HP ALM (品質センター) の欠陥管理ライフサイクル

  • A 欠陥 テスト実行中に、期待された結果と実際の結果が一致しない場合に記録されます。
  • HP ALM の欠陥モジュールは、ユーザーが欠陥を投稿するのに役立つだけでなく、開発プロセスのどの段階でもリリースの全体的な品質を追跡し、提供できるようにします。

HP ALM の欠陥管理ライフサイクル

ALM のデフォルトの欠陥ライフサイクル:

HP ALM の欠陥管理ライフサイクル

Status: 説明
NEW 欠陥が投稿されると、デフォルトのステータスは「新規」になります。
Open 欠陥が開発者によって受け入れられると、「オープン」ステータスに移行します。
拒否され 欠陥が開発者によって拒否されると、「拒否」ステータスに移行します。
固定の 欠陥が開発者によって修正されると、「修正済み」ステータスに移行します。 テスターはすべての欠陥を検出します テスト ステータスが「修正済み」になっているもの。
再び開きます テストが失敗した場合、欠陥は「再オープン」ステータスに移行します。
閉店 テストに合格した場合、欠陥は「クローズ」ステータスに移行します。

注: ユーザーは、新しい欠陥ステータスを追加して欠陥ライフサイクルを構成することもできます。 新しい欠陥ステータスの追加については、プロジェクトのカスタマイズの章で説明します。

新しい欠陥を作成する方法

ステップ1) Quality Center の「欠陥」タブに移動し、「新しい欠陥」ボタンをクリックします。

新しい欠陥を作成する

ステップ2) 「新しい欠陥」ダイアログが開きます。 以下の項目を入力してくださいwing 表示義務のある情報。

  • 「検出されたフィールド」を入力してください
  • 検出日を入力します – デフォルトでは現在の日付が選択されます
  • 欠陥の重大度レベルを設定します。
  • ユーザーは他の情報を入力したり、欠陥に関する簡単な説明を入力したりすることもできます。

新しい欠陥を作成する

ステップ3) テスターは、「添付ファイル」タブを使用して、欠陥に関連するスクリーンショットやその他の関連ファイルを添付することもできます。

  1. 「添付ファイル」タブをクリックします
  2. 「添付ファイル」ボタンをクリックします
  3. ファイル エクスプローラー ダイアログからファイルを選択します。
  4. 「開く」をクリックします

新しい欠陥を作成する

ステップ4) 「開く」をクリックすると、添付ファイルセクションにファイルが添付されていることがわかります。

  1. 選択したファイルがアップロードされました
  2. 「送信」をクリックして欠陥を投稿すると、欠陥 ID が生成されます。

新しい欠陥を作成する

ステップ5) 欠陥が投稿され、以下に示すように [欠陥] タブから同じ欠陥にアクセスできます。 また、欠陥の投稿時に欠陥 ID が生成されることもわかります。

新しい欠陥を作成する

欠陥を要件にリンクする方法

ユーザーは、欠陥を他の欠陥とリンクしたり、欠陥を要件とリンクしたりできます。 欠陥と要件をリンクすることで、カバレッジ分析グラフとトレーサビリティ マトリックスを生成できます。

ステップ1) 欠陥を作成した後、テスターはリンクされた要件を欠陥に対してマッピングできます。 同じことをするには、

  1. 「欠陥ID」をクリックします
  2. 欠陥デtails 以下に示すダイアログが開きます。

欠陥を要件にリンクする

ステップ2) エンティティをリンクするには、

  1. 「リンクされたエンティティ」に移動します
  2. この欠陥に対する要件をリンクするには、「その他」をクリックします。
  3. [リンク] ボタンをクリックし、[ID 別] を選択します (要件名に基づいて選択することもできます)。
  4. この欠陥をマッピングする必要がある要件 ID を入力します。
  5. 「リンク」ボタンをクリックします

欠陥を要件にリンクする

ステップ3) リンクボタンをクリックすると不具合が発生しますtails 以下に示すように、リンクが追加されたウィンドウがユーザーに表示されます。

欠陥を要件にリンクする

ステップ4) 要件が欠陥に対してリンクされると、以下に示すように、要件はそれに対するリンク シンボルとともに表示されます。

欠陥を要件にリンクする

ステップ5) 要件が欠陥とリンクされると、要件は トレーサビリティマトリクス 生成することができます。 トレーサビリティ マトリクスを生成するには、「要件」の表示メニューに移動し、「トレーサビリティ マトリクス」を選択します。 生成されたトレーサビリティ マトリックスは次のように生成されます。

注: チュートリアルを参照してください。要件モジュール」 ステップが詳細に説明されたトレーサビリティ マトリックスを生成します。

欠陥を要件にリンクする

Excel を使用して欠陥をアップロードする方法

  • 毎回、ユーザーはこれらの欠陥を XNUMX つずつ手動で作成することができなくなります。
  • このモジュールは、ユーザーが Excel から ALM に欠陥をアップロードするのに役立ちます。 これは、ユーザーが XNUMX つの欠陥管理システムから ALM に移行したい場合に非常に役立ちます。
  • このプロセスは、テストと要件をアップロードするプロセスと同じです。
  • ALM でデータをインポートできる形式で Excel ファイルが準備されていることを確認する必要があります。

