SAP でシンボリック勘定科目を G/L 勘定科目にマッピングする方法

次のことwing SAP トランザクションは、シンボリック アカウントを別の一般的なアカウントにマップするために使用されます。 Ledger アカウント

シンボリック勘定科目を G/L 勘定科目にマッピング

  • OBYG – シンボリック口座を金融口座にマッピングします (負債)
  • 従いましょう – シンボリック勘定科目を経費勘定科目にマッピングします (経費)

シンボリック勘定科目を G/L 勘定科目にマッピングする方法

ステップ1) OBYGと入力します。
トランザクションを入力してください OBYG SAP トランザクション コード内 box

シンボリック勘定科目を G/L 勘定科目にマッピング

ステップ2) チャートを入力します。
入力する 勘定科目一覧表。 「Enter」をクリックします

シンボリック勘定科目を G/L 勘定科目にマッピング

ステップ3) 「作成」をクリックします。
次の SAP 画面で、「作成」をクリックします。

シンボリック勘定科目を G/L 勘定科目にマッピング

ステップ4) シンボリック口座とG/L口座を入力します。
入力します シンボリックアカウント および G/L アカウント。 「保存」をクリックしてタスクを完了します。

シンボリック勘定科目を G/L 勘定科目にマッピング

ステップ5) トランザクション OBYE 従業員グループを入力します。
お取引用 従いましょう 上記のプロセスはすべて同じですが、以下に示すように、従業員グループにも入力する必要があります。

シンボリック勘定科目を G/L 勘定科目にマッピング