挿入、更新、削除: ASP.NET データベース接続のチュートリアル

データベースからデータにアクセスすることは、あらゆるプログラミング言語の重要な側面です。 どのプログラミング言語にもデータベースを操作できる機能が必要です。

ASP.Net には、さまざまな種類のデータベースを操作する機能があります。 Oracle や Microsoft SQL サーバー。

また、次のような新しい形式のデータベースを操作する機能もあります。 MongoDBの そしてMySQL。

データベース接続の基礎

ASP.Net は、大部分のデータベースを操作する機能を備えています。最も一般的なのは Oracle と Microsoft SQLサーバー。ただし、どのデータベースでも、その操作の背後にあるロジックはほとんど同じです。

この例では、 Microsoft データベースとして SQL Server を使用します。学習目的で、ダウンロードして使用できます。 Microsoft SQL Server Express エディション。が提供する無料のデータベースソフトです。 Microsoft.

データベースを操作するときは、次のようになります。wing すべてのデータベースに共通する概念。

  1. 接続 – データベース内のデータを操作するには、最初の明らかなステップは接続です。 データベースへの接続は通常、以下のパラメータで構成されます。
    1. データベース名またはデータソース – 最初の重要なパラメータはデータベース名です。 各接続は、一度に XNUMX つのデータベースのみを操作できます。
    2. Credentials – 次に重要な要素は「ユーザー名」と「パスワード」です。 これはデータベースへの接続を確立するために使用されます。
    3. オプションのパラメーター – .net がデータベースへの接続をどのように処理するかに関するオプションのパラメータを指定できます。 たとえば、接続をアクティブにしておく期間のパラメータを指定できます。
  2. データベースからのデータの選択 – 接続が確立されると、データがデータベースから取得されます。 ASP.Net には、データベースに対して 'sql' select コマンドを実行する機能があります。 「sql」ステートメントを使用すると、データベース内の特定のテーブルからデータをフェッチできます。
  3. データベースへのデータの挿入 – ASP.Net はデータベースにレコードを挿入するために使用されます。 データベースに挿入する必要がある各行の値は、ASP.Net で指定されます。
  4. データベースへのデータの更新 – ASP.Net を使用して、データベース内の既存のレコードを更新することもできます。 ASP.Net では、データベースに更新する必要がある行ごとに新しい値を指定できます。
  5. データベースからのデータの削除 – ASP.Net を使用してデータベースからレコードを削除することもできます。 このコードは、データベースから特定の行を削除するために作成されます。

さて、各操作の理論部分を見てきました。 次に、ASP.Net でデータベース操作を実行する方法を見てみましょう。

ASP.NETデータベース接続

次に、データベースへの接続を作成するために保持する必要があるコードを見てみましょう。 この例では、Demodb という名前のデータベースに接続します。 データベースへの接続に使用される認証情報は次のとおりです。

  • ユーザー名 – sa
  • パスワード – デモ123

前のセクションで作成した現在の Web アプリケーションを操作してみましょう。

  • データベース操作の追加を開始します。
  • この例では、単純な接続の確立を見ていきます。 この接続は Demodb データベースに対して行われます。 これは、ページが最初に起動されたときに行われます。
  • 接続が確立されると、メッセージがユーザーに送信されます。 接続が確立されたことを示すメッセージが表示されます。

これを達成するには、以下の手順に従ってください。

ステップ1) まず、Web アプリケーション (DemoApplication) が開いていることを確認しましょう。 Visual Studio. Double 「demo.aspx.cs」ファイルをクリックして、データベース接続のコードを入力します。

ASP.NETデータベース接続

ステップ2) データベースへの接続を確立するために使用される以下のコードを追加します。

ASP.NETデータベース接続

namespace DemoApplication
{  
	public partial class Demo  System.Web.UI.Page  
    {  
	  protected void Page_Load(object sender, EventArgs e)  
	  {  
		string connetionString;
		SqlConnection cnn;
            
		connetionString = @"Data Source=WIN-50GP30FGO75;Initial Catalog=Demodb ;User ID=sa;Password=demol23";
			
		cnn = new SqlConnection(connetionString);
			
		cnn.Open();  
			
