HP ALM (Quality Center) の要件モジュールのチュートリアル

  • 要件の定義は、ソフトウェア開発ライフサイクルの準備段階の XNUMX つです。
  • 要件の定義とは、その特定のリリースの終了時にクライアントに何を提供する必要があるかを指します。
  • 事前に簡潔かつ明確に要件を確立しておくと、開発完了後の手戻りが最小限に抑えられます。
  • ALM のこのモジュールを使用すると、ユーザーは要件を定義、管理、追跡できます。

HP ALM の要件モジュール

サンプル アプリケーション (GURU99 Banking) を使用して理解を深めます。

HP ALM の要件モジュール

要件の作成方法

ステップ1) 「要件」モジュールの「要件」をクリックします。

要件の作成

ステップ2) 簡単にアクセスできるように、このリリース (2017 R1) のすべての要件を特定のフォルダーに管理しましょう。 それに加えて、「機能」要件と「非機能」要件を異なるフォルダーに配置することで、それらの区別を示したいと思います。

  1. 要件モジュールの下の「新しいフォルダー」アイコンをクリックします
  2. フォルダーの名前を「」と入力します。2017 R1」を参照すると、このリリースの要件を簡単に特定できます。

要件の作成

ステップ3) 作成されたフォルダーは以下のように表示されます。

要件の作成

ステップ4) 次に、「」用のフォルダーを作成しましょう。機能的」 すべての機能要件文書/作業項目が維持される要件。

要件の作成

ステップ5) 作成したフォルダーは「」に表示されます要件' 以下に示すようなモジュール。

要件の作成

ステップ6) 同様に「Non Functional」フォルダーを作成します。 Functional フォルダーと Non Functional フォルダーの両方を作成すると、次のようなフォルダー構造になります。

要件の作成

ステップ7) 以下に示すように、要件ページで「新しい要件」アイコンをクリックします。

要件の作成

「新しい要件」ダイアログが開き、ユーザーは次の項目を入力する必要があります。wing 必須フィールド。

  1. 要件の名前を入力してください
  2. 要件のタイプを選択します

要件の作成

ステップ8) ユーザーは次のように入力することもできますwing 必須ではないフィールド。

  1. 著者
  2. 優先
  3. 閲覧
  4. ターゲットリリース
  5. 対象サイクル
  6. 説明とコメント。

ステップ9) 要件では、ユーザーが「」に要件を入力することもできます。リッチテキスト' 以下に示すように直接フォーマットします。

要件の作成

ステップ10) 通常、要件は Word 文書に取り込まれます。 以下に示すように、添付ファイル タブの下にアップロードされます。 ALM は、.xls、.jpg などの他のすべてのファイル タイプもサポートしています。アップロード後、[送信] ボタンをクリックします。

要件の作成

ステップ11) 要件は次のようにユーザーに表示されます。

要件の作成

を使用して要件をアップロードする方法 Microsoft Excel

場合によっては、ユーザーが手動で要件を​​作成しないこともあります。 時間のかかるプロセスを XNUMX つずつ作成するよりも、すべての要件を一括でアップロードする方が簡単です。 ALM へのアップロードを容易にするために、HP はユーザーが MS Excel/MS Word から直接アップロードできるアドインを開発しました。 Excel から QC に要件をアップロードする手順を段階的に理解してみましょう。

要件をアップロードするには、ワークフローを理解する必要があります。

を使用して要件をアップロードします Microsoft Excel

パート A – ダウンロード

ステップ1) ALM ホームページに移動します http://localhost:8181/qcbin をクリックし、リンクのリストから「ツール」をクリックします。

ダウンロード要件

ステップ2: 以下に示すように、アドイン ページから [その他の HP ALM アドイン] リンクをクリックします。

ダウンロード要件

ステップ 3) 「アドインの対象」を選択します。 Microsoft アプリケーション」を選択し、「Microsoft MS Excel アドインを使用してデータを HP-ALM にアップロードするため、リンクから「Excel」を選択します。

ダウンロード要件

ステップ3) HP-ALM を選択します Microsoft ALM 12.00 の Excel アドインのリンク。

ダウンロード要件

ステップ4) HP-ALM を選択します Microsoft ALM 12.00 の Excel アドインのリンク。 「Read-me」ガイドと「Add-in」ガイドも参照できます。リンクをクリックすると、アドイン セットアップ ファイルがデフォルトの場所/ユーザーが選択した場所にダウンロードされます。

ダウンロード要件

パート B – インストール

ステップ1) ダウンロードしたアドインを選択し、ダウンロードしたファイルを右クリックします。 「管理者として実行」を選択します。

要件のインストール

ステップ2) ダウンロードしたアドインを選択し、ダウンロードしたファイルを右クリックします。 アドインをインストールできるように、[管理者として実行] を選択します。

