タスクマネージャーを開くためのショートカットキー Windows 10/11

タスク マネージャーは、バックグラウンドで開かれているプログラム、各プログラムのプロセスを確認したり、起動時に開きたいアプリなどをカスタマイズしたりできる便利な小さなツールです。

7 つのタブがあり、それぞれに異なるツール セット (プロセス、パフォーマンス、アプリ履歴、スタートアップ、ユーザー、デプロイメント) が提供されます。tails、およびサービス。タスク マネージャーを使用すると、複数の機能を実行するのに便利です。これらの関数には vi が含まれますwing バックグラウンド アプリの実行、不正なアプリの強制終了、アプリ終了後のプロセスの無効化、または競合wing システムのリソースの現在の状態。

次のことwing タスク マネージャーのショートカット メソッドを使用すると、簡単にアクセスできます。

方法 1: キーボード ショートカットを使用してタスク マネージャーを開く方法

タスク マネージャーにアクセスする最速のパスは、標準の組み込みキーボード ショートカットを使用することです。 Windows オペレーティング·システム。このキーボードは、正しく機能している場合、タスク マネージャーの最も簡単なショートカットです。

ステップ1) Ctrl+Shift+Esc を同時に押します。

ステップ2) タスクマネージャーが表示されます。

キーボード ショートカットを使用してタスク マネージャーを開く

タスク マネージャーに組み込まれているもう XNUMX つのショートカットは、ctrl alt delete を押すことです。

方法 2: スタート メニューからタスク マネージャーを開きます。 Windows 11 / 10

[スタート] メニューは、タスク マネージャーを起動する簡単な方法です。 [スタート] メニューは、現在ロードされているすべてのプログラムのリストです。

[スタート] メニューからタスク マネージャーを起動する手順は次のとおりです。

ステップ1) 通常、コンピュータ画面の左下隅にある [スタート] メニュー アイコンをクリックします。

ステップ2) 「タスク マネージャー」アイコンまで下にスクロールします。

ステップ3) タスク マネージャー アイコンをクリックしてプログラムを開きます。

方法 3: タスク マネージャーを開く方法 Windows を検索

Windows 検索を使用すると、コンピュータ システムのあらゆる要素を見つけることができます。これにはタスク マネージャーも含まれます。使用するときは Windows 検索すると、アルファベット順のプロンプトが表示されることがわかります。

使用する手順は次のとおりです Windows 検索してタスク マネージャーにアクセスします。

ステップ1) 「検索」アイコンをクリックします。 それは、コンピューター画面の下部にある小さな虫眼鏡です。

からタスクマネージャーを開きます Windows を検索

ステップ2) 空いたスペースに「タスクマネージャー」と入力します。

からタスクマネージャーを開きます Windows を検索

ステップ3) 検索ログにタスク マネージャーが表示されたら、それをクリックします。

からタスクマネージャーを開きます Windows を検索

方法4:を使用する Windows タスクマネージャーを開くための電源メニューのショートカット

一度あなたの Windows 電源メニュー アイコンが開き、コンピュータ システム全体に複数の経路が存在します。パワー ユーザー メニューを使用すると、タスク マネージャーへの素早いアクセスも許可されます。

使用手順は次のとおりです。 Windows 電源メニュー:

ステップ1) コンピュータ画面上の [スタート] メニュー アイコンを右クリックします。をタップすることもできます。 Windows キーボードの アイコン キーを押してコンテキスト メニューにアクセスします。

ステップ2) [タスク マネージャー] オプションまで下にスクロールします。

  Windows タスクマネージャーを開く電源メニューのショートカット

ステップ3) タスクマネージャーをクリックします。

  Windows タスクマネージャーを開く電源メニューのショートカット

パワー ユーザー メニューは、キーボードが機能しなくなりマウスのみにアクセスできる場合に優れたショートカットを開きます。

方法 5: コマンド プロンプトを使用してタスク マネージャーを開く Windows PC

PC に問題が発生し、コンピュータ システムの使用が妨げられる場合があります。 タスク マネージャーにアクセスすると、これらの問題の一部をシャットダウンするのに役立ちます。 コマンド プロンプトは、タスク マネージャーにアクセスするためのもう XNUMX つの実行可能なパスです。

注: コマンドプロンプトは、 Windows パワーシェル。

そのポータルにアクセスする方法は次のとおりです。

ステップ1) を右クリックします。 Windows スタートメニューアイコン。

コマンドプロンプトを使用してタスクマネージャーを開く

ステップ2) コマンド プロンプトまで下にスクロールするか、 Windows パワーシェル。

コマンドプロンプトを使用してタスクマネージャーを開く

ステップ3) 「タスクマネージャー」と入力します。

コマンドプロンプトを使用してタスクマネージャーを開く

ステップ4) Enter キーを押すと、タスク マネージャー ウィンドウが表示されます。

コマンドプロンプトを使用してタスクマネージャーを開く

方法 6: コントロール パネルからタスク マネージャーを開く

あなたの Windows コントロール パネルでは、タスク マネージャーへのアクセスを許可することもできます。このアプローチには、面倒に見えるいくつかの手順があります。ただし、他のパスがブロックされている場合でも、これは実行可能なアクセス パスです。

