SAP MM のリリース戦略 – 発注書の手順

購買文書のリリースは、それを承認することを意味します。 このために、当社の MM コンサルタントは、使用するリリース手順を作成できます。 文書のリリースを制御するために使用できるオプションは数多くあります。

知っておくべき重要な情報は、購入ドキュメントはリリース後に変更できないということです。 つまり、最終バージョンのみをリリースする必要があります。 未リリースの文書 (RFQ – 見積依頼、PO – 発注書、分納契約、契約書) は、それ以上処理することはできません (RFQ を見積書に変換し、PO を入庫に変換し、請求書検証を行う)。 プロセスフロー:

SAP MM のリリース戦略

リリース戦略

さまざまな状況に応じてさまざまな戦略を立てることができます。 たとえば、文書タイプに応じてリリース戦略を定義したり、購買組織、購買グループ、または購買文書に関するその他の重要な情報に基づいてリリース戦略を定義したりできます。

ほとんどの場合、最もよく使用されるリリース戦略の XNUMX つは、購入文書の価値に基づくものです。

リリース戦略の定義

ステップ1) 100 ユーロを超える購入ドキュメントについてのみ手動リリースを要求するリリース戦略を定義してみましょう。 たとえば、50 ユーロの価格の PO がある場合、それは自動リリースされます (リリースをさらに処理する必要はありません)。 100 ユーロを超える注文書にはリリースが必要になります。

このためには、バックグラウンドで特性を指定する必要があります。

  1. これを行うことができます CT04 トランザクション。

    正味価値 特性が定義されています。

  2. 100ユーロ以上の価値があります。

SAP MM でのリリース戦略の定義

ステップ2) 追加データタブでフィールドを特性に割り当てます。 この項目は購買伝票値であるため、項目 CEKKO-GNETW を特性に割り当てます。

SAP MM でのリリース戦略の定義

ステップ3) 特性を保持するクラスも指定する必要があります。

  1. それを実現するための T コードは、 CL02.
  2. このクラスでは、クラス名、クラス タイプ、
  3. 説明とステータス、
  4. 有効期間、
  5. 同じ分類です。

SAP MM でのリリース戦略の定義

ステップ4) 特性をクラスに割り当てる。 その後、割り当てることができます 正味価値 というクラスに REL_PUR.

SAP MM でのリリース戦略の定義

ステップ5) Following カスタマイズ時に手順を実行する必要があります。

  • リリース グループを作成します (リリース グループにクラスを割り当てます - この場合は REL_PUR)。
  • リリース コードを作成します (リリース グループを割り当てます)。
  • リリースインジケーターを作成します (例: 1-ブロック、2-リリース)。
  • リリース戦略の作成。
  • リリースグループとリリースコードをリリース戦略に割り当てます。
  • 戦略のリリース ステータス (ブロックおよびリリース) を定義します。
  • 分類の維持 (リリース戦略が適用される NETVALUE 値を設定します。これを >100 に設定できます。これは、100 ユーロを超える価値を持つすべての購買ドキュメントがこのリリース戦略の対象となることを意味します)。
  • リリース戦略シミュレーションを実行して、正しく機能するかどうかを確認することもできます (オプション)。

その後、戦略が設定され、ライブ システムを試してみる準備が整います。

ステップ6) 注文書が 100 ユーロを超える金額で作成されたことがわかります。 100 ユーロ未満の PO を作成すると、自動リリースされます。

  1. これら XNUMX つのステータスは、PO がリリース中であることを意味します (これは、さらなる処理が可能になる前に承認される必要があることを示すリリース プロセスの対象となります)。 もう XNUMX つは現在のステータスを示します – ブロックされました まだ発売されていないという意味です。
  2. 価値は24,000ユーロで、100ユーロを超えています。

SAP MM でのリリース戦略の定義

これで、さらなる処理のために有効になるようにリリース (承認) する必要がある注文書ができました。

注文書の発行

購入書類の実際のリリースには、t コードを使用できます。 ME28.

ステップ1)

  1. トランザクションコードを実行します。
  2. リリース コード (必須) とリリース グループ (オプション) を入力します。
  3. オプション – 以下の画面のようにデフォルトのままにします。
  4. リストの適切な範囲と購買文書カテゴリを選択できます (リリース可能な発注書のみを表示したい場合は、「」を選択します)F")。
  5. 実行します。

SAP MM での発注書のリリース

ステップ2) 次の画面では、基準に従って選択された発注書が表示されます。

  1. リリースしたい注文書をクリックして選択します。
  2. リリースボタンをクリックします。

SAP MM での発注書のリリース

発注書のステータスがリリース済みに変更されました。

SAP MM での発注書のリリース

ステップ3) ME23N または ME22N トランザクションで、注文書のステータスが変更されたことがわかります。 「リリース完了」 と "リリースされました」 ステータスが PO ヘッダー データに表示されるようになりました。

SAP MM での発注書のリリース

プロセス フローはすべての購入書類で同じです (見積依頼、PR、引用など)。

リリースのキャンセル

ステップ1) すでにリリースされた文書を変更するには、購買文書のリリースを取り消す必要があります。

  • 同じトランザクションからそれを行うことができます ME28.
  • 選択する リリースをキャンセルする チェック box そしてトランザクションを実行します。

SAP MM でのリリースのキャンセル

ステップ2) リリースのキャンセルが可能な購入書類のリストが表示されます。

  1. 適切なドキュメントを選択してください。
  2. 「リリースをキャンセル」ボタンをクリックします。
  3. 保存すれば完了です。

SAP MM でのリリースのキャンセル

リリース戦略でリリースを取り消すことができない場合、リリースをキャンセルすることはできません。。 これは、リリース指標およびリリース戦略レベルで維持される設定です。

「」をクリックすると、購買文書で使用されるリリース戦略をテストできます。リリース戦略上記画面の「」ボタンをクリックしてください。 [シミュレート]リリース ボタンを使用して戦略出力をシミュレートすることもできます。

SAP MM でのリリースのキャンセル