HP ALM のテスト ラボ (品質センター)

  • テスト設計が完了すると、Test Lab モジュールを使用してテストが実行されます。
  • Test Lab のテスト セット モジュールの HP ALM で遭遇する一般的な用語の XNUMX つです。 あなたの心が何らかのコレクションやセットのイメージを引き起こしたとしたら、それは正しいです。 テスト セットは実際には、実行する予定のテスト ケースのコレクションです。
  • からのテスト ケース テスト計画 モジュールは Test Lab モジュールに呼び出されます。
  • テスト ラボ モジュールのテスト ケースに加えられた変更は、テスト計画モジュールの親テスト ケースには影響しません。 自由に実験していただけます。 したがって、テストラボという名前が付けられました。
  • モジュール内のすべてのテストが同じテスト セットに含まれるように、テスト セット名にはモジュール名と同じ名前を付けることをお勧めします。これにより、実行と追跡が容易になります。
  • 各テスト セット フォルダーは特定のサイクルに割り当てられます。 これにより、ユーザーは特定のサイクルで実行されるテストをグループ化することができます。
  • このモジュールは、ユーザーがテストの実行中にサイクルの進行状況を追跡するのにも役立ちます。
  • Test Lab モジュールは次のもので構成されます。wing それぞれの機能を詳しく理解してみましょう。

HP ALM のテスト ラボ

テストセットの作成方法

ステップ 1) 最初のステップは、テスト セットを入れるためのコンテナとしてルート フォルダーを作成することです。 追跡しやすいように、リリースとサイクルに応じた名前を付けることができます。

  1. 「テスト」タブの「テストラボ」モジュールに移動します
  2. 「新しいフォルダー」アイコンをクリックして、新しいフォルダーを作成します。
  3. 「新しいテスト セット フォルダー」ダイアログが開きます。 フォルダーの名前に「2017 R1 – Cycle 1」と入力します。
  4. [OK]をクリックします

テストセットを作成する

ステップ2) 以下に示すように、テスト実行フォルダーが作成されます。

テストセットを作成する

ステップ3) 作成したフォルダーを選択し、「サイクル」をそれに割り当てます。これは、テスト セット全体がサイクル 1 に対して実行される必要があることを意味します。

テストセットを作成する

ステップ4) テストセットの名前を入力し、「OK」をクリックします。

注: ターゲット サイクルがフォルダー レベルで選択されているため、[ターゲット サイクル] フィールドは無効になります (2017 R1 – サイクル 1)。

テストセットを作成する

ステップ5) テスト セットを作成した後、テストを選択してテスト セットに追加する必要があります。

  1. テストセットを選択します。
  2. 「実行グリッド」に移動します。
  3. 「テストを選択」ボタンをクリックします。 テスト計画ツリーが開きます。
  4. このサイクルで実行するテストを選択します。
  5. 「<=」ボタンをクリックします。 これにより、テスト ケースがテスト計画からテスト ラボに移動/プルされます。

テストセットを作成する

ステップ6) テスト計画ツリーからテストを追加すると、選択したテストのすべての構成パラメータがユーザーに表示されます。 ユーザーは、テスト ラボに追加する前に構成を編集できます。

注: ユーザーは、テスト ラボでのテスト構成の選択を制御できません。 したがって、構成全体がデフォルトでテスト セットに追加されます。 選択した構成の XNUMX つがサイクルの一部ではない場合は、テストを追加した後、テスト ラボから削除します。.