ステップ1) 以下に示すように、ユーザーがアップロードしたい必要な列を含む Excel ファイルを作成します。

「添付ファイル」フィールドは、スクリーンショットやその他の添付ファイルが保存されるローカル パスを取得します。ユーザーは添付ファイルのパスを指定するだけで、添付ファイルが他のファイルとともに ALM にアップロードされるように選択されます。tails 欠陥の。

Excelを使用して欠陥をアップロードする

ステップ2) 今、

  1. 「アドイン」タブに移動します
  2. 「HP ALM にエクスポート」を選択します。

Excelを使用して欠陥をアップロードする

ステップ 3) ALM エクスポート ウィザードが開きます。 HP ALM サーバーの URL を入力し、[次へ] をクリックします。

Excelを使用して欠陥をアップロードする

ステップ4) 認証用のユーザー名とパスワードを入力し、「次へ」をクリックします。

Excelを使用して欠陥をアップロードする

ステップ5) テストをアップロードするドメイン、プロジェクト名を選択し、「次へ」をクリックします。

Excelを使用して欠陥をアップロードする

ステップ6) アップロードするデータの種類を選択します。 この場合、それは欠陥です。

Excelを使用して欠陥をアップロードする

ステップ7) 新しいマップ名を入力します。 最初のオプション「マップの選択」は、欠陥をアップロードするためのマップをまだ作成していないため、無効になっています。 したがって、新しいマップ名を作成し、「次へ」をクリックする必要があります。 欠陥をアップロードするたびに再利用したいため、「一時マップの作成」は選択していません。

Excelを使用して欠陥をアップロードする

ステップ 8) 「次へ」をクリックすると、以下に示すようなマッピング ダイアログが開きます。

  1. リストされている左側のペインのグリッド項目は、HP ALM でアップロードできるフィールドに対応しています。 「赤」でマークされたフィールドは必須フィールドであるため、マッピングする必要があることに注意してください。
  2. 右側のペインのグリッド項目は、Excel の値が ALM の対応するフィールドに入力されるようにマップされたフィールドを参照します。
  3. Excelを使用して欠陥をアップロードする

ステップ9) ここで、Excel のフィールドを ALM のフィールドに対してマッピングする方法を理解しましょう。

  1. 以下に示すように、ユーザーがマップしたいフィールドを選択し、矢印ボタンをクリックします。

Excelを使用して欠陥をアップロードする

  1. HP ALM の適切な列名に対応する Excel の列名を入力します。

Excelを使用して欠陥をアップロードする

  1. Excel のすべての必要な列を HP ALM の適切なフィールドにマッピングします。 すべての必須フィールドをマッピングしたら、「エクスポート」をクリックします。

Excelを使用して欠陥をアップロードする

ステップ10) アップロードが成功すると、ALM は次のようなメッセージを表示します。

Excelを使用して欠陥をアップロードする

欠陥の検索方法

欠陥モジュールには、最初に記録された欠陥から直接記録されたすべての欠陥が含まれています。

したがって、ユーザーは特定の基準に基づいて欠陥を検索することができます。

ステップ1) 「編集」メニューに移動し、「検索」を選択します。

欠陥の検索

ステップ2) 「検索」ダイアログが表示されます。

  1. 検索を実行する必要があるフィールド名を入力します (この場合、検索には欠陥 ID を使用します)。
  2. 値を入力してください
  3. 「次を検索」をクリックします

欠陥の検索

ステップ3) ALM は次のように項目を背景に表示します。

欠陥の検索

Email 欠陥の通知

  • 割り当てられたユーザーは自動的に電子メールを受け取ります。mail ステータス/フィールドへの割り当てに変更がある場合、email 構成は ALM 管理者によって適切に設定されます
  • Email プロジェクト カスタマイズ モジュールの [アラート] タブの設定に基づいてトリガーされます (「プロジェクトのカスタマイズ」を参照)tails).

割り当てられたユーザー「Glenn」が e を受信する必要があるとします。mail 欠陥ステータスが「修正済み」ステータスに移行したとき。 email 以下のように送信されます。 スクリーンショットは電子メールを受信した後に撮影されたものですmail (MS Outlook より)。

  1. また, mail 「グレン」に送られます
  2. また, mail デを持っていますtails 欠陥について
  3. また, mail 以下に示すように、ステータスが「再オープン」から「修正済み」に移行したためにトリガーされます。

Email 欠陥の通知

欠陥管理に関するビデオ

こちらをクリックすると、ツールが開きます。 ビデオにアクセスできない場合

まとめ

  • テストをリンクできます テスト計画 、QualityCenter の欠陥グリッド内の特定の欠陥に
  • リンクは、既存の欠陥に対して新しいテストが作成される場合、または欠陥に関連する要件の変更がある場合に役立ちます。
  • リンクは直接的または間接的に行うことができます。
  • 欠陥を実行に直接リンクすると、QualityCenter は欠陥をテスト インスタンス、テスト セット、テスト、および要件に間接的にリンクします。
  • ただし、リンクは一方向です。つまり、欠陥を run にリンクする場合、実行ステップには間接的にリンクされません。