Informatica でのノーマライザー変換と例

ノーマライザー変換とは何ですか?

ノーマライザーはアクティブな変換であり、単一行を複数行に変換したり、その逆に変換したりするために使用されます。 これは、データをより組織的に表現するための賢い方法です。

単一行に複数の列に繰り返しデータがある場合、そのデータを複数の行に分割できます。 場合によっては、複数の列にデータが存在することがあります。 例えば

学生の名前 クラス9のスコア クラス10のスコア クラス11のスコア クラス12のスコア
学生1 50 60 65 80
学生2 70 64 83 77

この場合、クラススコア列は XNUMX 列で繰り返されます。 ノーマライザーを使用すると、次のようにこれらを分割できます。wing データセット。

学生の名前 CLASS スコア
学生1 9 50
学生1 10 60
学生1 11 65
学生1 12 80
学生2 9 70
学生2 10 64
学生2 11 83
学生2 12 77

ステップ 1 – スクリプトを使用してソーステーブル「sales_source」とターゲットテーブル「sales_target」を作成し、それらをインポートします 情報

上記の Sales_Source.txt ファイルをダウンロードします

ステップ2 - ソース「sales_source」とターゲット表「sales_target」を持つマッピングを作成します。

Informatica でのノーマライザー変換と例

ステップ 3 – 変換メニューから新しい変換を作成します

  1. 変換としてノーマライザーを選択
  2. 名前「nrm_sales」を入力します
  3. 作成オプションを選択

Informatica でのノーマライザー変換と例

ステップ 4 – 変換が作成されます。完了オプションを選択します

Informatica でのノーマライザー変換と例

ステップ 5 – Double ノーマライザー変換をクリックしてから、

  1. ノーマライザータブを選択します
  2. アイコンをクリックして XNUMX つの列を作成します
  3. 列名を入力してください
  4. 出現数を売上に4、店名に0を設定します。
  5. 「OK」ボタンを選択

Informatica でのノーマライザー変換と例

変換中に列が生成されます。 出現数を 4 に設定しているため、売上数列が 4 つ表示されます。

Informatica でのノーマライザー変換と例

ステップ 6 –その後、 マッピング

  1. XNUMX つの四半期のソース修飾子の XNUMX つの列をノーマライザー列にそれぞれリンクします。
  2. ストア名列をノーマライザー列にリンクする
  3. store_name 列と sales 列をノーマライザーからターゲット テーブルにリンクする
  4. GK_sales 列をノーマライザーからターゲット テーブルにリンクします

Informatica でのノーマライザー変換と例

マッピングを保存し、セッションの作成後に実行し、 ワークフロー。 店舗の四半期売上ごとに、ノーマライザー変換によって別の行が作成されます。

マッピングの出力は次のようになります –

店舗名 四半期 セールス
DELHI 1 150
DELHI 2 240
DELHI 3 455
DELHI 4 100
ムンバイ 1 100
ムンバイ 2 500
ムンバイ 3 350
ムンバイ 4 340

ソース データには、QUARTER1、QUARTER2、QUARTER3、QUARTER4 という繰り返し列がありました。 ノーマライザーを使用して、QUARTER の XNUMX つの列に収まるようにデータを再配置し、XNUMX つのソース レコードに対して XNUMX つのレコードがターゲットに作成されます。

このようにして、データを正規化し、単一のデータ ソースに対して複数のレコードを作成できます。