		Response.Write("Connection MAde");    
		conn.Close();  
			
	  }
	}
}

コードの説明:-

  1. 最初のステップは変数を作成することです。 これは、接続文字列と SQL Server データベースへの接続を作成するために使用されます。
  2. 次のステップでは、実際に接続文字列を作成します。 接続文字列は次のもので構成されますwing 部品
  • データ ソース – これは、データベースが存在するサーバーの名前です。 私たちの場合、これは WIN-50GP30FGO75 というマシン上に存在します。
  • 初期カタログはデータベースの名前を指定するために使用されます。
  • ユーザー ID とパスワードは、データベースに接続するために必要な資格情報です。
  1. 次に、接続文字列を変数「cnn」に代入します。
  • 変数 cnn の型は SqlConnection です。 これはデータベースへの接続を確立するために使用されます。
  • SqlConnection は ASP.Net のクラスで、データベースへの接続を作成するために使用されます。
  • このクラスを使用するには、まずこのクラスのオブジェクトを作成する必要があります。 したがって、ここでは、SqlConnection 型の「cnn」という変数を作成します。
  1. 次に、cnn 変数の open メソッドを使用して、データベースへの接続を開きます。 接続が確立されたことを示すメッセージがユーザーに表示されます。 これは「response.write」メソッドを介して行われます。 次に、データベースへの接続を閉じます。

上記のコードを設定し、プロジェクトを実行すると Visual Studio。 以下の出力が得られます。 フォームが表示されたら、「接続」ボタンをクリックします。

出力:-

ASP.NETデータベース接続

ブラウザに表示される出力メッセージには、データベースへの接続が確立されたことが示されます。

SqlDataReader を使用した ASP.NET 読み取りデータベース

Asp.Net を使用してアクセスされたデータを表示するには、次のように仮定します。wing 私たちのデータベース内のアーティファクト。

  1. demotb というテーブル。 このテーブルは、さまざまなチュートリアルの ID と名前を保存するために使用されます。
  2. テーブルには XNUMX つの列があり、XNUMX つは「TutorialID」、もう XNUMX つは「TutorialName」と呼ばれます。
  3. 現時点では、以下に示すように、テーブルには XNUMX つの行が表示されます。
チュートリアルID チュートリアル名
1 C#
2 ASP.Net

このデータをクエリして Web ページ自体に情報を表示できるようにコードを変更しましょう。 入力されたコードは、データ接続モジュール用に書かれたコードの続きであることに注意してください。

ステップ1) コードを XNUMX つの部分に分割しましょう。

  • 最初の部分は、「select」ステートメントを構築することです。 データベースからデータを読み取るために使用されます。
  • 次に、データベースに対して「select」ステートメントを実行します。 これにより、それに応じてテーブルのすべての行がフェッチされます。

