Loadrunner Controller チュートリアル: 手動および目標指向のシナリオ

コントローラーとは何ですか?

コントローラーはその名のとおり、負荷テスト全体を「制御」するプログラムです。 これは、すでに作成した VUGen スクリプトを使用してパフォーマンス テスト設計を実行するのを支援する役割を果たします。 ランタイム設定をオーバーライドしたり、思考時間の有効化または無効化、ランデブー ポイント、負荷の追加を行うことができます。 generatorそれぞれのユーザー数を制御します generator シミュレーションできる。 実行結果のダンプが自動的に作成され、実行中の負荷テストの「現在の状態」をライブビューで確認できます。

HP コントローラーについて詳しく見てみましょう。

コントローラーの起動方法

HP コントローラーを起動するには、[スタート] メニューに移動します ->HP ソフトウェア ->HP LoadRunner ->以下に示すコントローラー:

コントローラーの起動方法

起動後、スプラッシュ画面が一瞬表示されます。 簡単なスナップが以下に表示されます。

コントローラーの起動方法

スナップショットは自動的に HP コントローラーのメイン ウィンドウに移動します。 画面の主なコンポーネントについて説明する前に、それを見てみましょう。

コントローラーの起動方法

[新しいシナリオ] 画面が自動的に表示されない場合は、(設定を変更した後) ファイル メニューの [新規] ボタンをクリックするか、 コントローラーの起動方法 ツールバーのボタンをクリックします。 または、Ctrl + N をクリックすることもできます。参考までにメニューを以下に示します。

コントローラーの起動方法

同様に、既存のシナリオまたは以前に作成したシナリオを開くには、Ctrl + O または コントローラーの起動方法 アイコンをクリックすると、標準のダイアログが開きます box ファイルを参照します。 ロード・ランナー・シナリオ・ファイルの拡張子は次のとおりです。 *.lrs

コントローラーには XNUMX 種類のシナリオがあります。

  • 手動シナリオ
  • 目標指向のシナリオ

手動シナリオにはパーセンテージ モードがある場合とない場合があります。 それぞれについて詳しく説明します。

手動シナリオのシミュレーション

手動シナリオは静的であり、状況をより詳細に制御できます。 どのトランザクションを、何回、どのくらいの期間実行するかを決定できます。

テスト ミックスの構成に基づいて、ヒット数、応答時間などのアプリケーションの動作を確認できます。

手動シナリオが目標指向シナリオとどのように異なるかについては、後ほど説明します。

手動シナリオを作成するには、「シナリオの種類の選択」から手動シナリオを選択します。

ここでは、まず非パーセンテージ モードを使用してみましょう。 以下に示すスナップショットを見てください。

手動シナリオのシミュレーション

上の画面から、シナリオに追加したいスクリプトを直接選択できます。 ただし、スクリプトは後で追加するのが一般的です。

[OK] ボタンをクリックして続行します。

これにより、空のシナリオが作成され、メイン画面にロードされます。 [保存] ボタンが有効になっていることがわかります。 以下のスナップショットを見てください。

手動シナリオのシミュレーション

同様に、シナリオの種類を選択するときにパーセンテージ モードを選択した場合、画面の表示は若干異なります。 ユーザー数の代わりに、ユーザーの分布がパーセンテージで表示されます。 コントローラは、割り当てられた割合に従ってユーザーを自動的に分配します。

残りは同じです。 以下のスナップショットを参照してください。

手動シナリオのシミュレーション

最初にシナリオを作成しない場合は、次のようなツールバーが表示されます。

手動シナリオのシミュレーション

クリックすることができます 手動シナリオのシミュレーション ボタンをクリックして、新しい空のシナリオを作成します。 シナリオが作成されたら、 手動シナリオのシミュレーション ボタンをクリックしてシナリオを保存するか、Ctrl + S をクリックします。同様に、 手動シナリオのシミュレーション ボタンをクリックして、ローカル コンピューター ドライブから既存のシナリオを開きます。

残りのボタンは、LoadRunner の他のコンポーネントを呼び出すだけです。 の 手動シナリオのシミュレーション ボタンは VUGen を呼び出し、 手動シナリオのシミュレーション ボタンは HP 分析を呼び出します。

