SAP USR40: パスワード制限を設定する方法

次のように使用できますwing システム プロファイル パラメータを使用して、パスワードの最小長と、ユーザーがパスワードを変更する必要がある頻度を指定します。

  • ログイン/min_password_lng: パスワードの最小長。デフォルト値: 3 文字。 8 ~ XNUMX の任意の値に設定できます。
  • ログイン/パスワードの有効期限_時間: パスワードの有効期限が切れるまでの日数 ユーザーがパスワードを無制限に保持できるようにするには、値をデフォルトの 0 のままにします。

許可されないパスワードの指定

許可したくないパスワードをユーザーが選択できないようにすることができます。 パスワードの使用を禁止するには、テーブル USR40 にパスワードを入力します。 テーブル USR40 はトランザクション SM30 で更新できます。 で USR40、必要に応じて、許可されないパスワードを一般的に指定できます。 ワイルドカード文字は XNUMX つあります。

  1. ? 単一の文字を表します
  2. * は、任意の長さの任意の組み合わせ文字のシーケンスを表します。

123 * テーブル USR40 では、シーケンス「123」で始まるパスワードは禁止されています。

* 123 * 「123」というシーケンスを含むパスワードは禁止されています。

AB? 「AB」で始まり、さらに XNUMX 文字「ABA」、「ABB」、「ABC」などを含むすべてのパスワードを禁止します。

パスワードの制限を設定するには、次の手順に従います。

ステップ1) TコードSM30を実行します。

SAP でパスワード制限を設定する

ステップ2) 「テーブル/ビュー」フィールドにテーブル名 USR40 を入力します。

SAP でパスワード制限を設定する

ステップ3) 「表示」ボタンをクリックします。

SAP でパスワード制限を設定する

ステップ4) パスワード表現文字列を入力します。

SAP でパスワード制限を設定する

パスワード管理は以上です。