SqlDataReader を使用した ASP.NET 読み取りデータベース

コードの説明:-

  1. 最初のステップは次のものを作成することですwing variables
  • SQLCommand – 「SQLCommand」は、C# 内で定義されたクラスです。 このクラスは、データベースへの読み取りおよび書き込み操作を実行するために使用されます。 したがって、最初のステップは、このクラスの変数型を確実に作成することです。 この変数は、データベースからデータを読み取る後続のステップで使用されます。
  • DataReader オブジェクトは、SQL クエリで指定されたすべてのデータを取得するために使用されます。 次に、データ リーダーを使用してテーブルのすべての行を XNUMX つずつ読み取ることができます。
  • 次に、XNUMX つの文字列変数を定義します。 XNUMX つは SQL コマンド文字列を保持する「SQL」です。 次は「出力」で、すべてのテーブル値が含まれます。
  1. 次のステップでは、実際に SQL ステートメントを定義します。 これはデータベースに対して使用されます。 今回の場合は「demotb から TutorialID、TutorialName を選択」です。 これにより、テーブル demotb からすべての行がフェッチされます。
  2. 次に、データベースに対して SQL ステートメントを実行するために使用されるコマンド オブジェクトを作成します。 SQL コマンドでは、接続オブジェクトと SQL 文字列を渡す必要があります。
  3. 次に、demotb テーブルからすべての行をフェッチするデータ リーダー コマンドを実行します。
  4. テーブルのすべての行を取得したので、行に XNUMX つずつアクセスするメカニズムが必要です。
  • このために、「while」ステートメントを使用します。
  • 「while」ステートメントは、データ リーダーからの行に一度に XNUMX つずつアクセスするために使用されます。
  • 次に、「GetValue」メソッドを使用して、TutorialID と TutorialName の値を取得します。

ステップ2) 最後のステップでは、出力をユーザーに表示するだけです。 次に、データベース操作に関連するすべてのオブジェクトを閉じます。

SqlDataReader を使用した ASP.NET 読み取りデータベース

namespace DemoApplication
{  
	public partial class Demo System.Web.UI.Page  
    {  
	  protected void Page_Load(object sender, EventArgs e)  
	  {  
		SqlCommand command;
		SqlDataReader dataReader;
		String sql, Output =" ";
		sql = "Select TutorialID,TutorialName from demotb";
		
		command = new SqlCommand(sql, cnn);
		
		dataReader = sqlquery.ExecuteReader();
		while (dataReader.Read())
		{
		  Output = Output + dataReader.GetValue(0) + "-" + dataReader.GetValue(1) + "</br>";
		}
		
		Response.Write(Output); 
		dataReader.Close();
		command.dispose();
		conn.Close(); 
			
	  }
	}
}

コードの説明:-

  1. 出力変数の値を表示してコードを続けます。 これは、Response.Write メソッドを使用して行われます。
  2. 最後に、データベース操作に関連するすべてのオブジェクトを閉じます。 これは常に良い習慣であることを覚えておいてください。

上記のコードを設定し、プロジェクトを実行すると、 Visual Studio、以下の出力が得られます。

出力:-

SqlDataReader を使用した ASP.NET 読み取りデータベース

出力から、プログラムがデータベースから値を取得できたことが明確にわかります。 データはブラウザに表示され、ユーザーに表示されます。

InsertCommandを使用してデータベースレコードを挿入する

データへのアクセスと同様に、ASP.Net にはデータベースにレコードを挿入する機能もあります。 レコードの挿入に使用されるのと同じテーブル構造を考えてみましょう。

チュートリアルID チュートリアル名
1 C#
2 ASP.Net

次のコードを挿入できるように、フォームのコードを変更しましょう。wing テーブルに列を入れる

チュートリアルID チュートリアル名
3 VB.Net

ステップ1) 最初のステップとして、次のコードを追加しましょうwing 私たちのプログラムにコードを追加します。 以下のコード スニペットは、データベースに既存のレコードを挿入するために使用されます。

InsertCommandを使用してデータベースレコードを挿入する

namespace DemoApplication
{  
	public partial class Demo System.Web.UI.Page  
    {  
	  protected void Page_Load(object sender, EventArgs e)  
	  {  
		SqlCommand command;
		SqlDataAdapter adapter = new SqlDataAdapter(); 
		String sql="";
		
		sql = "Insert into demotb(TutorialID,TutorialName) value(3, '" + "VB.Net +"')";
		
		command = new SqlCommand(sql,cnn);
		adapter.InsertCommand = new SqlCommand(sql,cnn); 
		adapter.InsertCommand.ExecuteNonQuery();

		command.Dispose(): 
		cnn.Close();
				