VUSer スクリプトまたはグループを追加すると、件名ツールバーに追加のアイコンが表示されることに気づくでしょう。 新しいツールバーは次のようになります。

手動シナリオのシミュレーション

新しいツールバーには 2 つの追加コントロールがあります。

また, 手動シナリオのシミュレーション ボタンをクリックすると、すべてのロードのリストが開きます Generators. 私たちの場合、「localhost」を generator。 これは、ローカル マシンがコントローラーだけでなく使用されることを意味します。 Generator 仮想ユーザーの負荷をシミュレートします。 ネットワーク仮想化設定は、 をクリックして開くことができます。 手動シナリオのシミュレーション アイコン。 ネットワーク仮想化には、Shunra NV for HP ソフトウェア バージョン 8.6 以降がマシンにインストールされている必要があります。 この統合により、負荷およびパフォーマンスのテスト環境で実稼働ネットワークの状態が仮想化されるため、テストの精度が向上します。 Shura NV for HP Software をテスト環境に組み込むには、HP サービス担当者にお問い合わせください。

新しい空の LoadRunner シナリオを作成したので、次の内容をメモしてください。

新しいシナリオのデフォルト構成:

予定者: <span class="notranslate">シナリオ</span>

実行モード: 現実世界のスケジュール

VUsers スクリプトは VUsers のグループによって実行されるため、グループとも呼ばれます。 追加された仮想ユーザー スクリプトの名前が「グループ名」列に表示されます。 このシナリオに VUsers スクリプトを追加しましょう。

シナリオが完全に作成されると、シナリオ グループの下に以下のツールバーが表示されます。

手動シナリオのシミュレーション

あなたはをクリックすることができます 手動シナリオのシミュレーション ツールバーの アイコンをクリックして VUser グループを追加します。

「グループ名」列の下のセルをクリックすると、小さなウィンドウが開きます。 box すなわち 手動シナリオのシミュレーション – ここでは、最近の VUser スクリプトのクイック リストと [参照] ボタンが表示されます。 以下のスクリーンショットを参照してください。

手動シナリオのシミュレーション

リストから選択することも、目的のディレクトリから参照することもできます。 参照ボタンをクリックするとダイアログが開きます box MSの共通ダイアログに似ている box。 以下のスナップショットを参照してください。

手動シナリオのシミュレーション

ご覧のとおり、VUser スクリプト、GUI スクリプト、または QTP スクリプトはこちら。 GUI または QTP スクリプトは単一ユーザーのみをインスタンス化でき、「負荷シミュレーション」には使用できないことに注意してください。 QTP スクリプトがロード シナリオで使用できる理由を理解できますか?

正解は、情報を抽出するために QTP スクリプトをロード シナリオに追加できることです。

LoadRunner スクリプトはリクエストとレスポンスに基づいて動作するため、これには UI とデータのレンダリング時間は含まれません。 QTP スクリプトは、負荷時の実際のユーザー エクスペリエンスのサンプルを 1 つ提供します。 もちろん、QTP スクリプトには記述プログラミングを通じてすべてのトランザクションが適用されている必要があります。

左側の灰色の領域を右クリックすると、以下のスクリーンショットに示す小さなメニューが表示されます。

手動シナリオのシミュレーション

「グループの追加」をクリックして、VUser スクリプトを参照できます。

グループを削除するには、 をクリックします。 手動シナリオのシミュレーション ツールバーの ボタンをクリックするか、グループを右クリックして「グループの削除」を選択します。以下に示します。

手動シナリオのシミュレーション

ヒント: をクリックすることもできます。 手動シナリオのシミュレーション ボタンをクリックすると、選択したグループに固有の実行時設定が表示されます。 複数のグループを選択 (Ctrl キーを押しながらクリック) して、選択したグループに一度に実行時設定を適用できます。

ツールバーから、「De」をクリックします。tails ボタン[手動シナリオのシミュレーション ] ツールバーですべてのデを表示しますtails VUser グループに関係するもの。

