SAP 品目カテゴリの決定: VOV7、VOV4

アイテムカテゴリーとは何ですか?

品目カテゴリは、販売トランザクションで明細品目がどのように動作するかを定義します。

SAP では、品目カテゴリを使用して、販売伝票タイプごとに品目を異なる方法で処理します。

マシン情報の記入> という構文でなければなりません。例えば、

AFX – お問い合わせ商品カテゴリです。AFX とは関係ありません。 billる。

AGX – これは見積品目のカテゴリです。これには関連しません。 billる。

TAN – これは標準のアイテム カテゴリであり、以下に関連します。 billる。

定義項目カテゴリの T コードは VOV7 です。

ステップ1)

  1. コマンドバーに「Tcode VOV7」と入力します。
  2. を含むアイテムカテゴリのリスト SAP およびユーザー定義項目カテゴリ。
  3. 「新規エントリー」をクリックします SAP 品目カテゴリの決定アイテムカテゴリを作成するためのボタン。

SAP 品目カテゴリの決定

ステップ2) 新しいアイテム カテゴリを作成する際は、次の手順を実行します。wing セクションを埋めることができます。

  1. ビジネスデータ (bill/価格などの情報)。
  2. 一般制御(自動バッチ、四捨五入許可、注文数量を1にするかどうかを決定します)。
  3. お取引の流れ(商品画面詳細)。
  4. Bill マテリアルの(バリアント構成に使用されます)。
  5. バリューコントラクト (バリューコントラクトの場合)。
  6. サービス管理 (サービス シナリオ)。
  7. 資源の制御(資源関連 billシナリオ)。

ビジネスデータセクションにデータを入力していきます。

SAP 品目カテゴリの決定

ステップ3)

1. YTA2(標準品カテゴリ)を作成します

2。 入力してください Bill関連性 / 価格設定。チェック

  • 事業項目
  • スケジュール。 許可された回線
  • ウェイト
  • Vol. 関連する
  • クレジットがアクティブです
  • コストを決定します。

SAP 品目カテゴリの決定

ステップ4) 「保存」をクリックしますSAP 品目カテゴリの決定ボタン。

「データを保存しました」というメッセージが表示されました。

SAP 品目カテゴリの決定

品目カテゴリの決定

アイテム カテゴリは、アイテムの動作を制御します。例: アイテム カテゴリは、そのアイテムが何に関連するかを定義します。 Billまたは価格設定。

販売伝票の明細カテゴリは、販売伝票のタイプと品目によって異なります。

項目カテゴリの決定は、T コード –VOV4 によって行われます。 SAP が提供する標準品目カテゴリは多数あります。その一部を以下に示します。

アイテムカテゴリ Description
TAN 標準品
TAB 個別注文書
TAS サードパーティアイテム
THEN カスタマーサービス
TATX テキスト項目
タン 無料
Afx お問い合わせ項目
AGX 見積項目

ステップ1)

  1. コマンドフィールドにTコードVOV4を入力します。
  2. 既存のアイテムカテゴリのリストが表示されます。
  3. 新しいアイテム カテゴリを作成するには、[新しいエントリ] をクリックします。 SAP 品目カテゴリの決定 ボタン。

SAP 品目カテゴリの決定

ステップ2)

新しいアイテム カテゴリを作成するには、次のように入力しますwing データ -

  • セールスドキュメント。 タイプ。
  • アイテム猫。 グループ。
  • 品目カテゴリ (デフォルトの品目カテゴリ。これは手動の品目カテゴリ値で上書きできます)。
  • 手動品目カテゴリ (ビジネス上の要求に応じて、手動品目カテゴリを追加して、デフォルトの品目カテゴリを上書きできます)。

注: デフォルトの品目カテゴリは、それが定義されている販売伝票タイプに対して自動的に選択されます。 手動品目カテゴリをデフォルト品目カテゴリの代わりに使用することも、販売伝票のデフォルト品目カテゴリを許可された手動品目カテゴリに置き換えることもできます。 たとえば、デフォルトの項目カテゴリ (YTA2) を手動項目カテゴリ (TAP、TAQ、TANN) に置き換えることができます。

SAP 品目カテゴリの決定

ステップ3) 保存をクリックします SAP 品目カテゴリの決定ボタン。

以下のような「データが保存されました」というメッセージが表示される –

SAP 品目カテゴリの決定