	  }
	}
}

コードの説明:-

  1. 最初のステップは次のものを作成することですwing variables
    1. SQLCommand – このデータ型はオブジェクトを定義するために使用されます。 これらのオブジェクトは、データベースに対して SQL 操作を実行します。 このオブジェクトには、SQL Server データベースに対して実行される SQL コマンドが保持されます。
    2. DataAdapter オブジェクトは、SQL コマンドの挿入、削除、更新を実行するために使用されます。
    3. 次に、SQL コマンド文字列を保持する文字列変数「SQL」を定義します。
  2. 次のステップは実際に、データベースに対して使用される SQL ステートメントを定義することです。 この例では、insert ステートメントを発行しています。 これにより、TutorialID=3 および TutorialName=VB.Net のレコードが挿入されます。
  3. 次に、データベースに対して SQL ステートメントを実行するために使用されるコマンド オブジェクトを作成します。 SQL コマンドでは、接続オブジェクトと SQL 文字列を渡す必要があります。
  4. データ アダプター コマンドでは、
  • 挿入 SQL コマンドをアダプターに関連付けます。
  • 次に、「ExecuteNonQuery」メソッドを発行します。 これは、データベースに対して Insert ステートメントを実行するために使用されます。
  • 「ExecuteNonQuery」メソッドは以下で使用されます。 C# データベースに対して DML ステートメント (挿入、削除、および更新操作) を発行します。
  • ASP.Net でテーブル ステートメントを発行するには、「ExecuteNonQuery」メソッドを使用する必要があります。
  1. 最後に、データベース操作に関連するすべてのオブジェクトを閉じます。 これは常に良い習慣であることを覚えておいてください。

ステップ2) XNUMX 番目のステップとして、「データへのアクセス」セクションと同じコードを追加しましょう。 最近のテーブルデータをブラウザに表示します。 そのために、以下のコードをdemo.aspx.csファイルに追加します。

InsertCommandを使用してデータベースレコードを挿入する

namespace DemoApplication
{  
	public partial class Demo System.Web.UI.Page  
    {  
	  protected void Page_Load(object sender, EventArgs e)  
	  {  
		SqlCommand sqlquery;
		SqlDataReader dataReader;
		String Output =" ";
		sql = "Select TutorialID,TutorialName from demotb";
		
		sqlquery = new SqlCommand(sql, cnn);
		
		dataReader = command.ExecuteReader();
		while (dataReader.Read())
		{
		  Output = Output + dataReader.GetValue(0) + "-" + dataReader.GetValue(1) + "</br>";
		}
		
		Response.Write(Output); 
		dataReader.Close();
		command.dispose();
		conn.Close(); 		
	  }
	}
}

上記のコードを設定してプロジェクトを実行すると、 Visual Studio、以下の出力が得られます。

出力:-

InsertCommandを使用してデータベースレコードを挿入する

ブラウザ ウィンドウに、行がデータベースに正常に挿入されたことが表示されます。

UpdateCommand を使用してデータベース レコードを更新する

ASP.Net には、データベースから既存のレコードを更新する機能があります。 レコードを挿入する例として上記で使用したのと同じテーブル構造を考えてみましょう。

チュートリアルID チュートリアル名
1 C#
2 ASP.Net
3 VB.Net

以下を更新できるように、フォームのコードを変更しましょう。wing 行。 古い行の値は、TutorialID が「3」、チュートリアル名が「VB.Net」です。 これを「VB.Net complete」に更新しますが、チュートリアル ID の行の値は変わりません。

古い行

チュートリアルID チュートリアル名
3 VB.Net

新しい行

チュートリアルID チュートリアル名
3 VB.Netの完成

ステップ1) 最初のステップとして、次のコードを追加しましょうwing 私たちのプログラムにコードを追加します。 以下のコード スニペットは、データベース内の既存のレコードを更新するために使用されます。

