G/L 文書のチュートリアル: SAP での保留、保留、参照付き転記

G/L 文書の転記を保留する方法

SAP では、ユーザーに投稿の制限付き承認額を与えることができます。

たとえば、会計担当者には、最高額 5000 ドルまで文書を転記する権限があります。 文書をフィードしているときに、文書の金額が自分に権限のない 10000 ドルであることに気づきました。

そのような場合、 SAP 提供してきました パーク ユーザーが文書を保存できるようにする文書の機能ですが、金額は G/L 勘定に転記されません。文書は次のとおりです。 later 適切な投稿金額の権限を持つ高官職員によって審査されます。承認されると、文書は G/L 勘定に転記されます。

こちらは G/L 勘定書類を保管するためのデモです

ステップ1) トランザクション コード FB50 を入力してください G/L 勘定転記 SAP コマンドフィールド内

G/L 文書の転記を保留する

ステップ2) 次の画面で、次のように入力しますwing

  1. 文書の日付を入力してください
  2. 入金される G/L アカウントを入力してください
  3. クレジット金額を入力してください
  4. 借方記入される G/L 口座を入力してください
  5. 借方金額を入力してください

G/L 文書の転記を保留する

ステップ3) パークボタンを押してください

G/L 文書の転記を保留する

ステップ4) パークドキュメント番号のステータスを確認してください。

G/L 文書の転記を保留する

G/L 伝票転記を保留する方法

ユーザーは、次のように文書を一時的に保存したい場合があります。wing 条件

  • G/L 文書が不完全です
  • ユーザーは完全または正確な情報を持っていません
  • ユーザーは文書をすぐに完成または修正したいと考えています later ステージ

このような状況では、G/L 勘定に伝票金額を転記せずに伝票を保留することができます。 G/L アカウント文書を保持するためのデモは次のとおりです。

ステップ1) SAP コマンドフィールドに G/L 勘定転記用のトランザクション コード FB50 を入力します。

G/L 文書転記の保留

ステップ2) 次の画面で、次のように入力しますwing

  1. 文書の日付を入力してください
  2. 入金される G/L アカウントを入力してください
  3. クレジット金額を入力してください
  4. 借方記入される G/L 口座を入力してください
  5. 借方金額を入力してください

G/L 文書転記の保留

ステップ3) ホールドボタンを押す

G/L 文書転記の保留

ステップ4) 次の画面で、一時文書番号を入力し、「文書保留」を押します。

G/L 文書転記の保留

ステップ5) 保留中のドキュメントのステータス バーを確認します。

G/L 文書転記の保留

SAP に参照を含むドキュメントを投稿する方法

ステップ1) SAP コマンドフィールドにトランザクションコード FB50 を入力します。

SAP に参照を含むドキュメントを投稿する

ステップ2) 次の画面で、SAP 標準メニューバーから [ジャンプ] -> [参照付き転記] を選択します。

SAP に参照を含むドキュメントを投稿する

ステップ3) 次の画面で、フォローを入力します。wing

  1. 参照文書番号を入力してください
  2. 文書が投稿された会社コードを入力してください
  3. 転記された会計年度を入力してください
  4. Enterを押す

SAP に参照を含むドキュメントを投稿する

ステップ4) 次の画面で、ドキュメントに適切な変更を加えます。

SAP に参照を含むドキュメントを投稿する

ステップ5) Enter を押し、次の画面でドキュメントを確認します。

SAP に参照を含むドキュメントを投稿する

ステップ6) 保存を押して新しいドキュメントを投稿します

SAP に参照を含むドキュメントを投稿する