手動シナリオのシミュレーション

[詳細] をクリックすると、3 つのタブのあるパネルが表示されます。 最初のタブ「Rendezvous」がデフォルトで開きます。

手動シナリオのシミュレーション

「仮想ユーザー」タブで仮想ユーザーのリストを確認することもできます。 VUser に ID を割り当てている場合は、ここに ID が表示されます。

手動シナリオのシミュレーション

Script フォルダー内のすべてのファイルのリストを表示することもできます。 これは、最後のディレクトリまで移動して、関連するファイルのみを表示するのに役立ちます。

手動シナリオのシミュレーション

グループのスケジュール方法については別途検討します。

シナリオの準備ができたら、 手動シナリオのシミュレーション ボタンをクリックしてシナリオの実行を開始します。 再生ボタンをクリックすると、コントローラーが [デザイン] タブから [実行] タブに切り替わります。

コントローラーの設計では、シナリオを実行するときにビューにスクリプトも提供します。これは、エラーが発生した場合に役立ちます。ただし、スクリプトに加えた変更は実行中のシナリオには反映されません。シナリオが実行されていないときでも、デプロイメントを表示する必要があります。tails 変更を有効にするには、[更新] ボタンをクリックします。

をクリックすると、コントローラーから直接スクリプトを表示できます。 手動シナリオのシミュレーション

同様に、をクリックすると現在の VUser を確認できます (はい、実際に表示できます)。 手動シナリオのシミュレーション

設定が完了したら、 手動シナリオのシミュレーション ボタンをクリックするか、「実行中」タブに移動して「 手動シナリオのシミュレーション

シナリオの実行開始時に、コントローラーは結果をダンプするための一時ディレクトリを暗黙的に作成します。 ディレクトリがすでに存在する場合は、次のプロンプトが表示されます。

手動シナリオのシミュレーション

「はい」を選択すると、以前のダンプは失われます。 「いいえ」を選択すると、以下のウィンドウが表示されます。 必要に応じて、結果ごとに新しいディレクトリを作成することもできます。 ただし、その後すぐにスペースが不足することを考慮してください。

手動シナリオのシミュレーション

[OK] をクリックするとすぐに、シナリオの実行が開始されます。 ユーザーが Pending 列から Init 列などに移動していることがわかります。

実行例は次のようになります。

手動シナリオのシミュレーション

「Passed Transactions」をクリックすると、新しいウィンドウが開きます。 ここでは、スクリプト全体に適用したトランザクションのステータスを確認できます。

同様に、左側のグラフ名をクリックすると、任意のグラフを開くことができます。

ウィンドウの下部には、通過したトランザクション、これまでにユーザーが要した最小時間、最大時間、平均時間、標準偏差が表示されます。

結果を並べて照合するか、シナリオの完了後にのみ照合するかを選択できます。 切り替えるには、[結果] メニューをクリックすると、以下のメニューが表示されます。

手動シナリオのシミュレーション

照合を有効にしたい場合は、チェックを入れたままにしておきます。

目標指向のシナリオのシミュレーション

目標指向のシナリオは本質的に動的です。つまり、サーバー上でシミュレートされる全体的な負荷が常に変化します。 たとえば、ターゲット サーバーで達成したい最大ヒット数、トランザクションに対する最大応答時間などの目標を設定します。

上記の数値に基づいて、許容可能な応答時間の範囲内でアプリケーションがサポートする最大ユーザー数などの分析を行うことができます。 同様に、サーバーへのヒット数が X に達するまで、アプリケーションに接続するユーザーの最大数。

このような場合、HP コントローラーはサーバーへのユーザー数を自動的に変更するため、ユーザーが実行する回数や実行時間をほとんど制御できません。

「新規」をクリックして新しいシナリオを作成し、「目標指向のシナリオ」を選択します。

次のことwing 画面が表示されます:

目標指向のシナリオのシミュレーション

VUser グループを追加するプロセスは、手動シナリオの場合とまったく同じです。

目標指向シナリオの主な違いは、名前が示すように、目標を作成することです。 コントローラーは自動的に

ほとんどのインターフェイスは手動シナリオとほぼ同じですが、同じ操作を実行しても、特定の画面の表示が異なります。 たとえば、仮想ユーザー グループまたは仮想ユーザー スクリプトを追加するには、 目標指向のシナリオのシミュレーション ボタン。 これにより、以下のウィンドウが表示されます。