UpdateCommand を使用してデータベース レコードを更新する

namespace DemoApplication
{  
	public partial class Demo System.Web.UI.Page  
    {  
	  protected void Page_Load(object sender, EventArgs e)  
	  {  
		SqlCommand command;
		SqlDataAdapter adapter = new SqlDataAdapter(); 
		String sql="";
		
		sql = "Update demotb set TutorialName='"VB.Net Complete"+"' where TutorialID=3";
		
		command = new SqlCommand(sql,cnn);
		
		adapter.InsertCommand = new SqlCommand(sql,cnn); 
		adapter.InsertCommand.ExecuteNonQuery;
		
		command.Dispose(): 
		cnn.Close();
				
	  }
	}
}

コードの説明:-

  1. 最初のステップは次のものを作成することですwing variables
    1. SQLCommand – このデータ型は、データベースに対して SQL 操作を実行するオブジェクトを定義するために使用されます。 このオブジェクトには、SQL Server データベースに対して実行される SQL コマンドが保持されます。
    2. dataadapter オブジェクトは、SQL コマンドの挿入、削除、更新を実行するために使用されます。
    3. 次に、SQL コマンド文字列を保持する SQL である文字列変数を定義します。
  2. 次のステップは、実際にデータベースに対して使用される SQL ステートメントを定義することです。 私たちの場合は、「更新」ステートメントを発行しています。 これにより、チュートリアル名が「VB.Net Complete」に更新されます。 TutorialID は変更されず、値は 3 になります。
  3. 次にコマンドオブジェクトを作成します。 これは、データベースに対して SQL ステートメントを実行するために使用されます。 SQL コマンドでは、接続オブジェクトと SQL 文字列を渡しました。
  4. データ アダプター コマンドでは、insert SQL コマンドをアダプターに関連付けます。 次に、ExecuteNonQuery メソッドを発行します。 これは、データベースに対して Update ステートメントを実行するために使用されます。
  5. 最後に、データベース操作に関連するすべてのオブジェクトを閉じます。 これは常に良い習慣であることを覚えておいてください。

ステップ2) XNUMX 番目のステップとして、「データへのアクセス」セクションと同じコードを追加しましょう。 最近のテーブルデータをブラウザに表示します。 そのために、以下のコードを追加します

UpdateCommand を使用してデータベース レコードを更新する

namespace DemoApplication
{  
	public partial class Demo System.Web.UI.Page  
    {  
	  protected void Page_Load(object sender, EventArgs e)  
	  {  
		SqlCommand sqlquery;
		SqlDataReader dataReader;
		String Output =" ";
		sql = "Select TutorialID,TutorialName from demotb";
		
		sqlquery = new SqlCommand(sql, cnn);
		
		dataReader = command.ExecuteReader();
		
		while (dataReader.Read())
		{
		  Output = Output + dataReader.GetValue(0) + "-" + dataReader.GetValue(1) + "</br>";
		}
		
		Response.Write(Output); 
		dataReader.Close();
		command.dispose();
		conn.Close(); 		
	  }
	}
}

上記のコードを設定し、プロジェクトを実行すると Visual Studio、以下の出力が得られます。

出力:-

UpdateCommand を使用してデータベース レコードを更新する

ブラウザ ウィンドウに、データベース内の行が正常に更新されたことが表示されます。

DeleteCommandを使用してデータベースレコードを削除する

ASP.Net はデータベースから既存のレコードを削除できます。 レコードを削除する例として、上で使用したのと同じテーブル構造を考えてみましょう。

チュートリアルID チュートリアル名
1 C#
2 ASP.Net
3 VB.Netの完成

以下を削除できるようにフォームのコードを変更しましょう。wing 行

チュートリアルID チュートリアル名
3 VB.Netの完成

それでは、以下を追加しましょうwing 私たちのプログラムにコードを追加します。 以下のコード スニペットは、データベース内の既存のレコードを削除するために使用されます。