テストセットを作成する

ステップ7) 構成を選択すると、選択したテストがテスト セットに追加されます。 この場合、01 つの構成すべてを選択しました。 したがって、「XNUMX- ログイン テスト」のインスタンスが XNUMX つ見つかります。

テストセットを作成する

ステップ8) 上記の手順を繰り返してさらにテスト セットを作成し、このサイクルに計画されている関連テストをすべて選択します。 すべてのテスト セットを作成すると、テスト セットの構造は次のようになります。

テストセットを作成する

ステップ9) 理解する必要があるもう XNUMX つの重要なタブは、「実行フロー」です。 「実行フロー タブ」を選択すると、実行中にテストが表示される順序が表示されます。 ユーザーは、このタブを使用して実行順序を変更することもできます。これについては、このモジュールの別のセクションで説明します。

テストセットを作成する

テストの実行方法

ステップ1) 作成されたテスト セットが実行できるようになりました。 テストは XNUMX つのオプションを使用して実行できます。

  • テストセットの実行 – このオプションを使用すると、ユーザーは選択したテスト セット内のすべてのテストを実行できます。
  • ラン – このオプションは、ユーザーが選択したテストのみを実行するのに役立ちます。

テストの実行

ステップ2) 「テストセットの実行」オプションを選択して、ログインモジュールのテストスイート全体を実行しましょう。 「テストセットの実行」をクリックすると、ユーザーに XNUMX つのオプションが表示されます。

  1. 手動ランナー (デフォルト) – 実行中に表示されるテストの順序は、テスト セット グリッドに表示される順序と同じになります。
  2. 自動ランナー – 実行中に表示されるテストの順序は、実行フロー タブで設定された順序で表示されます。

デフォルトのオプションで続行しましょう。

テストの実行

ステップ3) 手動テスト ランナーがユーザーに表示されます。 このダイアログでは、重要な機能を理解しましょう。

  1. 実行を開始する – 実行を開始するのに役立ちます
  2. エンドラン – 現在の実行を終了し、手動ランナーを閉じます。
  3. 実行をキャンセルする – 現在のテストの実行をキャンセルします。
  4. 添付ファイル – このテストの実行に関連するスクリーンショットやその他の情報を添付するのに役立ちます
  5. 新たな欠陥 – クリックすると、新しい欠陥ダイアログが開きます。 欠陥 を投稿することができます。
  6. OS情報 – テストが実行されるオペレーティング システムに関する情報を提供します。
  7. 実行名 – テスト結果を分析できる固有のタイムスタンプ later ある時点。

「実行を開始」をクリックします。

テストの実行

ステップ4) テスト コントロールとステップを備えた手動テスト ランナーがユーザーに表示されます。 このテスト ランナー ダイアログで利用できる機能を理解しましょう。

テスト実行中にステップを追加する テスト実行時にステップを追加します。
ステップを削除する テスト実行中にステップを削除します。
選択したパス 選択したパス
選択を失敗しました 選択を失敗しました
選択したテストステップのパラメータを表示します 選択したテストステップのパラメータを表示します
スクリーンショットをキャプチャして添付ファイルを追加する ユーザーが実行時にスクリーンショットをキャプチャし、添付ファイルを追加できるようにします。
ユーザーが欠陥を追加できるようにします ユーザーが実行時に欠陥を追加できるようにします。
コンパクトビューでユーザーを表示します テスト ランナーのコンパクト ビューをユーザーに表示します
実行を終了する 実行を終了する
  1. テスト設計段階で作成されたステップ番号
  2. 選択したステップの説明。
  3. 選択したステップの期待される結果。

    テストの実行

ステップ5) テスト セット内の次のテストがユーザーに表示されます。 ステップ 3 とステップ 4 を繰り返してテストを実行し、それに応じてステータスをマークします。

テストの実行

テスト実行スケジュールの作成方法

テスターは、「実行フロー」タブを使用してテストの実行を制御できます。 テスターは、特定のテスト インスタンスを実行する日時を指定することもできます。 実行フロー内の別の指定されたテスト インスタンスの結果に基づいてテストをスケジュールすることもできます。

ここで、HP-ALM でテスト フローをスケジュールする方法を理解しましょう。

ステップ1) Test Labモジュールから「実行フロー」タブを選択します。

テスト実行スケジュールの作成

ステップ2) Double スケジュールを設定する必要がある特定のテストをクリックします。以下のように「テスト実行スケジュール」が表示されます。デフォルトで設定されている実行条件がないことがわかります。

