Python の演算子 – 論理、算術、比較

Python の論理演算子とは何ですか?

Pythonの論理演算子 変数の値に対して論理演算を実行するために使用されます。 値は true または false のいずれかです。 真理値の結果から条件を知ることができます。 Python には主に、論理 AND、論理 OR、論理 NOT の XNUMX 種類の論理演算子があります。 演算子はキーワードまたは特殊文字で表されます。

算術演算子

算術演算子は、加算、減算、乗算、除算、%modulus、指数などのさまざまな算術計算を実行します。Python では、eval 関数の使用、変数の宣言と計算、関数の呼び出しなど、算術計算にはさまざまな方法があります。

: 算術演算子については、4 桁の 5+9=XNUMX を加算する簡単な加算の例を取り上げます。

x= 4	
y= 5
print(x + y)

同様に、乗算 (*)、除算 (/)、減算 (-) などの他の算術演算子を使用できます。

比較演算子

Python の比較演算子 コンプares オペランドの両側の値とそれらの間の関係を決定します。 関係演算子とも呼ばれます。 Python のさまざまな比較演算子は ( ==、!=、<>、>、<= など)

: 比較演算子の場合、x の値と y の値を比較し、結果を true または false で出力します。 この例では、x = 4 の値は y = 5 より小さいため、値を x>y として出力すると、実際には comp となります。ares x の値を y に変換しますが、正しくないため false を返します。

x = 4
y = 5
print(('x > y  is',x>y))

いいねwise、他の比較演算子 (x < y、x==y、x!=y など) を試すことができます。

Python の代入演算子

代入演算子 in Python 右オペランドの値を左オペランドに割り当てるために使用されます。 Python で使用されるさまざまな代入演算子には、(+=、– =、*=、/= など) があります。

: Python の代入演算子は、単に値を代入するだけです。たとえば、

num1 = 4
num2 = 5
print(("Line 1 - Value of num1 : ", num1))
print(("Line 2 - Value of num2 : ", num2))

複合代入演算子の例

また、複合代入演算子を使用して、右オペランドを左オペランドに加算、減算、乗算し、加算 (またはその他の算術関数) を左オペランドに割り当てることもできます。

  • ステップ 1: num1 と num2 に値を割り当てる
  • ステップ 2: num1 と num2 の値を加算します (4+5=9)
  • ステップ 3: この結果に、ステップ 1 の出力に num2 を追加します (9+4)
  • ステップ 4: 最終結果が 13 として出力されます。
num1 = 4
num2 = 5
res = num1 + num2
res += num1
print(("Line 1 - Result of + is ", res))

論理演算子またはビットwise オペレーター

Python の論理演算子は次の目的で使用されます。 条件付きステートメント 真か偽か。 Python の論理演算子は AND、OR、NOT です。 論理演算子の場合は次のようになりますwing という条件が適用されます。

  • AND 演算子の場合 – 両方のオペランド (右側と左側) が true の場合に TRUE を返します。
  • OR 演算子の場合 - オペランド (右側または左側) のいずれかが true の場合に TRUE を返します。
  • NOT 演算子の場合、オペランドが false の場合に TRUE を返します。

: この例では、a と b の値に基づいて true または false を取得します。

a = True
b = False
print(('a and b is',a and b))
print(('a or b is',a or b))
print(('not a is',not a))

メンバーシップオペレーター

これらの演算子は、リスト、文字列、タプルなどのシーケンス内のメンバーシップをテストします。 Python で使用されるメンバーシップ演算子は XNUMX つあります。 (入っているのではなく、入っている)。 指定されたシーケンスまたは文字列に存在する変数に基づいて結果を返します。

: たとえば、ここでは、次を使用して、x=4 の値と y=8 の値がリストで使用できるかどうかを確認します。 in > ありませんで 演算子。

x = 4
y = 8
list = [1, 2, 3, 4, 5 ];
if ( x in list ):
   print("Line 1 - x is available in the given list")
else:
   print("Line 1 - x is not available in the given list")
if ( y not in list ):
   print("Line 2 - y is not available in the given list")
else:
   print("Line 2 - y is available in the given list")
  • x と y の値を宣言します
  • リストの値を宣言する
  • コード内の if ステートメントで「in」演算子を使用して、リスト内に存在する x の値を確認し、それに応じて結果を出力します。
  • if ステートメントを含むコード内で「not in」演算子を使用して、リスト内に y の値が存在することを確認し、それに応じて結果を出力します。
  • コードを実行する - コードを実行すると、目的の出力が得られます。

アイデンティティ演算子

Pythonのアイデンティティ演算子 XNUMX つのオブジェクトのメモリ位置を比較するために使用されます。 Python で使用される XNUMX つの恒等演算子は (is、is not) です。