要件のインストール

ステップ3) インストールの種類を選択します。 ここではデフォルト設定である「すべてのユーザー向け」を選択しました。 現在のユーザーのみにインストールしたい場合は、「現在のユーザーのみ」を選択し、「次へ」をクリックしてください。

要件のインストール

ステップ4) インストールが完了すると、ユーザーはステータス メッセージを受け取ります。 「完了」ボタンをクリックします。

要件のインストール

ステップ5) アドインが正常にインストールされたかどうかを確認するには、Excel を開いて [アドイン] タブに移動します。 「HP ALM にエクスポート」オプションが表示されます。これは、「アドイン」が正常にインストールされたことを意味します。

要件のインストール

パート C – ALM への要件のアップロード

ステップ1) Excel から要件をアップロードする前に、アップロードできるように Excel を準備する必要があります。

  1. ALM にアップロードするフィールドを選択し、Excel でそれらのフィールドのヘッダーを作成します。
  2. 以下に示すように、これらの各フィールドに有効なデータを入力します。

ALM への要件のアップロード

ステップ2) アップロードするデータを選択したら、「アドイン」から「HP ALM にエクスポート」をクリックします。

ALM への要件のアップロード

ステップ3) ALM エクスポート ウィザードが開きます。 HP ALM サーバーの URL を入力し、[次へ] をクリックします。

ALM への要件のアップロード

認証用のユーザー名とパスワードを入力し、「次へ」をクリックします。

ALM への要件のアップロード

ステップ3) 要件をアップロードするドメイン、プロジェクト名を選択し、「次へ」をクリックします。

ALM への要件のアップロード

ステップ4) アップロードするデータの種類を選択します。 この場合は要件です。 後で対処するテスト/欠陥をアップロードすることもできます。

ALM への要件のアップロード

ステップ5) 新しいマップ名を入力します。 これまでマップを作成していないため、最初のオプション「マップの選択」は無効になっています。 したがって、新しいマップ名を作成し、「次へ」をクリックする必要があります。 「要件」をアップロードするたびに再利用したいため、「一時マップの作成」は選択していません。

ALM への要件のアップロード

ステップ5b) このダイアログでは、ユーザーは要件タイプの動作を選択する必要があります。 XNUMX 種類の要件のみをアップロードする場合は、「単一要件タイプ」を選択する必要があります。

さまざまな要件タイプをアップロードしています。 したがって、Excel の対応する列に対してマッピングする必要があります。 テンプレートに従って、列「E」には要件のタイプが含まれます。

ALM への要件のアップロード

ステップ6) 「次へ」をクリックすると、以下に示すマッピングダイアログが開きます。

  1. リストされている左側のペインのグリッド項目は、HP ALM でアップロードできるフィールドに対応しています。 「赤」でマークされたフィールドは必須フィールドであるため、マッピングする必要があることに注意してください。
  2. 右側のペインのグリッド項目は、Excel の値が ALM の対応するフィールドに入力されるようにマップされたフィールドを参照します。

ALM への要件のアップロード

ここで、Excel のフィールドを ALM のフィールドに対してマッピングする方法を理解しましょう。

以下に示すように、ユーザーがマップしたいフィールドを選択し、矢印ボタンをクリックします。

ALM への要件のアップロード

HP ALM の適切な列名に対応する Excel の列名を入力します。

ALM への要件のアップロード

Excel のすべての必要な列を HP ALM の適切なフィールドにマッピングします。 すべての必須フィールドをマッピングしたら、「エクスポート」をクリックします。

ALM への要件のアップロード

ステップ8) アップロードが成功すると、ALM は次のようなメッセージを表示します。 エラーが表示された場合は、問題を修正し、同じものを再アップロードしてください。

ALM への要件のアップロード

ステップ 11) 次に、「要件」タブで同じことを確認してみましょう。すべての要件tails 添付ファイルも含めて、以下のようにアップロードされます。

ALM への要件のアップロード

カバレッジ分析(要件トレーサビリティ)の方法

これらの各章で説明したように、ユーザーがすべての要件、テスト、および欠陥をマッピングすると、カバレッジ分析とトレーサビリティ マトリックスを生成できるようになります。

カバレッジ分析は、 テストカバレッジ 特定の要件に反して、tails 合格/失敗/実行されなかったテストの数について。

ステップ1) 要件モジュールに移動し、「表示」メニューをクリックして「カバレッジ分析」を選択します。

カバレッジ分析 (要件トレーサビリティ)