ステップ1) 最初のステップとして、次のコードを追加しましょうwing 私たちのプログラムにコードを追加します。 以下のコード スニペットは、データベース内の既存のレコードを削除するために使用されます。

DeleteCommandを使用してデータベースレコードを削除する

namespace DemoApplication
{  
	public partial class Demo System.Web.UI.Page  
    {  
	  protected void Page_Load(object sender, EventArgs e)  
	  {  
		SqlCommand command;
		SqlDataAdapter adapter = new SqlDataAdapter(); 
		String sql="";
		
		sql = "Delete demotb where TutorialID=3";
		
		command = new SqlCommand(sql,cnn);
		
		adapter.DeleteCommand = new SqlCommand(sql,cnn); 
		adapter.DeleteCommand.ExecuteNonQuery;
		
		command.Dispose(): 
		cnn.Close();
				
	  }
	}
}

コードの説明:-

  1. このコードの主な違いは、削除 SQL ステートメントを発行していることです。 delete ステートメントは、TutorialID の値が 3 である demotb テーブル内の行を削除するために使用されます。
  2. データ アダプター コマンドでは、insert SQL コマンドをアダプターに関連付けます。 また、データベースに対して削除ステートメントを実行するために使用される「ExecuteNonQuery」メソッドも発行します。

ステップ2) XNUMX 番目のステップとして、「データへのアクセス」セクションと同じコードを追加しましょう。 最近のテーブルデータをブラウザに表示します。 そのために、以下のコードを追加します。

DeleteCommandを使用してデータベースレコードを削除する

namespace DemoApplication
{  
	public partial class Demo System.Web.UI.Page  
    {  
	  protected void Page_Load(object sender, EventArgs e)  
	  {  
		SqlCommand sqlquery;
		SqlDataReader dataReader;
		String Output ="";
		sql = "Select TutorialID,TutorialName from demotb";
		
		sqlquery = new SqlCommand(sql, cnn);
		
		dataReader = command.ExecuteReader();
		
		while(dataReader.Read())
		{
		  Output = Output + dataReader.GetValue(0) + "-" + dataReader.GetValue(1) + "</br>";
		}
		
		Response.Write(Output); 
		dataReader.Close();
		command.dispose();
		conn.Close(); 		
	  }
	}
}

上記のコードを設定し、プロジェクトを実行すると Visual Studio、以下の出力が得られます。

出力:-

DeleteCommandを使用してデータベースレコードを削除する

Asp.net コントロールをデータに接続する

SQLCommand や SQLReader などの ASP.Net コマンドを使用してデータベースからデータをフェッチする方法を説明しました。 また、テーブルの各行を読み取って Web ページに表示する方法も確認しました。

コントロールをテーブル内のさまざまなフィールドに直接リンクするために使用できるメソッドがあります。 現時点では、以下のコントロールのみを ASP.Net アプリケーションにバインドできます。

  1. チェックboxリスト
  2. ラジオボタンリスト
  3. ドロップダウンリスト
  4. リストbox

それでは、ASP.Net でコントロール バインディングを使用する方法の例を見てみましょう。 ここでリストを取りますbox 例。 以下があるとしましょうwing 私たちのデータベース内のデータ。

チュートリアルID チュートリアル名
1 C#
2 ASP.Net
3 VB.Netの完成

リストを使ってみようbox を制御し、Demotb テーブルからデータを自動的に取得する方法を確認します。

これを達成するには、以下の手順に従ってください。

ステップ1) 基本的な Web フォームを構築します。 ツールからbox in Visual Studio、ラベルとリストの 2 つのコンポーネントをドラッグ アンド ドロップします。boxエス。 次に、次の手順を実行しますwing サブステップ;

  1. 最初のラベルのテキスト値を TutorialID として入力します
  2. XNUMX 番目のラベルのテキスト値を TutorialName として入力します。