目標指向のシナリオのシミュレーション

ここで、最近のスクリプトを選択したり、スクリプトを参照したり、「記録」ボタンを押して新しいスクリプトを作成したりできます。

[OK]をクリックしてウィンドウを閉じます。

必要に応じて、クリックできます 目標指向のシナリオのシミュレーション デを表示するボタンtails 選択したグループ/VUser スクリプトの。

クリック 目標指向のシナリオのシミュレーション ボタンをクリックすると、選択した VUser グループが現在のシナリオから削除されます。 変更は保存した場合にのみ保存されます。

クリック 目標指向のシナリオのシミュレーション VUGen で学習したように、 ボタンをクリックすると、[実行時設定] が開きます。ただし、ここで実行時設定を上書き (または変更) した場合、変更は現在のシナリオに対してのみ有効になります。スクリプトを削除して再ロードするか、[更新] をクリックすると (Details View) を実行すると、加えられた変更はすべて失われます。これにより、スクリプトの作成中に保存された実行時設定が再ロードされます。

をクリックすることもできます 目標指向のシナリオのシミュレーション ボタンをクリックして、VUGen の VUser グループを選択します。

負荷を設定したい場合 Generator(次のトピック) をクリックできます。 目標指向のシナリオのシミュレーション

目標指向シナリオの実行は手動シナリオと同じです。

負荷の構成 Generators

負荷を設定するには XNUMX つの方法があります Generators.

[グループの追加] (仮想ユーザー スクリプトを追加するため) をクリックすると、次のウィンドウが表示されます。

負荷の構成 Generators

「ロード」に対応する「追加」をクリックできます。 Generator ロードに名前を付けて参照します Generatorまたは、単に「localhost」と入力して、コントローラー マシンをロードとして使用し始めることもできます。 Generator.

「追加…」をクリックすると、以下のウィンドウが表示されます。

負荷の構成 Generators

「詳細」をクリックすると、ロードに関連するその他の設定が表示されます。 Generator。 さまざまなタブに移動して理解を深めてください。

負荷の構成 Generators

上記は実行時設定の構成でした。 ご覧のとおり、一度に最大 50 人のユーザーを初期化できます。

以下は VUser Limit の設定です。

負荷の構成 Generators

デフォルト設定に戻し、加えた変更をすべて失いたい場合は、「デフォルト」をクリックします。 「OK」ボタンをクリックして変更を保存し、ウィンドウを閉じます。

負荷を追加および構成する別の方法 Generatorをクリックすると <span class="notranslate">シナリオ</span> メニューをクリックして 負荷 Generators.

負荷の構成 Generators

これにより、メインウィンドウが表示されます Generators. ここでは、すべてのロードのステータスを確認できます。 Generators. 名前は、の名前を指します。 Generator。 ステータスは、現在のステータスです。 generator 使用する準備ができています。 プラットフォームはオペレーティング システムに次のことを伝えます。 generator Windows または Unixの のみ。 タイプは、ローカルベースかクラウドベースかを示します。 generator。 以下のスナップショットを見てください。

負荷の構成 Generators

さらに追加するには generator、「追加」ボタンをクリックする必要があります。 [追加] をクリックすると、上で説明したのと同じ画面が表示されます。

Once generator 設定が完了したら、「閉じる」ボタンをクリックして画面を閉じます。

グループをスケジュールする

シナリオを実行する前に、スケジュールを構成する必要があります。 シナリオごとまたはグループごとにスケジュールを設定します。 これらはそれぞれ、実行モードと呼ばれる現実のスケジュールまたは基本スケジュールによってさらに分類できます。

シナリオごとにスケジュールを設定し、現実世界のスケジュールを作成すると、グローバル スケジュール領域に以下のオプションが表示されます。

グループをスケジュールする

ただし、シナリオをスケジュールして基本スケジュールを作成すると、以下のウィンドウが表示されます。 違いを見つけることができますか?

