SAP HANA 分析ビュー

SAP HANA の分析ビューとは何ですか?

SAP HANA 分析ビュー STAR スキーマ モデリングに基づいており、OLAP/多次元モデリング オブジェクトを表します。 SAP HANA 分析ビューは立方体のような構造を形成し、データの分析に使用されます。 分析ビューは主に、基になるテーブルから集計されたデータが必要なシナリオで使用されます。

SAP HANA Analytic ビューでは、ディメンション テーブルがトランザクション データを含むファクト テーブルと結合されます。 ディメンション テーブルには説明データが含まれています。 (例: 製品、製品名、ベンダー、顧客など)。 ファクト テーブルには、説明データと測定可能なデータ (金額、税金など) の両方が含まれています。

SAP HANA 分析ビューの例

ここでは、以前に作成した属性ビュー「AT_PRODUCT」に基づいて、発注書の分析ビューを作成します。

これには、テーブル発注書ヘッダーと発注書詳細テーブルを使用します。

SQLスクリプト 「DHK_SCHEMA」にテーブル「PURCHASE_ORDER」を作成する場合

CREATE COLUMN TABLE "DHK_SCHEMA"."PURCHASE_ORDER"					
(		
PO_NUMBER NVARCHAR(10) primary key,							
COMPANY NVARCHAR (4),			
PO_CATEGORY NVARCHAR(2),			
PRODUCT_ID NVARCHAR(10),			
VENDOR NVARCHAR(10),			
TERMS NVARCHAR(4),			
PUR_ORG NVARCHAR(4),			
PUR_GRP NVARCHAR(3),			
CURRENCY NVARCHAR(5),			
QUOTATION_NO NVARCHAR(10),			
PO_STATUS VARCHAR(1),			
CREATED_BY NVARCHAR(20),			
CREATED_AT DATE		
);		

INSERT	INTO "DHK_SCHEMA"."PURCHASE_ORDER" VALUES(1000001,1000,'MM','A0001','V000001','CASH' ,1000,'GR1','INR',1000011,'A','HANAUSER','2016-01-07');																													
INSERT INTO "DHK_SCHEMA"."PURCHASE_ORDER" VALUES(1000002,2000,'MM','A0002','V000001','CASH',1000,'GR1','INR',1000012,'A','HANAUSER','2016-01-06');																			
INSERT INTO "DHK_SCHEMA"."PURCHASE_ORDER" VALUES(1000003,2000,'MM','A0003','V000001','CASH',1000,'GR1','INR',1000013,'A','HANAUSER','2016-01-07');																			
INSERT INTO "DHK_SCHEMA"."PURCHASE_ORDER" VALUES(1000004,2000,'MM','A0004','V000001','CASH',1000,'GR1','INR',1000014,'A','HANAUSER','2016-01-07');

「DHK_SCHEMA」にテーブル「PURCHASE_DETAIL」を作成するSQLスクリプト

CREATE	 COLUMN TABLE "DHK_SCHEMA"."PURCHASE_DETAIL"					
(		
PO_NUMBER NVARCHAR(10) primary key,							
COMPANY NVARCHAR(4),			
PO_CATEGORY NVARCHAR(2),			
PRODUCT_ID NVARCHAR(10),			
PLANT NVARCHAR(4),			
STORAGE_LOC NVARCHAR(4),			
VENDOR NVARCHAR(10),			
TERMS NVARCHAR(4),			
PUR_ORG NVARCHAR(4),			
PUR_GRP NVARCHAR(3),			
CURRENCY NVARCHAR(5),			
QUANTITY SMALLINT,			
QUANTITY_UNIT VARCHAR(4),			
ORDER_PRICE DECIMAL(8,2),			
NET_AMOUNT DECIMAL(8,2),			
GROSS_AMOUNT DECIMAL(8,2),			
TAX_AMOUNT DECIMAL(8,2)			
);		


INSERT	INTO "DHK_SCHEMA"."PURCHASE_DETAIL"	VALUES(1000001,1000,'MM','A0001',1001,101,
'V000001','CASH',1000,'GR1','INR',10,'UNIT',50000.00,40000.00,50000.00,10000.00);																									
INSERT	INTO "DHK_SCHEMA"."PURCHASE_DETAIL"	VALUES(1000002,2000,'MM','A0002',1002,102,
'V000002','CASH',1000,'GR1','INR',10,'UNIT',60000.00,48000.00,60000.00,12000.00);																									
INSERT	INTO "DHK_SCHEMA"."PURCHASE_DETAIL"	VALUES(1000003,2000,'MM','A0003',1003,103,
'V000001','CASH',1000,'GR1','INR',20,'UNIT',40000.00,32000.00,40000.00,8000.00);																									
INSERT	INTO "DHK_SCHEMA"."PURCHASE_DETAIL"	VALUES(1000004,2000,'MM','A0004',1004,104,
'V000002','CASH',1000,'GR1','INR',20,'UNIT',20000.00,16000.00,20000.00,4000.00);																	

このテーブルスクリプトを使用すると、データを含むXNUMXつのテーブル「PURCHASE_ORDER」と「PURCHASE_DETAIL」が作成されます。

SAP HANA で分析ビューを作成する方法

すでに作成されている属性ビュー「AT_PRODUCT」、テーブル「PURCHASE_ORDER」および「PURCHASE_DETAIL」を使用して、「AN_PUR​​CHASE_ORDER」という名前の SAP HANA 分析ビューを作成します。

