SAP でスキーマ グループと決定を定義する方法

このチュートリアルでは、

  • スキーマグループを定義する方法
  • スキーマ決定の定義方法

スキーマグループを定義する方法

購買組織またはベンダーのスキーマ グループを作成できます。

その後、スキーマ グループがカスタマイジングで購買組織に割り当てられ、仕入先マスタ レコードで仕入先に割り当てられます。 これらは、ベンダーまたは購買組織に基づいて価格決定プロセスをマッピングするために使用されます。

SAP でのスキーマ グループの定義

ステップ1)

  1. 前のトピックと同様に、「SPRO IMG パスからスキーマ グループを定義」を選択します。
  2. 下のメニューから選択してください スキーマ グループ: ベンダー.

SAP でのスキーマ グループの定義

ステップ2) 次の画面では、ベンダー マスターで使用するスキーマ グループを定義し、ベンダー スキーマ グループの説明を維持できます。

スキーマ グループ番号と説明のみを定義します。 に割り当てて使用するため、設定はありません。 ベンダーマスターレコード.

たとえば、新しいグループ 02 (スキーマ ベンダー 02) を作成する必要がある場合があります。

SAP でのスキーマ グループの定義

ステップ3) 次に、 購買組織のスキーマ グループ メインのスキーマ グループ メニューから。

SAP でのスキーマ グループの定義

要件に応じてスキーマ グループを定義します。 スキーマ グループ番号と説明のみを定義します。 どちらも設定はなく、購買組織に割り当てられるインジケーターのみです。

SAP でのスキーマ グループの定義

ステップ4) 選択する 購買組織へのスキーマ グループの割り当て スキーマグループメニューから。

SAP でのスキーマ グループの定義

必要なスキーマ グループを購買組織に割り当てます。 以下の画面でわかるように、右側のフィールドは空白のままになっています。 空白のままにした場合、デフォルトの購入組織スキーマを使用する必要があることを意味します。.

SAP でのスキーマ グループの定義

グループ組織に標準スキーマを使用する場合は、前の画面のフィールドを空白のままにし、スキーマ 0001 を選択する場合は、上の画面でマークされたフィールドに 0001 を入力します。 購買組織への割り当てに使用可能なスキーマを含む画面は、前のステップで使用できます (以下の画面と同じ)。

SAP でのスキーマ グループの定義

ステップ5) ベンダーマスターでスキーマグループを割り当てます。

購入データビューに移動します。 ご覧のとおりです スキーマグループ、ベンダー 分野。 このベンダーに適したスキーマ グループを選択できます。標準スキーマ ベンダーの場合、デフォルトは空白のままです。

このフィールドは購買組織の組織レベル (0001) で維持されていることがわかります。そのため、その購買組織のスキーマ グループと組み合わせてテーブルを確認すると、選択された計算スキーマは次のようになります。 RM0000 – 購入書類 (大)、 次のトピックでわかるように。

SAP でのスキーマ グループの定義

スキーマ決定の定義方法

計算スキーマの決定はカスタマイズ作業です。

価格設定手順をスキーマ グループ購買組織とスキーマ グループ仕入先の組み合わせに割り当てる必要があります。

設定は、「スキーマ決定の定義」オプションにあります。

SAP でのスキーマ決定の定義

ステップ1) 決定計算スキーマを選択してください 標準発注書.

SAP でのスキーマ決定の定義

ステップ2)

  • 購入組織のスキーマ グループを選択します。
  • ベンダーのスキーマ グループを選択します。
  • 選択する 計算スキーマ purch.org/vendor スキーマ グループの組み合わせに割り当てられます。

この画面で XNUMX つのレコードを分析してみましょう。

  1. ケース 1 では、購買組織のデフォルト スキーマ グループ (最初のフィールドは空) を選択し、ベンダーのデフォルト スキーマ グループ (0000 番目のフィールドは空) を選択しました。両方のデフォルト スキーマ グループのこの組み合わせに対して、RMXNUMX (購買文書) を割り当てました。 – Big) 計算スキーマ。
  2. ケース 2 では、購買組織のスキーマ グループを 0001、仕入先のスキーマ グループを 01 として選択し、その組み合わせに RM1000 計算スキーマを割り当てました。

SAP でのスキーマ決定の定義

システムを教えてください。

購買組織があるとします。 0001   ブランク (デフォルト) 割り当てられたスキーマ グループと購入組織 0002 スキーマグループあり 0001 に割り当てられます (デフォルトではありません)。

我々はまた、 ベンダー1 割り当てられたスキーマ グループを次のように指定します ブランク (デフォルト)、および ベンダー2 スキーマグループが次のように定義されている 01 (デフォルトではありません)。

  • ベンダー 0001 の購買グループ 1 を通じて発注書を作成する場合、計算スキーマは RM0000 として決定されます。
  • 購買組織 2 を通じて仕入先 0001 の発注書を作成している場合、計算スキーマ RM1000 が決定されます。
  • 購買組織 0002 の 1000 つの仕入先のいずれかに対して PO を作成する場合、どちらの場合も計算スキーマ RMXNUMX が決定されます。

以下の表は、計算スキーマの決定を明確に示しています。

VENDOR ベンダー SCH.GRP.
ベンダー1 デフォルト(空白) RM0000 RM1000
ベンダー2 01 RM1000 RM1000
デフォルト(空白) 0001 PURCH.ORG.SCH.GRP.
購買組織 0001 購買組織 0002 購買組織

これで完了です。 これで、価格設定手順が完全に機能するようになりました。

条件の除外、コピー制御、条件タイプの制限の定義などの高度な機能を使用できます。