ステップ2) カバレッジ分析は、「要件タブ」に配置された各要件に対して生成され、フォルダー レベルで統合されたステータスが表示されます。

カバレッジ分析 (要件トレーサビリティ)

ステップ3) フォルダーを展開すると、以下のようにカバレッジ分析が表示されます。

カバレッジ分析 (要件トレーサビリティ)

ステップ4) これらのカバレッジ分析ステータスのそれぞれをクリックして、ドリルダウン レポートを取得します。

  1. 特定の要件のステータスをクリックします。 カバレッジ分析が失敗数とともに表示されます。
  2. [テスト カバレッジを表示] をクリックすると、選択した要件に関連付けられた詳細なテスト ステータスが表示されます。

カバレッジ分析 (要件トレーサビリティ)

ステップ5) 「テストカバレッジを表示」をクリックすると、選択した要件に対するテストの実行ステータスが表示されます。

カバレッジ分析 (要件トレーサビリティ)

トレーサビリティ マトリックス:

  • また, トレーサビリティマトリクス ユーザーは、要件と他の要件の間 (または) 要件とテストの間の関係の程度を判断できます。
  • トレーサビリティ マトリックスには、ソース要件とそれに関連する要件およびテストがリストされています。 マトリックスには、各ソース要件の関係の総数が表示されます。

ステップ1) 最初のステップは、「表示」メニューに移動し、「トレーサビリティ マトリックス」を選択することです。

カバレッジ分析 (要件トレーサビリティ)

ステップ2) 以下に示すように、「トレーサビリティ マトリックス」ページが開きます。

  • 「トレーサビリティ・マトリックスの構成」をクリックします。
  • [トレーサビリティ マトリックスの構成] ダイアログが開きます。

カバレッジ分析 (要件トレーサビリティ)

ステップ3) トレーサビリティ マトリックスを生成するための基準を以下に示します。

  • 「ソース要件の定義」の下の「フィルタ」をクリックします。
  • 「フィルタ要件」ダイアログが開きます。 フィルター条件ボタンをクリックします。
  • 「フィルタ基準の選択」ダイアログが開きます。 リストから「機能」を選択します
  • 「OK」をクリックします。

カバレッジ分析 (要件トレーサビリティ)

ステップ4) [フィルター要件] ダイアログには、ユーザーが選択したフィルター基準が表示されます。 「OK」をクリックします。

カバレッジ分析 (要件トレーサビリティ)

ステップ5) 「トレーサビリティの設定」ダイアログが表示されます

  1. 選択した「要件タイプ」
  2. 「リンクされたテストでフィルター」リンクをクリックします。

カバレッジ分析 (要件トレーサビリティ)

ステップ6) 要件とテストの間のトレーサビリティ マトリックスを生成してみましょう。 したがって、「リンクされたテストでフィルター」をクリックすると、次のようになります。wing ダイアログがユーザーに表示されます。

  1. 「リンクされたテストによるフィルター」を有効にします。
  2. 次のように「リンク先」を選択しますwing テスト。
  3. 5 つ以上のテストを受けた要件のトレーサビリティ マトリックスを生成してみましょう。 したがって、フィルター条件として「以上」を選択します。
  4. 値を入力します。 この場合は「5」です
  5. [OK]をクリックします

カバレッジ分析 (要件トレーサビリティ)

ステップ7) Following 指定されたトレーサビリティ マトリックスの基準が満たされている場合、すべての要件とそれに対応するテストが示された画面がユーザーに表示されます。

カバレッジ分析 (要件トレーサビリティ)

ステップ8) ユーザーは、「トレーサビリティ マトリックスの生成」をクリックして Excel にエクスポートすることもできます。

  1. デを選択してくださいtails これについてはトレーサビリティ マトリックスを生成する必要があります。
  2. [トレーサビリティ マトリックスの生成] をクリックします。

カバレッジ分析 (要件トレーサビリティ)

ステップ9) ファイル保存ダイアログがユーザーに表示されます。

  1. トレーサビリティ マトリックスを保存する必要がある場所を選択します。
  2. ファイル名を入力してください
  3. [保存]をクリックします。

カバレッジ分析 (要件トレーサビリティ)

ステップ10) 「保存」ボタンをクリックすると、トレーサビリティ マトリックスがユーザーに対して生成されます。

カバレッジ分析 (要件トレーサビリティ)

要件モジュールに関するビデオはこちらです

こちらをクリックすると、ツールが開きます。 ビデオにアクセスできない場合

重要なポイント:-

  • QualityCenter の要件モジュールは、テスト要件を保存するために使用されます。これらの保存された要件に基づいて、テスト ケースを構築します。
  • 親要件には子要件が含まれる場合があります。
  • 各要件には、識別のために一意の ID が割り当てられます。