  • 演算子は次のとおりです。2 つの変数が同じオブジェクトを指している場合は true を返し、それ以外の場合は false を返します。wise
  • 演算子は次ではありません: 2 つの変数が同じオブジェクトを指す場合は false を返し、それ以外の場合は true を返します。wise

Following オペランドは優先順位の降順に並んでいます。

同じ内の演算子 box 左から右に評価する

演算子 (優先順位の降順) 意味
** Exponent
*、/、//、% 乗算、除算、階割り、係数
+、– 足し算、引き算
<= < > >= 比較演算子
= %= /= //= -= += *= **= 代入演算子
ではない アイデンティティ演算子
ではない メンバーシップオペレーター
そうでない、または 論理演算子

:

x = 20
y = 20
if ( x is y ): 
	print("x & y  SAME identity")
y=30
if ( x is not y ):
	print("x & y have DIFFERENT identity")
  • 変数 x と y の値を宣言します
  • コード内で演算子「is」を使用して、x の値が y と同じかどうかを確認します。
  • 次に、x の値が y と同じでない場合、コード内で演算子「is not」を使用します。
  • コードを実行します - 結果の出力は期待どおりです

オペレーターの優先順位

演算子の優先順位によって、どの演算子を最初に評価する必要があるかが決まります。 値のあいまいさを避けるために、優先演算子が必要です。 通常の乗算​​方法と同様に、乗算は加算よりも優先されます。 たとえば、3+ 4*5 では、答えは 23 です。優先順位を変更するには、括弧 (3+4)*5 を使用します。今回の答えは 35 です。Python で使用される優先演算子は、(単項 + – ~, **、* / %、+ –、&) など

v = 4
w = 5
x = 8
y = 2
z = 0
z = (v+w) * x / y;   
print("Value of (v+w) * x/ y is ",  z)
  • 変数 v,w…z の値を宣言します
  • 次に、数式を適用してコードを実行します
  • コードは実行され、より高い優先順位で変数が計算され、出力が得られます。

Python 2 の例

上記の例は Python 3 コードです。Python 2 を使用したい場合は、以下を検討してください。wing コー​​ド

#Arithmetic Operators
x= 4	
y= 5
print x + y

#Comparison Operators
x = 4
y = 5
print('x > y  is',x>y)

#Assignment Operators
num1 = 4
num2 = 5
print ("Line 1 - Value of num1 : ", num1)
print ("Line 2 - Value of num2 : ", num2)

#compound assignment operator
num1 = 4
num2 = 5
res = num1 + num2
res += num1
print ("Line 1 - Result of + is ", res)

#Logical Operators
a = True
b = False
print('a and b is',a and b)
print('a or b is',a or b)
print('not a is',not a)

#Membership Operators
x = 4
y = 8
list = [1, 2, 3, 4, 5 ];
if ( x in list ):
   print "Line 1 - x is available in the given list"
else:
   print "Line 1 - x is not available in the given list"
if ( y not in list ):
   print "Line 2 - y is not available in the given list"
else:
   print "Line 2 - y is available in the given list"

#Identity Operators
x = 20
y = 20
if ( x is y ):
	print "x & y  SAME identity"
y=30
if ( x is not y ):
	print "x & y have DIFFERENT identity"

#Operator precedence
v = 4
w = 5
x = 8
y = 2
z = 0
z = (v+w) * x / y;   
print "Value of (v+w) * x/ y is ",  z

まとめ

プログラミング言語の演算子は、値や変数に対してさまざまな操作を実行するために使用されます。 Python では、次のような演算子を使用できます。

  • Pythonでの算術計算にはeval関数を使ったり、変数を宣言して計算したり、関数を呼び出したりするなど、さまざまな方法があります。
  • 関係演算子と呼ばれることが多い比較演算子は、それらの両側の値を比較し、それらの間の関係を判断するために使用されます。
  • Python の代入演算子は単に変数に値を代入するだけです
  • Python では、複雑な算術計算で複合代入演算子を使用して、一方のオペランドの結果をもう一方のオペランドに代入することもできます。
  • AND 演算子の場合 – 両方のオペランド (右側と左側) が true の場合に TRUE を返します。
  • OR 演算子の場合 - オペランド (右側または左側) のいずれかが true の場合に TRUE を返します。
  • NOT 演算子の場合、オペランドが false の場合に TRUE を返します。
  • Python で使用されるメンバーシップ演算子は XNUMX つあります。 (入っているのではなく、入っている)。
  • 指定されたシーケンスまたは文字列に存在する変数に基づいて結果を返します。
  • Python で使用される XNUMX つの識別演算子は (is、is not) です。
  • 2 つの変数が同じオブジェクトを指している場合は true を返し、それ以外の場合は false を返します。wise
  • 優先順位演算子は、com で最初に計算を行う必要がある優先順位を設定する必要がある場合に役立ちます。plex 計算。