PL/SQL で使用可能な識別子、変数、および命名規則

PL/SQL識別子とは何ですか?

識別子 PL/SQL における は、PL/SQL オブジェクトに与えられた名前にすぎません。 オブジェクトは、定数、変数、例外、カーソル、プロシージャ、関数、パッケージ、トリガー、オブジェクト タイプ、予約語、またはラベルです。 これらの識別子には、文字、数字、記号、アンダースコアなどが含まれます。大文字と小文字は区別されず、サイズは 30 文字に制限されます。

PL/SQL識別子のプロパティ

PL/SQL識別子の主なプロパティは次のとおりです。

  • 文字で始める必要があります
  • 最大サイズは 30 文字に制限されています
  • 空白文字を含めることはできません
  • ドル記号 ('$')、アンダースコア ('_')、ハッシュ記号 ('#') を含めることができます
  • 大文字と小文字は区別されません

PL/SQLの命名規則

コムでplex プログラムでは、多くの識別子を含める必要がある場合があります。 これらの識別子には、変数、カーソルなどが含まれます。したがって、混乱を避け、そのようなプログラムの読みやすさを高めるために、特定の命名規則に従う必要があります。

Following PL/SQL で一般的に使用される命名規則は次のとおりです。

最初の文字は、変数の宣言されたレベルを指定するために使用する必要があります。 以下の点は、さまざまな最初の文字とその宣言レベルを示しています

  • 'P' – 変数はパラメータ レベルで宣言されます
  • 'L' – 変数はローカル ブロックで宣言されます
  • 'G' – 変数はグローバル レベルで宣言されています

XNUMX 番目の文字は識別子のタイプを指定します。 以下は、一般的に使用される識別子のタイプとその命名コードです。

  • 'C' – カーソル識別子
  • 'V' – Varchar および char データ型
  • 'N' – 数値データ型
  • 「R」 – レコードタイプ
  • 'T' – テーブルタイプ

以下に、PL/SQL の適切な命名規則の例をいくつか示します。

  • Lv_name – varchar/char データ型のローカル レベル変数
  • Pc_num – パラメータレベルのカーソル識別子
  • Gn_user_id – のグローバル レベル変数 数値データ型

PL/SQL変数

Variables PL/SQL における は、プログラムが操作できる記憶領域に割り当てられる基本的な識別子です。 変数は、ユーザーが値を保存できるプレースホルダーにすぎません。 これらの変数は、使用する前に有効な PL/SQL データ型に関連付ける必要があります。 データ型は、これらの変数の保存方法と処理方法を定義します。

PL/SQL変数宣言

変数は主に、データ操作またはデータ処理中にデータを格納するために使用されます。 プログラム内で使用する前に宣言する必要があります。 この宣言は、 PL/SQLブロック.

変数の宣言は、プレースホルダーに名前を割り当て、それを有効なデータ型に関連付けるプロセスです。

構文

<variable name> <datatvpe>;

上記の構文は、宣言セクションで変数を宣言する方法を示しています。

PL/SQL変数へのデータの保存

変数が宣言されると、定義された型のデータを保持できるようになります。 これらの変数の値は、実行セクションまたはそれ自体の宣言時に割り当てることができます。 値はリテラル値または別の変数の値のいずれかになります。 特定の値が割り当てられると、その値はその変数に割り当てられたメモリ空間に格納されます。

構文

<variable_name> <datatype> := <default_value>;

上記の構文は、変数を宣言し、宣言セクションで値を割り当てる方法を示しています。

<variable_name> <datatype>;
<variable name> := <value>;

上記の構文は、すでに宣言されている変数に値を割り当てる方法を示しています。

Example1: この例では、変数を宣言する方法と変数に値を割り当てる方法を学びます。 次のように「GURU99」を出力します。wing 変数を使ってプログラムを作成します。

PL/SQL変数へのデータの保存

DECLARE
lv_name VARCHAR2(50);
lv_name_2 VARCHAR2(50) := ‘GURU99';
BEGIN 
lv_name := lv_name_2; 
dbms_output .put_line(lv_name);
END:

コードの説明

  • コード行 2: サイズ 2 の VARCHAR50 の変数 'lv_name' を宣言します。
  • コード行 3: サイズ 2 の VARCHAR2 の変数 'lv_name_50' を宣言し、リテラル 'GURU99' を使用してデフォルト値を割り当てます。
  • コード行 5: 変数「lv_name」の値は変数「lv_name_2」から割り当てられています。
  • コード行 6: 変数「lv_name」の保存された値を出力します。

上記のコードを実行すると、次の結果が得られますwing 出力。

出力

達人99

まとめ

  • の識別子 PL / SQLの は、PL/SQL オブジェクトに与えられた名前にすぎません。
  • コムでplex プログラムでは、多くの識別子を含める必要がある場合があります。 混乱を避け、そのようなプログラムの読みやすさを高めるために、特定の命名規則に従う必要があります。
  • PL/SQL の変数は、プログラムが操作できる記憶域に割り当てられる基本的な識別子です。
  • 変数の宣言は、プレースホルダーに名前を割り当て、それを有効なデータ型に関連付けるプロセスです。
  • 特定の値が割り当てられると、その値はその変数に割り当てられたメモリ空間に格納されます。