Linux/Unix プロセス管理: ps、kill、top、df、free、nice コマンド

プロセスとは

プログラムのインスタンスはプロセスと呼ばれます。 簡単に言えば、Linux マシンにコマンドを発行すると、新しいプロセスが開始されます。

プロセスとは

同じプログラムに対して複数のプロセスを持つことが可能です。

プロセスの種類:

  • フォアグラウンドプロセス: これらは画面上で実行され、ユーザーからの入力が必要です。 たとえば、Office プログラム
  • バックグラウンドプロセス: これらはバックグラウンドで実行され、通常はユーザー入力を必要としません。 たとえばウイルス対策。

こちらをクリックすると、ツールが開きます。 ビデオにアクセスできない場合

フォアグラウンドプロセスの実行

フォアグラウンド プロセスを開始するには、ダッシュボードから実行することも、ターミナルから実行することもできます。

ターミナルを使用する場合は、フォアグラウンド プロセスが実行されるまで待つ必要があります。

フォアグラウンドプロセスの実行

バックグラウンドプロセスの実行

ターミナルからフォアグラウンド プログラム/プロセスを開始した場合、プログラムが起動して実行されるまで、ターミナルで作業することはできません。

特定のデータ集約型タスクは多くの処理能力を必要とし、完了までに数時間かかる場合もあります。 端末を長時間保持されることは望ましくありません。

このような状況を回避するには、プログラムを実行してバックグラウンドに送信し、ターミナルを利用可能な状態にしておくことができます。 これを行う方法を学びましょう –

バックグラウンドプロセスの実行

Fg

コマンド「fg」を使用すると、停止したプログラムを継続してフォアグラウンドに移動できます。

このユーティリティの簡単な構文は次のとおりです。

fg jobname

  1. 「Banshee」音楽プレーヤーを起動する
  2. 「ctrl +z」コマンドで停止します
  3. 「fg」ユーティリティを使用して続行します。

Fgコマンド

プロセスを管理するための他の重要なコマンドを見てみましょう –

トップ

このユーティリティは、Linux マシン上で実行中のすべてのプロセスについてユーザーに通知します。

トップコマンド

キーボードの「q」を押して、プロセス表示を終了します。

用語は次のとおりです。

フィールド Description
PID 各タスクのプロセスID 1525 961
ユーザー タスク所有者のユーザー名 ホーム ルート
PR 優先

20 (最高) または -20 (最低) を指定できます

20 20
NI タスクの素晴らしい価値 0 0
尊敬される 使用された仮想メモリ (kb) 1775 75972
RES 使用された物理メモリ (kb) 100 51
SHR 使用済み共有メモリ (kb) 28 7952
S

Status:

XNUMXつのタイプがあります:

「D」 = 中断できないスリープ

「R」 = 実行中

「S」 = 寝ています

'T' = トレースまたは停止

「Z」= ゾンビ

S R
%CPU CPU時間の% 1.7 1.0
%MEM 使用される物理メモリ 10 5.1
TIME + 合計 CPU 時間 5:05.34 2:23.42
Command コマンド名 Photoshop.exe Xorg

PS

このコマンドは「プロセスステータス」の略です。これは、 Windows Cntrl+Alt+Del を使用するときのマシン。このコマンドは「top」コマンドに似ていますが、表示される情報が異なります。

ユーザーの下で実行されているすべてのプロセスを確認するには、次のコマンドを使用します。

ps ux

PSコマンド

次の構文を使用して、単一プロセスのプロセス ステータスを確認することもできます。

ps PID 

PSコマンド

殺します

このコマンド 実行中のプロセスを終了します Linuxマシンがあります。

これらのユーティリティを使用するには、強制終了するプロセスの PID (プロセス ID) を知る必要があります。

構文–

kill PID

プロセスの PID を見つけるには、単に次のように入力します。

pidof Process name

例で試してみましょう。

コマンドを殺す

NICE

Linux は一度に多くのプロセスを実行できるため、優先度の高い一部のプロセスの速度が低下し、パフォーマンスが低下する可能性があります。

これを回避するには、要件に従ってプロセスに優先順位を付けるようにマシンに指示できます。

この優先度は Linux では Niceness と呼ばれ、-20 から 19 までの値を持ちます。Niceness インデックスが低いほど、そのタスクに与えられる優先度は高くなります。

すべてのプロセスのデフォルト値は 0 です。

デフォルト値以外のniceness値でプロセスを開始するには、次のコマンドを使用します。wing 構文

nice -n 'Nice value' process name

ナイスコマンド

システム上ですでに実行中のプロセスがある場合は、構文を使用してその値を「Renice」することができます。

renice 'nice value' -p 'PID'

Niceness を変更するには、「top」コマンドを使用して PID (プロセス ID) とその Nice 値を決定します。 Later renice コマンドを使用して値を変更します。

例を挙げてこれを理解しましょう。

ナイスコマンド

DF

このユーティリティは、すべてのファイル システム上の空きディスク容量 (ハードディスク) を報告します。

DFコマンド

上記の情報を読み取り可能な形式で表示したい場合は、次のコマンドを使用します。

'df -h' 

DFコマンド

無料版

このコマンドは、Linux システム上の空きメモリ (RAM) と使用済みメモリ (RAM) を表示します。

フリーコマンド

引数を使用できます

free -m で出力を MB 単位で表示します

free -g 出力を GB 単位で表示します

概要

  • Linux システムに与えられた実行中のプログラムまたはコマンドはプロセスと呼ばれます。
  • プロセスはフォアグラウンドまたはバックグラウンドで実行できます
  • プロセスの優先順位インデックスは、Linux では Nice と呼ばれます。 デフォルト値は 0 で、20 ~ -19 の間で変化します。
  • Niceness インデックスが低いほど、そのタスクに与えられる優先度は高くなります。
Command Description
bg プロセスをバックグラウンドに送信するには
fg 停止したプロセスをフォアグラウンドで実行するには
top Details すべてのアクティブなプロセス上で
ps ユーザーに対して実行中のプロセスのステータスを与える
ps PID 特定のプロセスのステータスを示します
ピドフ プロセスのプロセス ID (PID) を与えます。
PIDを殺す プロセスを強制終了します
nice 指定された優先度でプロセスを開始します
renice すでに実行中のプロセスの優先度を変更します
df システムにハードディスクの空き容量を与える
無料です。 システムに無料の RAM を提供します