SAP ユーザーをロック (SU01) およびロック解除 (SU10) する方法

ユーザーをロックする

ユーザーをロックする目的は、ユーザーを一時的に非アクティブ化して、ユーザーがシステムにアクセスできないようにすることです。

ユーザーは 2 つの方法でロックできます:-

  • 自動的に
  • 明示的/強制的に

自動的に: - ユーザーが自動的にロックされる場合は XNUMX つの可能性があります

  • 失敗した試行の最大数:- パラメータで制御 ログイン/ユーザーロックに失敗します。 値が 3 に設定されている場合は、試行が 3 回失敗するとユーザーがロックされることを意味します。
  • 自動ロック解除時間: – “ログイン/failed_user_auto_unlock」は、失敗によりユーザーがロックされたかどうかを定義します ログオン試行 深夜に自動的に削除されるはずです。

明示的/強制的に: 2 つの方法でユーザーをロックおよびロック解除できます。

  1. 単一ユーザーをロック (SU01)
  2. 複数のユーザーをロック (SU10)

単一ユーザーをロックする手順

ステップ1) Tコードを実行する SU01

単一ユーザーをロックする手順

ステップ2) ユーザー名を入力してください ユーザー フィールド。

単一ユーザーをロックする手順

ステップ3) イベント ロック/ロック解除 (Comma Separated Values) ボタンをクリックして、各々のジョブ実行の詳細(開始/停止時間、変数値など)のCSVファイルをダウンロードします。

単一ユーザーをロックする手順

ステップ4) 次の画面で、 を押します。 ロック もう一度ボタンを押すとユーザーがロックされます。

単一ユーザーをロックする手順

複数のユーザーをロックする手順

ステップ1) Tコードを実行する SU10

複数のユーザーをロックする手順

ステップ2) ユーザーのユーザー名を入力してください ユーザー フィールド。

複数のユーザーをロックする手順

ステップ3) イベント ロック/ロック解除 (Comma Separated Values) ボタンをクリックして、各々のジョブ実行の詳細(開始/停止時間、変数値など)のCSVファイルをダウンロードします。

複数のユーザーをロックする手順

リストされているすべてのユーザーがロックされます

ユーザーのロックを解除する手順

ステップ1) Tコードを実行する su01

ユーザーのロックを解除する手順

ステップ2) ユーザー名を入力してください ユーザー フィールド。

ユーザーのロックを解除する手順

ステップ3) イベント ロック/アンロック (Comma Separated Values) ボタンをクリックして、各々のジョブ実行の詳細(開始/停止時間、変数値など)のCSVファイルをダウンロードします。

ユーザーのロックを解除する手順

ステップ4) イベント アンロック (Comma Separated Values) ボタンをクリックして、各々のジョブ実行の詳細(開始/停止時間、変数値など)のCSVファイルをダウンロードします。

ユーザーのロックを解除する手順

複数ユーザーのロックを解除する手順

ステップ1) Tコードを実行する SU10

複数ユーザーのロックを解除する手順

ステップ2) ユーザーのユーザー名を入力してください ユーザー フィールド。

複数ユーザーのロックを解除する手順

ステップ3) イベント アンロック (Comma Separated Values) ボタンをクリックして、各々のジョブ実行の詳細(開始/停止時間、変数値など)のCSVファイルをダウンロードします。

複数ユーザーのロックを解除する手順

ユーザーのロックが解除されます