ステップ1)   Windows サーチ。

コントロールパネルからタスクマネージャーを開きます

ステップ2) コントロール パネルの種類を選択し、Enter キーを押します。

ステップ3) 「システム」まで下にスクロールしてクリックします。

コントロールパネルからタスクマネージャーを開きます

ステップ4) 検索では box、「タスクマネージャー」と入力します。

コントロールパネルからタスクマネージャーを開きます

ステップ5) Enter キーを押すと、タスク マネージャーがポップアップ表示されます。

コントロールパネルからタスクマネージャーを開きます

方法 7: ファイル名を指定して実行を使用してタスク マネージャーを開く方法 Box

場合によっては、コンピュータにコマンドを直接実行するように指示することが現実的です。 そのコマンドをrubberに入力すると、それが起こる可能性があります box.

そのメソッドの使用方法は次のとおりです。

ステップ1) Windowsキーボードの +R キーを押して、実行プロンプトを開きます。

「ファイル名を指定して実行」を使用してタスクマネージャーを開く方法 Box

ステップ2) プロンプトに「taskmgr」と入力します box.

「ファイル名を指定して実行」を使用してタスクマネージャーを開く方法 Box

ステップ3) 「OK」をクリックしてタスクマネージャーを開きます。

システムトレイプログラムを閉じる

方法 8: タスク マネージャーを開くためのデスクトップ ショートカットを作成する方法

おそらく、ファイルやプログラムにアクセスするためのデスクトップ ショートカットがいくつかあるでしょう。 タスク マネージャーをそのグループに追加できます。

ステップ1) taskmgr.exe ファイルを見つけます (以下を参照)。

ステップ2) ファイルを右クリックします。

ステップ3) 「送信」オプションを選択し、「デスクトップ」を選択します。

ステップ4) タスクマネージャーのデスクトップアイコンが表示されます。

方法 9: Taskmgr.exe 実行可能ファイルを実行する

コンピュータ上で実行されているすべてのアプリケーションには、実行可能ファイルがあります。 タスク マネージャーの実行可能ファイルは、tacmgr.exe です。 そのファイルは次の場所にあります。

C:\Windows\System32 フォルダー Windows C:ドライブ。

Taskmgr.exe 実行可能ファイルを実行する手順は次のとおりです。

ステップ1) コンピューター上でファイル エクスプローラー オプションを開きます。

ステップ2) フォローを検索wing 場所: C:\Windows\ System32

ステップ3) taskmgr.exe が見つかるまでスクロールします。それが、 Windows タスクマネージャーの実行可能ファイル。

ステップ4) ファイルをクリックすると、タスク マネージャー ウィンドウが表示されます。

方法 10: タスク マネージャーをタスクバーにピン留めする

タスク マネージャーを初めて使用するときに、クイック アクセスがいかに重要であるかがわかるでしょう。 タスク マネージャーへの最も早い方法の XNUMX つは、タスク バーのショートカットを作成することです。

タスク マネージャーをタスクバーに固定する手順は次のとおりです。

ステップ1) 上のセクションで説明したタスク マネージャーの実行可能ファイルの指示に従います。

ステップ2) タスク マネージャーの実行可能ファイルを再度見つけたら、そのファイルを右クリックします。

ステップ3) [タスクバーにピン留めする] オプションを選択します。

ステップ4) タスク マネージャー アイコンがタスクバーに表示されます。

タスク バー上の他のアプリケーションと同様に、右クリックして [タスク バーからピン留めを解除] オプションを選択すると、いつでもタスク マネージャー ショートカットのピン留めを解除できます。

まとめ

  • コンピュータのタスク マネージャー アプリケーションは、コンピュータ上で現在実行中のすべてのプログラムへのアクセスを支援する重要なツールです。
  • タスク マネージャーにすばやくアクセスすると、プログラムをシャットダウンしてコンピューターの機能を向上させることができます。
  • タスク マネージャーにアクセスするには、いくつかの方法があります。
  • 最も簡単な方法は、組み込みプロンプト Ctrl+Shift+Esc を使用することです。
  • 追加のメソッドには se が含まれますarchiコマンド プロンプトまたは実行可能ファイルを介してタスク マネージャーを使用します。
  • タスクバー アイコンのショートカットを使用してタスク マネージャーへのアクセスを設定することもできます。
  • タスクマネージャーを開く windows これらの手順を実行すると、より簡単になります。