PL/SQL の最初のプログラム: Hello World の例

このチュートリアルでは、SQL* Plus を紹介し、SQL* Plus をデータベースに接続する方法を学びます。

接続後、PL/SQL で最初のプログラム「Hello World」を作成する方法も見ていきます。

SQL* Plus とは何ですか?

SQL* Plus は、すべての製品にインストールされる対話型のバッチ クエリ ツールです。 Oracle インストール。 [スタート] > [プログラム] > にあります。 Oracle-OraHomeName > アプリケーション開発 > SQL Plus。または、次の場所からダウンロードすることもできます。 Oracle テクノロジーネットワーク (OTN)

コマンドラインユーザーインターフェイスを備えており、 Windows GUI、および Web ベースのユーザー インターフェイス。

これにより、ユーザーはデータベースに接続し、PL/SQL コマンドを実行できるようになります。

データベースへの接続

このセクションでは、SQL* Plus に接続する方法を学習します。 Windows GUI。 SQL* Plus を開くと、接続を要求するプロンプトが表示されます。tails としてジョブステータス出力ログに記録されます。

接続でtails

  • ユーザー名:
  • パスワード:
  • ホスト文字列: <ホスト名tails データベースのポート番号と SID とともに >

データベースへの接続

  • 接続が成功すると、 SQL 以下のようにプラスが表示されます

データベースへの接続

  • コードの出力を確認する必要がある場合は、「set serveroutput on」を実行する必要があります。
  • これで、SQL* Plus ツールを使用する準備が整いました。

PL/SQLを使用して簡単なプログラムを作成する方法

このセクションでは、「」を使用して「Hello World」を出力する簡単なプログラムを作成します。匿名ブロック"

PL/SQLを使用して簡単なプログラムを作成する

BEGIN
dbms_output.put_line (‘Hello World..');
END;
/

出力:

Hello World...

コードの説明:

  • コード行 2: 「Hello World.」というメッセージを出力します。 。 」
  • 以下のスクリーンショットは、SQL* Plus にコードを入力する方法を説明しています。

注: ブロックの後には、ブロックの終わりに関する情報をコンパイラに送信する「/」が常に続く必要があります。 コンパイラーは「/」に遭遇するまで、ブロックが完了したとはみなさず、ブロックを実行しません。

PL/SQLを使用して簡単なプログラムを作成する

プログラム内での変数の宣言と使用方法

ここでは、変数を使用して「Hello World」を出力します。

変数の宣言と使用法

DECLARE
text VARCHAR2(25);
BEGIN
text:= ‘Hello World’;
dbms_output.put_line (text);
END:
/

出力:

Hello World

コードの説明:

  • コード行 2: サイズ2のVARCHAR25型の変数「text」を宣言
  • コード行 4: 値「Hello World」を変数「text」に代入します。
  • コード行 5: 変数「text」の値を出力します。

PL/SQLのコメント

コードのコメント化は、その特定のコードの実行を無視するようにコンパイラーに指示するだけです。

プログラム内でコメントを使用すると、プログラムの可読性が向上します。 PL/SQL コードは XNUMX つの方法でコメントできます。

  • 行の先頭で「–」を使用して、その特定の行をコメントにします。
  • 「/*…….*/」を使用すると、複数行を使用できます。 記号「/*」はコメントの開始を示し、記号「*/」はコメントの終了を示します。 これら XNUMX つのシンボル間のコードは、コンパイラによってコメントとして扱われます。

: この例では、「Hello World」を出力し、コメント行がコード内でどのように動作するかを確認します。

PL/SQLのコメント

BEGIN
--single line comment
dbms output.put line (' Hello World ’);
/*Multi line commenting begins
Multi line commenting ends */
END;
/

出力:

Hello World

コードの説明:

  • コード行 2: 単一行のコメントとコンパイラはこの行を実行から無視しました。
  • コード行 3: 値「Hello World」を出力します。
  • コード行 4: 複数行のコメントは「/*」で始まります
  • コード行 5: 複数行のコメントは「*/」で終わります

まとめ

このチュートリアルでは、SQL* Plus と SQL* Plus への接続の確立について学習しました。 また、簡単なプログラムの作成方法とその中​​での変数の使用方法についても学びました。 次の章では、に実装できるさまざまな機能について詳しく学びます。 PL SQLプログラム.