上記の手順を実行すると、フォームはどのように表示されるかを以下に示します。

Asp.net コントロールをデータに接続する

ステップ2) 次のステップは、各リストの接続を開始することですbox データベーステーブルに。

  1. まず、リストをクリックしますbox チュートリアルID用。 別のダイアログが表示されます box コントロール側へ。
  2. ダイアログから box、[データ ソースの選択] オプションをクリックする必要があります。

Asp.net コントロールをデータに接続する

ステップ3) ダイアログが表示されます box。 これを使用して、新しいデータ ソースを作成できます。 データ ソースはデータベースへの接続を表します。 「新しいデータソース」のオプションを選択します。

Asp.net コントロールをデータに接続する

ステップ4) 最後のステップで新しいデータ ソースを選択すると、次の画面が表示されます。 ここで、作成するデータ ソースの種類について言及する必要があります。

  1. SQL Server データベースを操作するには、データベース オプションを選択します。
  2. 次に、データ ソースに名前を付ける必要があります。 ここでは、DemoDataSource という名前を付けています。
  3. 最後に、「OK」ボタンをクリックして次の画面に進みます。

Asp.net コントロールをデータに接続する

ステップ5) 次に、データベースへの接続を作成する必要があります。 次の画面で、「新しい接続」ボタンをクリックします。

Asp.net コントロールをデータに接続する

ステップ6) 次に、データベースに接続するための資格情報を追加する必要があります。

  1. SQL Server が存在するサーバー名を選択します
  2. ユーザーIDとパスワードを入力してデータベースに接続します
  3. データベースを「demotb」として選択します
  4. [OK]ボタンをクリックします。

Asp.net コントロールをデータに接続する

ステップ7) 次の画面では、Demotb テーブルが表示されます。 「次へ」ボタンをクリックしてデフォルト設定を受け入れます。

Asp.net コントロールをデータに接続する

ステップ8) 次の画面で接続をテストできるようになります。

  1. [クエリのテスト] ボタンをクリックして、テーブルから値を取得できるかどうかを確認します。
  2. 「完了」ボタンをクリックしてウィザードを完了します。

Asp.net コントロールをデータに接続する

ステップ9) 最後の画面で「OK」ボタンをクリックします。 これにより、TutorialID リストがバインドされます。box 「demotb」テーブルの TutorialID フィールド名に追加します。

Asp.net コントロールをデータに接続する

ステップ10) 次に、チュートリアル名リストをバインドします。box チュートリアル名フィールドに入力します。

  1. まず、チュートリアル名リストをクリックします。box.
  2. 次に、ダイアログでデータソースから選択します box リストの横に表示されるbox.

Asp.net コントロールをデータに接続する

ステップ11) 次の画面でデータ ソースを選択すると、DemoDataSource がすでに表示されています。

  1. デモデータ ソースの選択
  2. [OK]ボタンをクリックします。

Asp.net コントロールをデータに接続する

上記のすべての手順が示されているように実行されると、以下の出力が得られます。

出力:-

Asp.net コントロールをデータに接続する

出力から、リストがboxチュートリアル ID とチュートリアル名がそれぞれ表示されます

まとめ

  • ASP.Net は、Oracle や Microsoft SQL サーバー.
  • ASP.Net には、データベースを操作するために必要なすべてのコマンドが含まれています。 これには、データベースへの接続の確立が含まれます。 選択、更新、挿入、削除などの操作を実行できます。
  • ASP.Net の datareader オブジェクトは、データベースから返されたすべてのデータを保持するために使用されます。 ASP.net の While ループを使用すると、データ行を一度に XNUMX つずつ読み取ることができます。
  • データ アダプター オブジェクトは、挿入、削除、更新などの SQL 操作を実行するために使用されます。
  • ASP.Net は、テーブル内のさまざまなフィールドにコントロールをバインドできます。 これらは、ASP.Net でデータ ソースを定義することによってバインドされます。 データ ソースは、データベースからデータを取得し、コントロールにデータを入力するために使用されます。