Excel の数式と関数: 基本的な例で学ぶ

数式と関数は、Excel で数値データを操作するための構成要素です。 この記事では、数式と関数について紹介します。

チュートリアルデータ

このチュートリアルでは、次のように作業します。wing データセット。

家庭用品の予算

S / N 項目 QTY 料金 小計 それは手頃な価格ですか?
1 マンゴー 9 600
2 オレンジ 3 1200
3 . 1 2500
4 クッキングオイル 5 6500
5 トニックウォーター 13 3900

家づくりプロジェクトスケジュール

S / N 項目 開始日 終了日 期間 (日)
1 土地調査 04/02/2015 07/02/2015
2 信徒財団 10/02/2015 15/02/2015
3 ルーフィング 27/02/2015 03/03/2015
4 絵画 09/03/2015 21/03/2015

Excel の数式とは何ですか?

Excel の数式 は、セル アドレスの範囲内の値と演算子を操作する式です。 たとえば、=A1+A2+A3 は、セル A1 からセル A3 までの値の範囲の合計を求めます。 =6*3 のような離散値で構成される数式の例。

=A2 * D2 / 2

ここに、

  • "=" これは数式であり、評価する必要があることを Excel に伝えます。
  • "A2" * D2" セル アドレス A2 と D2 を参照し、これらのセル アドレスで見つかった値を乗算します。
  • "/" 除算算術演算子です
  • "2" 離散値です

公式演習

住宅予算のサンプル データを使用して小計を計算します。

  • Excelで新しいワークブックを作成する
  • 上記の家庭用品予算に表示されているデータを入力します。
  • ワークシートは次のようになります。

公式演習

小計を計算する式を書きます。

セル E4 にフォーカスを設定します

フォローを入力してくださいwing 式。

=C4*D4

ここに、

  • "C4*D4" 算術演算子の乗算 (*) を使用して、セル アドレス C4 と D4 の値を乗算します。

Enterキーを押してください

次の情報が得られますwing 結果

公式演習

次のことwing アニメーション画像は、セルアドレスを自動選択し、同じ数式を他の行に適用する方法を示しています。

公式演習

Excel で数式を操作するときに避けるべき間違い

  1. Remember the rules of Brackets of Division, Multiplication, Addition, & Subtraction (ボドマス)。 This means expressions are brackets are evaluated first. For arithmetic operators, the division is evaluated first followed by multiplication then addition and subtraction is the last one to be evaluated. Using this rule, we can rewrite the above formula as =(A2 * D2) / 2. This will ensure that A2 and D2 are first evaluated then divided by two.
  2. Excel スプレッドシートの数式は通常、数値データを処理します。 データ検証を利用して、セルが受け入れる必要があるデータの種類、つまり数値のみを指定できます。
  3. 数式で参照されている正しいセル アドレスを使用して作業していることを確認するには、キーボードの F2 キーを押します。 これにより、数式で使用されているセル アドレスが強調表示され、それらが目的のセル アドレスであることをクロスチェックして確認できます。
  4. 多数の行を操作する場合は、すべての行にシリアル番号を使用し、シートの下部にレコード数を表示できます。 シリアル番号の数とレコードの合計を比較して、数式にすべての行が含まれていることを確認する必要があります。

チェックアウトする
Excel スプレッドシートの数式トップ 10

Excelの関数とは何ですか?

Excelの関数 は、特定の値に対して特定の順序で使用される事前定義された式です。 関数は、セル範囲の合計、個数、平均、最大値、最小値を見つけるなどの簡単なタスクに使用されます。 たとえば、下のセル A3 には、範囲 A1:A2 の合計を計算する SUM 関数が含まれています。

  • 数値範囲の合計の場合
  • 平均 指定された範囲の数値の平均を計算するため
  • COUNT 指定された範囲内のアイテムの数をカウントするため

機能の重要性

Excel を使用する際のユーザーの生産性を向上させる関数。 上記の家庭用品予算の総計を取得したいとします。 簡単にするために、数式を使用して総計を取得できます。 数式を使用すると、セル E4 から E8 までを XNUMX つずつ参照する必要があります。 次のように使用する必要がありますwing 式。

= E4 + E5 + E6 + E7 + E8

関数を使用すると、上記の式を次のように書きます。

=SUM (E4:E8)

セル範囲の合計を取得するために上記の関数が使用されていることからわかるように、多くのセルを参照する必要がある数式を使用するよりも、関数を使用して合計を取得する方がはるかに効率的です。

共通機能

ms Excel の数式で最も一般的に使用される関数をいくつか見てみましょう。 統計関数から始めます。

S / N FUNCTION CATEGORY DESCRIPTION USAGE
01 数学と三角法 セル範囲内のすべての値を加算します = SUM(E4:E8)
02 MIN 統計的 セル範囲の最小値を検索します =MIN(E4:E8)
03 MAX 統計的 セル範囲の最大値を検索します =MAX(E4:E8)
04 平均 統計的 セル範囲の平均値を計算します = AVERAGE(E4:E8)
05 COUNT 統計的 セル範囲内のセルの数をカウントします。 = COUNT(E4:E8)
06 LEN テキスト 文字列テキストの文字数を返します。 = LEN(B7)
07 SUMIF 数学と三角法 指定された条件を満たすセル範囲内のすべての値を追加します。
=SUMIF(範囲,基準,[合計範囲])
=SUMIF(D4:D8,”>=1000″,C4:C8)
08 AVERAGEIF 統計的 指定された条件を満たすセル範囲の平均値を計算します。
= AVERAGEIF(範囲、基準、[平均範囲])
=AVERAGEIF(F4:F8,”はい”,E4:E8)
09 DAYS 日付と時刻 XNUMX つの日付の間の日数を返します =DAYS(D4,C4)
10 現在 日付と時刻 現在のシステムの日付と時刻を返します。 = NOW()

