JMeter 要素: スレッド グループ、サンプラー、リスナー、構成

JMeter の要素とは何ですか?

JMeter のさまざまなコンポーネントは要素と呼ばれます。 各要素は特定の目的のために設計されています。

以下の図は、JMeter のいくつかの共通要素を示しています。

JMeter の要素

すべてのコンポーネントを一度に学習すると、混乱と退屈を招きます。 ここでは、始める前に知っておくべきコンポーネントについて説明します。 テスト JMeterで。

残りのコンポーネントについては、後続のチュートリアルで使用する場合と同様に説明します。 このチュートリアルで説明する要素は次のとおりです。

スレッドグループ

スレッド グループはスレッドのコレクションです。 各スレッドは、テスト対象のアプリケーションを使用する XNUMX 人のユーザーを表します。 基本的に、各スレッドはサーバーに対する XNUMX つの実際のユーザー要求をシミュレートします。

スレッド グループのコントロールを使用すると、各グループのスレッド数を設定できます。

たとえば、スレッド数を 100 に設定すると、 JMeter は、テスト対象のサーバーに対する 100 のユーザー リクエストを作成してシミュレートします。

スレッドグループ

サンプラー

すでにご存知のとおり、JMeter は HTTP、FTP、JDBC、その他多くのプロトコルのテストをサポートしています。

スレッド グループがサーバーへのユーザー リクエストをシミュレートすることはすでにわかっています。

しかし、スレッド グループはどのタイプのリクエスト (HTTP、FTP など) を行う必要があるかをどのようにして知るのでしょうか?

答えはサンプラーです

ユーザーリクエストには、FTP リクエスト、HTTP リクエスト、JDBC リクエストなどがあります。

サンプラー

FTPリクエスト

FTP サーバーのパフォーマンス テストを行うと仮定してください。 JMeter の FTP リクエスト サンプラーを使用して、このタスクを実行できます。 このコントローラを使用すると、FTP「ファイルのダウンロード」または「ファイルのアップロード」リクエストを FTP サーバーに送信できます。

FTPリクエスト

たとえば、テスト対象の FTP サーバーからファイル「Test.txt」をダウンロードする場合、以下の図のように JMeter でいくつかのパラメータを設定する必要があります。

FTPリクエスト

JMeter は FTP コマンドを FTP サーバーに送信します ftp.example.comをクリックし、そのサーバーからファイル Test.txt をダウンロードします。

HTTPリクエスト

このサンプラーを使用すると、HTTP/HTTPS リクエストを Web サーバーに送信できます。

以下の例を考えてみましょう。 JMeter は HTTP リクエストを Google Web サイトに送信し、この Web サイトから HTML ファイルまたは画像を取得します。

HTTPリクエスト

チュートリアルでは JMeter パフォーマンス テスト, このHTTPリクエストについて詳しく説明します。

JDBCリクエスト

このサンプラーを使用すると、データベースを実行できます 性能試験。 JDBC リクエスト (SQL クエリ) をデータベースに送信します。

JDBCリクエスト

たとえば、データベース サーバーには、テーブル名 test_tbl に格納されているフィールド test_result があります。 このデータをデータベース サーバーからクエリしたいとします。 JMeter を設定して、 SQL このサーバーにクエリを実行してデータを取得します。

JDBCリクエスト

BSFサンプラー

このサンプラーを使用すると、 BSF スクリプト言語。

JMeter の BSF サンプラーの例を次に示します。

BSFサンプラー

アクセスログサンプラー

このサンプラーを使用すると、アクセス ログを読み取り、HTTP リクエストを生成できます。 ログは画像、HTML、CSS などです。

アクセスログサンプラー

SMTPサンプラー

テストしたい場合は、 mail サーバーでは、SMTP サンプラーを使用できます。 このサンプラーは、電子メールを送信するために使用されます。mail SMTP プロトコルを使用したメッセージ。

SMTPサンプラー

リスナー

リスナー: テストの実行結果を表示します。 結果をツリー、表、グラフ、ログ ファイルなどのさまざまな形式で表示できます。

リスナー

グラフ結果リスナーは、サーバーの応答時間をグラフに表示します。

リスナーグラフの結果

結果ツリーの表示 ユーザーリクエストの結果を基本的な HTML 形式で表示します

結果ツリーの表示

Table Result テスト結果の概要を表形式で表示します

表の結果

ログにはテスト結果の概要がテキスト ファイルで表示されます

ログショー

構成要素

デフォルトと変数を設定する later サンプラーによる使用。

以下の図は、JMeter で一般的に使用されるいくつかの構成要素を示しています。

構成要素

CSV データセット構成

100 人のユーザーが異なる資格情報でサインインする Web サイトをテストするとします。 スクリプトを 100 回記録する必要はありません。 スクリプトをパラメータ化して、別のログイン資格情報を入力できます。 このログイン情報 (ユーザー名、パスワードなど) はテキスト ファイルに保存できます。 JMeter には、テキスト ファイルからさまざまなパラメータを読み取ることができる要素があります。 ファイルから行を読み込んで変数に分割する「CSV Data Set Config」です。

CSV データセット構成

CSVデータの一例です。 これは、ターゲット Web サイトにログインするためのユーザーとパスワードを含むテキスト ファイルです。

CSV データセット構成

HTTPクッキーマネージャー

これを例で理解してみましょう –

ブラウザを使用しました (Firefox、IE…など)を参照してください www.google.com

ユーザーとパスワードを使用してログインします。

あなたのユーザー名とパスワードは Cookie としてコンピュータに保存されます。

次回ご来店の際は www.google.comの場合、ブラウザはログイン時のユーザー データとして Cookie を使用するため、再度ログインする必要はありません。

HTTP Cookie Manager にも Web ブラウザと同じ機能があります。 HTTP リクエストがあり、そのレスポンスに Cookie が含まれている場合、Cookie マネージャーはその Cookie を自動的に保存し、その特定の Web サイトに対する今後のすべてのリクエストにそれを使用します。

HTTPリクエストのデフォルト

この要素を使用すると、HTTP リクエスト コントローラーが使用するデフォルト値を設定できます。

たとえば、

100 個の HTTP リクエストをサーバー google.com に送信しています。

これら 100 件のリクエストすべてに対して、サーバー名 = google.com を手動で入力する必要があります。

代わりに、「サーバー名または IP」フィールド = google.com を使用して単一の HTTP リクエストのデフォルトを追加できます。

100回も入力する必要はありません。

HTTPリクエストのデフォルト

この要素についてはチュートリアルで詳しく説明します JMeter パフォーマンス テスト

ログイン構成要素

Login Config Element を使用すると、サンプラーでユーザー名とパスワードの設定を追加または上書きできます。

たとえば、Web サイトへの XNUMX 人のユーザーのログインをシミュレートしたいとします。 www.facebook.com ユーザーとパスワード付き。 Login Config 要素を使用して、このユーザーとパスワードの設定をユーザー リクエストに追加できます。

ログイン構成要素

ログイン構成要素と CSV データ構成

ログイン構成要素 CSVデータ構成
XNUMX 人のユーザーのログインをシミュレートするために使用されます 複数のユーザーのログインをシミュレートするために使用されます
ログインパラメータのみに適しています(ユーザーとパスワード) 多数のパラメータに適しています