ステップ 1) 新しい分析ビューを作成する

  1. DHK_SCHEMA パッケージの下の Modeling サブパッケージを選択します。
  2. 右クリック→「新規」をクリックします。
  3. 「分析ビュー」オプションを選択します。

SAP HANA で分析ビューを作成する

ステップ 2) 分析ビューの情報ビュー エディターが表示されます。

  1. 分析ビュー名を「AN_PUR​​CHASE_ORDERS」として入力し、そのラベルを入力します。
  2. ビューの種類として「分析ビュー」を選択します。

SAP HANA で分析ビューを作成する

データを選択したら、「完了」ボタンをクリックします。

分析ビュー用に情報ビュー エディターが表示されます。

ステップ 3) シナリオ ペインの Data Foundation ノードのスキーマからテーブルを追加する

シナリオ ペインの下には XNUMX つのノードがあります。

  1. セマンティクス: このノードはビューの出力構造を表します。
  2. 参加を開始: このノードは、属性ビューとファクト テーブルを結合するために結合を作成します。
  3. データ基盤: このノードでは、分析ビュー用の FACT テーブルを追加します。 複数のテーブルを追加できますが、選択できるのは XNUMX つのテーブルのみです。
  4. テーブル「PURCHASE_ORDER」と「PURCHASE_DETAIL」を DHK_SCHEMA からシナリオ ペインの Data Foundation ノードにドラッグ アンド ドロップします。

SAP HANA で分析ビューを作成する

ステップ 4) スター結合ノードに属性ビューを追加する

  1. モデリングパッケージから「AT_PRODUCT」属性ビューを選択します。
  2. スター結合ノードの属性ビューをドラッグ アンド ドロップします。

SAP HANA で分析ビューを作成する

ステップ 5) 同じウィンドウの詳細パネルで、指示に従って操作します。

  1. データファンデーションノードをクリックします。 データファンデーションノードに追加されたテーブルが詳細セクションに表示されます。
  2. 「PO_NUMBER」フィールドでテーブル「PURCHASE_ORDER」をテーブル「PURCHASE_DETAIL」に結合します。
  3. 結合タイプとカーディナリティを入力します。

SAP HANA で分析ビューを作成する

「OK」ボタンをクリックします。

ステップ6) 以下を選択しますwing 同じウィンドウ内の列、

  1. 「PURCHASE_DETAIL」テーブルからPO_NUMBER、COMPANY、PO_CATEGORY、PRODUCT_ID、PLANT、STORAGE_LOCを選択します。
  2. 「PURCHASE_DETAIL」テーブルから CURRENCY 列を選択します。
  3. GROSS_AMOUNT、TAX_AMOUNT を選択します。
  4. 「PURCHASE_HEADER」テーブルから PO_STATUS、CREATED_BY、CREATED_AT 列を選択します。

SAP HANA で分析ビューを作成する

選択したすべての列 (オレンジ色) が分析ビューの出力に表示されます。

ステップ 7) 次に、属性ビューをファクト テーブル (データ ファンデーション) に結合します。

以下のように、セマンティック ペインで [スター結合ノード] をクリックします。

SAP HANA で分析ビューを作成する

属性ビューとファクト テーブルが詳細ペインに表示されます。 次に、以下のように属性ビューをファクトテーブルに結合します。

「PRODUCT_ID」列で属性ビューとデータ ファンデーションを結合します。

SAP HANA で分析ビューを作成する

「結合」リンクをクリックすると、「結合を編集」のポップアップが表示されます。 結合タイプを「参照」、カーディナリティ 1…1 として定義します。

SAP HANA で分析ビューを作成する

「OK」ボタンをクリックします。

ステップ 8) ビューの属性、メジャー、キーを定義します。

  1. シナリオ ペインでセマンティクス ノードを選択します。

    SAP HANA で分析ビューを作成する

  2. 「De」の下の「列」タブを選択しますtails ペイン。
  3. 列タイプを属性およびメジャーとして定義します。メジャーとして定義されている「GROSS_AMOUNT」を除くすべての列を属性として定義しました。

SAP HANA で分析ビューを作成する

ステップ 9) 分析ビューを検証してアクティブ化する

  1. 分析ビューを検証します。
  2. 分析ビューをアクティブ化します。

SAP HANA で分析ビューを作成する

これで、分析ビュー「AN_PUR​​CHASE_ORDERS」がモデリング サブパッケージの分析フォルダーに作成され、アクティブ化されます。

SAP HANA で分析ビューを作成する

ステップ 10) 分析ビューでデータをプレビューする

  1. ツールバーセクションに移動し、「データプレビュー」アイコンをクリックします。
  2. 「データ プレビュー エディターで開く」を選択します。

SAP HANA で分析ビューを作成する

ここでも 3 つのオプションを使用してデータ プレビュー エディターでデータを表示します。

  1. 分析– このタブでは、属性をドラッグ アンド ドロップし、ラベル軸と値軸で測定する必要があります。 出力はチャート、テーブル、グリッド、HTML 形式で確認できます。

SAP HANA で分析ビューを作成する

  1. 独特の価値観 – 個別の値には、選択した属性の個別の値が表示されます。 一度に選択できる属性は XNUMX つだけです。

SAP HANA で分析ビューを作成する

  1. Rawデータ – 以下のように [Raw Data] タブからテーブル形式で表示されます –

    SAP HANA で分析ビューを作成する

注: SAP HANA 分析ビューには属性ビューのみを含めることができ、結合はサポートされません。