グループをスケジュールする

グループごとにスケジュールを設定することもできます。 これにより、設定がグループ レベルに適用されます。 これはさらに、現実世界モードと基本実行モードに分類できます。

グループをスケジュールする

同様に、実行モードを基本スケジュールに変更できます。 テスト設計スキルを活用して、XNUMX つの違いを見つけてください。 参考資料は次のとおりです。

グループをスケジュールする

[シナリオ スケジュール] ツールバーに新しいアイコンが表示されていることに気づきましたか?

ご参考までに次のとおりです。 グループをスケジュールする

Rendezvous アイコンは、グループ構成の場合にのみ表示されます。

SLA(サービスレベルアグリーメント)の設定

顧客とサービス レベル契約を締結している場合があります。 LoadRunner または Controller の SLA により、アプリケーションを SLA に照らしてテストする機会が得られます。 通常の (非 SLA) シナリオでは、問題と問題の根本原因を見つけるために、さまざまなタイプのシナリオを実行する機会が与えられることに留意してください。 一方、顧客は、SLA に基づいてアプリケーションをテストして、契約で割り当てられた機能が動作するかどうかを確認したいと考えるかもしれません。

コントローラーのメイン デザイン ビューから、SLA ツールバーを見つけます。 それは右上隅にあり、次のようになります。

SLA(サービスレベルアグリーメント)の設定

SLA(サービスレベルアグリーメント)の設定 ボタンとフォローwing ウィンドウが開きます:

SLA(サービスレベルアグリーメント)の設定

SLA(サービスレベルアグリーメント)の設定

新しいウィンドウに注目してください。 ここで、SLA の測定を選択できます。 この例では、トランザクション応答時間を取得しています。 ご覧ください:

SLA(サービスレベルアグリーメント)の設定

SLA(サービスレベルアグリーメント)の設定

次のウィンドウでは、上記の測定が適用されるトランザクションを選択できます。 メイントランザクション (01_Signup) のみを使用しています。

これは、メイン ページを開くことや、その他のそれほど重要ではないトランザクションを除外するのに役立ちます。

ウィンドウを見てください。

SLA(サービスレベルアグリーメント)の設定

SLA(サービスレベルアグリーメント)の設定

新しいウィンドウで、しきい値のパーセンタイルを選択できます。 複数のトランザクションを選択した場合は、 SLA(サービスレベルアグリーメント)の設定 ボタン。 以下のウィンドウを見てください。

SLA(サービスレベルアグリーメント)の設定

SLA(サービスレベルアグリーメント)の設定

次の画面は単純なクロージャーです。 クリック SLA(サービスレベルアグリーメント)の設定 ボタンをクリックして SLA を閉じます。

SLA(サービスレベルアグリーメント)の設定

クリックした後 SLA(サービスレベルアグリーメント)の設定をクリックすると、SLA が表示されたコントローラのメインの [設計] ウィンドウが表示されます。 ご覧ください:

SLA(サービスレベルアグリーメント)の設定

あなたはをクリックすることができます SLA(サービスレベルアグリーメント)の設定 SLA を表示するボタンtails。ザ・フォロwing ウィンドウが開きます:

SLA(サービスレベルアグリーメント)の設定

SLA(サービスレベルアグリーメント)の設定 ボタンをクリックして上のウィンドウを閉じます。

既存の SLA を削除する場合は、 SLA(サービスレベルアグリーメント)の設定 ボタン。 クリックすると、以下の確認メッセージが表示されます。

SLA(サービスレベルアグリーメント)の設定

あなたは、クリックした場合 SLA(サービスレベルアグリーメント)の設定ボタンをクリックすると、SLA の詳細オプションが表示されます。

デフォルトのオプション、つまり内部的に計算された追跡期間を使用することをお勧めします。 スナップショットを見てください。

SLA(サービスレベルアグリーメント)の設定

内部的に計算された追跡期間を使用する場合、Analytics は、SLA ステータスが決定される追跡期間を自動的に設定します。 このオプションでは、最小追跡期間が 5 秒に設定されています。

一方、[追跡期間] を希望の秒数に選択します。 次のラジオボタンを選択するだけです。

SLA ベースのシナリオを実行する場合、実行プロセスはまったく同じままです。

コントローラー上のビデオ

こちらをクリックすると、ツールが開きます。 ビデオにアクセスできない場合