テスト実行スケジュールの作成

ステップ3) 実行条件を追加するには、以下に示すように「+」アイコンをクリックします。

テスト実行スケジュールの作成

ステップ4) [新しい実行条件]ダイアログが表示されます。

  1. テストのドロップダウンからテストを選択します。 テストセット内のすべてのテストが表示されます
  2. 条件を選択します。 「合格」または「完了」のいずれかを取得できます。
  3. 「OK」をクリックします。

    テスト実行スケジュールの作成

ステップ5) 実行条件を追加した試運転スケジュールが表示されます。

テスト実行スケジュールの作成

ステップ6) 以下に示すように、実行フローは自動的に再調整されます。 以下に表示されるフローに従って、「02 - リセット ボタンのチェック」が完了した場合にのみ、テスト「クラスター ヘッド」が実行されます。

テスト実行スケジュールの作成

ステップ7) ここで、テスターが特定のテストを実行するための実行フローで日付と時刻を指定する方法を理解しましょう。 テスターが特定の機能の準備状況を把握している場合、または自動テストのスケジュールを設定する場合に、より役立ちます。

マネージャーのログイン プロファイルは、特定の日付以降にのみ準備が整うとします。 したがって、テスターは「実行フロー」で条件を指定することで同じものを実行できます。

Double 実行フロー基準を設定する必要があるテストをクリックします。

テスト実行スケジュールの作成

ステップ8) 今、

  1. 「時間依存性」モジュールに移動します
  2. 「指定した時間に実行」を選択します
  3. 実行したい日付を入力してください
  4. テストを実行する時刻を入力します
  5. [OK]をクリックします。

テスト実行スケジュールの作成

ステップ9) [実行フロー] タブは次のように再配置されます。 この種のスケジュール設定は、同じ手順に従う自動テストに非常に役立ちます。

注: 予定された日時が到着すると、ALM は自動的にテストを開始します。 手動介入なしでテストが実行されるため、自動テストに適しています。 テストを自動的にトリガーするための前提条件は、ホストの準備ができており (電源オフまたはロックされていないこと)、テストをトリガーできる状態にある必要があります。 手動テストの場合、効果はありません。

テスト実行スケジュールの作成

テスト結果の分析方法

ステップ1) テストの実行が完了すると、テスターは「テスト実行」モジュールで結果を確認できます。 これには、テスト インスタンスの実行とテスト セットの実行の結果が含まれます。

  1. 「テスト」タブの「テスト実行」に移動すると、以下に示すウィンドウが開きます。
  2. 実行名は、テスト実行ごとに生成される一意の値です。
  3. 「ステータス」には、テスト実行の最終ステータスが表示されます。

「実行 ID」をクリックすると、詳細な結果が表示されます。

テスト結果の分析

ステップ2) ザ・ラン・デtails ダイアログが開き、ユーザーは詳細な結果を確認できるようになります。

  1. 「Run De」の「レポート」タブに移動しますtails' 窓。
  2. テスターは、これらのテスト ステップのそれぞれのステータスを確認できます。
  3. 「OK」をクリックしてダイアログを閉じます。

テスト結果の分析

テストラボのビデオ

こちらをクリックすると、ツールが開きます。 ビデオにアクセスできない場合

覚えておくべきポイント:

  • を使用します テストラボ テスト ケースを実行するための QualityCenter のモジュール
  • 実行を開始する前に、「テスト セット ツリー」を作成する必要があります。
  • テスト セット ツリーを作成するには、まず「テスト セット フォルダー」を作成する必要があります。
  • 次に、テスト計画モジュールで作成した「テスト」をテスト セット フォルダーに追加します。
  • 追加されたテストを含むテスト セット フォルダーは、テスト セット ツリーと呼ばれます (ツリー構造のように見えるため)。
  • テスト セットには、手動テストと自動テストの両方を含めることができます。
  • 同じテストを異なるテスト セットに含めたり、テストの複数のインスタンスを同じテスト セットに追加したりできます。
  • Quality Center には、テスト セットの実行日時を指定できるスケジュール機能も用意されています。