ログイン/セッション終了に失敗する – SAP RZ11

ログオン試行を制限する方法を学ぶ前に、パラメーターを知る必要があります。

パラメータとは何ですか?

SAP システムを管理するためのキーと値のセットです。 パラメータには XNUMX 種類あります。

  1. 静的: – 再起動が必要です。 値を設定しても、すぐにはシステムに影響しません。
  2. 動的: – 再起動の必要はありません。 値を設定すると、すぐにシステムに影響します。

パラメータを表示するにはどうすればよいですか?

ステップ1) TコードRZ11を実行します。

SAP RZ11:パラメータの表示

ステップ2)

  1. パラメータ名を入れて「ログイン/セッション終了に失敗する」 テキストフィールドに。 任意のパラメータ名を入力できます。
  2. [表示]をクリックします

SAP RZ11:パラメータの表示

ステップ3) 以下の画面には、管理者がパラメータに設定した現在の値が表示されます。

SAP RZ11:パラメータの表示

パラメータを変更するには、鉛筆アイコンをクリックして必要な変更を加えます。

ログイン試行を制限するための重要なパラメータ

  • ログイン/セッション終了に失敗する: このパラメータは、システムがログオン試行を終了するまでに、ユーザーが間違ったパスワードを入力できる回数を指定します。 パラメータはパラメータの値よりも低い値に設定されます。
  • ログイン/ユーザーロックに失敗する: このパラメータは、システムがそれ以降のログオン試行に対してユーザーをロックするまでに、ユーザーが間違ったパスワードを入力できる回数を指定します。 SAPシステム デフォルト値は 12 です。1 ~ 99 の任意の値に設定できます。