JavaScript の For、while、および Do While LOOP (例付き)

ループの使い方は?

ループは、同じコード行を特定の回数、または特定の条件が true である限り繰り返し実行する必要がある場合に便利です。 Web ページに「Hello」メッセージを 100 回入力するとします。 もちろん、同じ行を 100 回コピーして貼り付ける必要があります。 代わりに、ループを使用すると、このタスクをわずか 3 行または 4 行で完了できます。

JavaScript でループを使用する

さまざまなタイプのループ

ループには主にXNUMX種類あります。 JavaScriptを.

  1. forループ
  2. for/in ループ (説明済み) later)
  3. whileループ
  4. do…whileループ

forループ

構文:

for(statement1; statement2; statment3)
{
lines of code to be executed
}
  1. ループ コードを実行する前であっても、statement1 が最初に実行されます。 したがって、このステートメントは通常、ループ内で使用される変数に値を割り当てるために使用されます。
  2. state2 はループを実行する条件です。
  3. ステートメント 3 は、ループ コードが実行されるたびに実行されます。

これを自分で試してみてください。

<html>
<head>
	<script type="text/javascript">
		var students = new Array("John", "Ann", "Aaron", "Edwin", "Elizabeth");
		document.write("<b>Using for loops </b><br />");
		for (i=0;i<students.length;i++)
		{
		document.write(students[i] + "<br />");
		}
	</script>
</head>
<body>
</body>
</html>

whileループ

構文:

while(condition)
{
lines of code to be executed
}

「while ループ」は、指定された条件が true である限り実行されます。 while ループ内には、ある時点でループを終了するステートメントを含める必要があります。他のwise、ループが終了せず、ブラウザがクラッシュする可能性があります。

これを自分で試してみてください。

<html>
<head>
	<script type="text/javascript">
		document.write("<b>Using while loops </b><br />");
		var i = 0, j = 1, k;
		document.write("Fibonacci series less than 40<br />");
		while(i<40)
		{
			document.write(i + "<br />");
			k = i+j;
			i = j;
			j = k;
		}
	</script>
</head>
<body>
</body>
</html>

do…whileループ

構文:

do
{
block of code to be executed
} while (condition)

do…while ループは while ループと非常に似ています。 唯一の違いは、do…while ループでは、条件をチェックする前であってもコードのブロックが XNUMX 回実行されることです。

これを自分で試してみてください。

<html>
<head>
	<script type="text/javascript">
		document.write("<b>Using do...while loops </b><br />");
		var i = 2;
		document.write("Even numbers less than 20<br />");
		do
		{
			document.write(i + "<br />");
			i = i + 2;
		}while(i<20)
	</script>
</head>
<body>
</body>
</html>