数値関数

名前が示すように、これらの関数は数値データを操作します。 次のことwing 表に、一般的な数値関数のいくつかを示します。

S / N FUNCTION CATEGORY DESCRIPTION USAGE
1 番号 その他の情報 指定された値が数値の場合は True を返し、数値でない場合は False を返します。 = ISNUMBER(A3)
2 RAND 数学と三角法 0から1の間の乱数を生成します = RAND()
3 ROUND 数学と三角法 小数値を指定された小数点以下の桁数に四捨五入します。 = ROUND(3.14455,2)
4 MEDIAN 統計的 指定された数値セットの中央にある数値を返します =MEDIAN(3,4,5,2,5)
5 PI 数学と三角法 数学関数 PI(π) の値を返します。 = PI()
6 電源 数学と三角法 数値をべき乗した結果を返します。
POWER(数値、パワー)
= POWER(2,4)
7 MOD 数学と三角法 XNUMX つの数値を除算したときの余りを返します =MOD(10,3)
8 ROMAN 数学と三角法 数値をローマ数字に変換します =ローマン(1984)

文字列関数

これらの基本的な Excel 関数は、テキスト データを操作するために使用されます。 次のことwing 表に、一般的な文字列関数のいくつかを示します。

S / N FUNCTION CATEGORY DESCRIPTION USAGE コメント
1 LEFT テキスト 文字列の先頭(左側)から指定された数の文字を返します。 =LEFT(“GURU99”,4) 「GURU4」の左99文字
2 RIGHT テキスト 文字列の末尾(右側)から指定された数の文字を返します。 =RIGHT(“GURU99”,2) 「GURU2」の右99文字
3 MID テキスト 文字列の途中から指定された開始位置と長さの文字数を取得します。
=MID (テキスト、開始番号、文字数)
=MID(“GURU99”,2,3) 文字2~5を取得する
4 ISTEXT その他の情報 指定されたパラメータが Text の場合は True を返します =ISTEXT(値) value – チェックする値。
5 FIND テキスト 別のテキスト文字列内のテキスト文字列の開始位置を返します。 この関数では大文字と小文字が区別されます。
=FIND(検索テキスト, テキスト内, [開始番号])
=FIND(“oo”,“屋根材”,1) 「屋根」で oo を検索、結果は 2
6 REPLACE テキスト 文字列の一部を別の指定された文字列に置き換えます。
=REPLACE (old_text、start_num、num_chars、new_text)
=REPLACE("屋根",2,2,"xx") 「oo」を「xx」に置き換えます

日付時刻関数

これらの関数は日付値を操作するために使用されます。 次のことwing 表は、一般的な日付関数の一部を示しています。

S / N FUNCTION CATEGORY DESCRIPTION USAGE
1 DATE 日付と時刻 Excelコードで日付を表す数値を返します。 =日付(2015,2,4)
2 DAYS 日付と時刻 XNUMX つの日付の間の日数を求める =DAYS(D6,C6)
3 MONTH 日付と時刻 日付値から月を返します =MONTH(「4/2/2015」)
4 MINUTE 日付と時刻 時間値から分を返します =MINUTE(“12:31”)
5 YEAR 日付と時刻 日付値から年を返します =YEAR(“04/02/2015”)

VLOOKUP関数

また, VLOOKUP関数 は、左端の列で垂直方向の検索を実行し、指定した列から同じ行の値を返すために使用されます。 これを分かりやすい言葉で説明しましょう。 家庭用品の予算には、予算内の各品目を一意に識別するシリアル番号列があります。 商品のシリアル番号があり、商品の説明を知りたい場合は、VLOOKUP 関数を使用できます。 VLOOKUP関数がどのように機能するかは次のとおりです。

VLOOKUP関数

=VLOOKUP (C12, A4:B8, 2, FALSE)

ここに、

  • "=VLOOKUP" 垂直ルックアップ関数を呼び出します
  • "C12" 左端の列で検索する値を指定します
  • "A4:B8" データを含むテーブル配列を指定します
  • "2" VLOOKUP 関数によって返される行値を含む列番号を指定します。
  • "FALSE," VLOOKUP 関数に、指定された検索値と完全に一致するものを探していることを伝えます。

以下のアニメーション画像は、これが実際に動作している様子を示しています。

VLOOKUP関数

上記のExcelコードをダウンロードします。

まとめ

Excel では、数式や関数を使用してデータを操作できます。 一般に、関数は数式を記述するよりも生産性が高くなります。 また、関数は、間違いの可能性が非常に少ないため、数式に比べて正確です。

Excel の重要な数式と関数のリストは次のとおりです。

  • SUM関数 = =SUM(E4:E8)
  • MIN関数 = =MIN(E4:E8)
  • MAX関数 = =MAX(E4:E8)
  • 平均関数 = =AVERAGE(E4:E8)
  • COUNT関数 = =COUNT(E4:E8)
  • DAYS関数 = =DAYS(D4,C4)
  • VLOOKUP関数 = =VLOOKUP (C12, A4:B8, 2, FALSE)
  • 日付関数 = =DATE(2020,2,4)