。

集合演算子の例は以下のとおりです

演算子 SQLクエリ 出力 あなたが使用します
連合 SELECT *

FROM

(

SELECT ELEMENT

FROM DHK_SCHEMA.TABLE1

連合

SELECT ELEMENT

FROM DHK_SCHEMA.TABLE2

)
注文 要素別;

集合演算子

XNUMX つ以上のクエリの結果を重複せずに結合します。
UNION ALL SELECT *

FROM

(

SELECT ELEMENT

FROM DHK_SCHEMA.TABLE1

UNION ALL

SELECT ELEMENT

FROM DHK_SCHEMA.TABLE2

)

注文 BY 要素;

集合演算子

XNUMX つ以上のクエリの結果をすべての重複と結合します。
交差する SELECT *

FROM

(

SELECT ELEMENT

FROM DHK_SCHEMA.TABLE1

交差する

SELECT ELEMENT

FROM DHK_SCHEMA.TABLE2

)

注文 BY 要素;

集合演算子

XNUMX つ以上のクエリの結果をすべての共通行と結合します。
例外 SELECT *

FROM

(

SELECT ELEMENT

FROM DHK_SCHEMA.TABLE1

例外

SELECT ELEMENT

FROM DHK_SCHEMA.TABLE2

)

注文 BY 要素;

集合演算子

最初のクエリから出力を取得し、XNUMX 番目のクエリで選択された行を削除します